政務活動費検討委員会の会議録 (議員名前入り)

大田重男委員長 だいまから、政務活動費検討委員会を開会する。 前回の委員会では、本日、各委員の意見を集約することとしたところである。 したがって、これまでの協議、検討を踏まえ、政務活動費に関する各委員の皆様の 御意見を伺いする。

 

 仮屋園一徳委員 政務活動費については、必要という認識を持っているし、必要であると思う。復活 させるべきだと思っている。しかし、現在の阿久根市では、私たちが幾ら資料収集し、 必要な説明をしても納得、理解してもらえる状況にはない。今後、政務活動費の必要 性は増すと思うので、市の状況でいい流れになったとき、できれば復活させたいと思 っている。知識、教養を高める上では政務活動費を復活させ、議員みずからが知識・ 教養を高め、市のために尽くすべきと思うが、現段階では最初言ったように市民に納 得してもらえないと思うので、今回の調査はこれで終わりにしたらどうかと思う。

 

 濵田洋一委員 政務活動費は地方自治法の規定に基づき、議会議員の調査研究、その他の活動に資 するため必要な経費とされ、大切な活動費であるという認識でいるが、先ほど仮屋園 委員からもあったとおり、今の世論、マスコミ報道でもあるように、ほかの自治体に おいて不正受給等あり、問題視されている。このようなことから、今回、政務活動費 については状況を踏まえながらという形にしていただき、今後話し合いは続けていか ないことでいいのではないかと思う。特に、本市議会では過去に不適切な使途や領収 証等の偽造が認められ、廃止となった経緯もあるので、市民へ理解を求めていくこと は容易ではないと考えている。

 大田重男委員長 今回は見送ることでよいか。

 濵田洋一委員 はい。

 

 岩﨑健二委員 各委員から出たように必要性は認めるものの、まだ取り組むには諸般の状況を考え たときに時期尚早かと思う。ただし、議員が各種研修会、あるいは陳情等に参加する ための費用については別途手当てをしていただき、おれんじ鉄道等の中央陳情のよう に各委員の自費をもって出張することは避けていただきたいと思う。それをもって今 回は終了でいいかと思う。

 大田重男委員長 岩﨑委員が言われたのは、例えば今回見送って、そのかわり例えば議会費を上げて 研修費を盛り込んでほしいということか。

 岩﨑健二委員 各議員が自己の研修を目的に各種研修会等の参加、あるいは中央陳情というものに はちゃんと出張等の予算措置をしていただくことを前提に、この検討委員会は終わる ことでいいかと思う。

 

 白石純一委員 私も政務活動費の必要性については強く望むものであるが、昨今の他議会での政務 活動費に関する問題で、国民あるいは市民が大変神経質になっている問題でもあるの で、導入する時期は見極めるとして、すぐの導入は難しいのではないかと思うので、この会の検討は一旦終わることでいいと思う。

 

竹原恵美委員 政務活動費は阿久根市は現在の状態でよいと思う。というのは、本来議員報酬の考 え方自体が報酬は生活給か、活動を含めた報酬かというそのものがはっきりしていな い。現在は報酬の中で活動を含めているが、研修に対しても言われているが、研修は 計上してあって、クリアーな研修には希望して行ける状態もつくられている。現状の 維持でよいと思う。理解の必要性と言われるが、どこまでも不正受給をなくす手段を 明確に持っていない中で、実行はできないと思う。

 大田重男委員長 竹原恵美委員が言われるのは、今の議員の報酬で活動をやってほしいと。その中で 先ほど岩﨑委員が言ったのは、いろんな研修に行きたいというときに、予算的には十 分でない面もあるのかもしれないと思う。岩﨑委員が言われたいろんな研修等を上げ てもらいたいというのがあったのではないか。

 竹原恵美委員 以前、議長に伺って、予算で陳情費、研修費という話を聞いたことがあり、議運の 中でなり話をしなければならないだろうという話は聞いたところであったので、皆さ んがおっしゃる必要性を訴えて、適切な委員会で話していただくことにつなげてはいかがか。

 

 大田重男委員長 

今各委員から出された意見を集約すると、導入すべき意見がゼロ、導入 を見送る意見が5人である。

 

 白石純一委員 導入を見送るべきというのは、私は早急に、直ちに導入することは見送るべきだと 思っている。ただし、将来的には導入を前向きに検討すべきだという意見である。

 

 竹原恵美委員 私は議員報酬自体の考え方が生活給なのか、活動を含めた報酬かと言えば、私は活 動を含めた報酬であるという考えを持っているので、先にも考える必要はないという 意見である。

 

 大田重男委員長 これまでの検討を踏まえ、検討会としての結論は今回の検討委員会では導入を見送 るという意見が出されている。各委員のそれぞれの意見をもって議長に報告書を提出 するとともに、全員協議会にて報告することとし、調査・検討を終了したいと思うが、 これに御異議ないか。 [「異議なし」と呼ぶ者あり] 異議なしと認め、委員会の活動を終了することに決した。

                           政務活動費検討委員会委員長