我が人生は、音楽と共に

現在も日々CDを購入し続けている、現役コレクター。これまで聴いてきた音楽(洋楽ロック中心)を、思い出やエピソードを交えて紹介している、トータル・コンセプト・ブログ(意味不明)です。

キャプテン・ビーフハートのアルバム・ベスト5

キャプテン・ビーフハートは、アメリカ合衆国のミュージシャン。映画監督や画家としても活動していた。 本名はドン・ヴァン・ヴリート(Don Van Vliet)。デビューは1967年。「キャプテン・ビーフハート・アンド・ヒズ・マジック・バンド」名義で12枚のアルバムを発表。1982年以後は音楽界から退き、絵画の世界で活動した。

フランク・ザッパとの交友は有名で、ザッパの作品にも数枚参加している。ザッパとは高校時代に知り合ったとのことで、”キャプテン・ビーフハート”というステージネームも、フランク・ザッパによる発案であった。

シンガーとしてのビーフハートは、ハウリン・ウルフの影響をモロに受けたと思われる強烈なダミ声が特徴的であった。その音楽性は、ブルーズを基本としつつフリー・ジャズ、民族音楽、現代音楽などの要素を盛り込んでおり、聴感上かなりアヴァンギャルドである。とりわけ有名な作品は、1969年発表の『トラウト・マスク・レプリカ』であろう。2010年12月17日病死。69歳だった。

キャプテン・ビーフハートのアルバム・ランキングは、7つの音楽サイトのデータを基に作成した。尚、ベスト5以外の作品では、『Bluejeans & Moonbeams』や『Clear Spot』辺りがごく普通で聴きやすい。私も全作品を聴いたわけではないが、アヴァンギャルドが苦手な方には、そちらをお薦めしたいと思う。


続きを読む

カンのアルバム・ベスト5

カン(Can)は、西ドイツで結成されたロック・バンド。デビューは1969年。主なメンバーはイルミン・シュミット(Key)、ホルガー・シューカイ(B)、ヤキ・リーベツァイト(Ds)、ミヒャエル・カローリ(G)。いわゆるクラウト・ロックと称されるドイツ版プログレの代表的バンドである。現代音楽的手法をベースにしたアヴァンギャルドな要素を持つ音楽にも関わらず商業的にも成功し、ドイツ以外の国でも広く知られた。また、1970〜1973年まで、日本人のダモ鈴木がヴォーカリストとして在籍。ダモの前任者がアメリカ人のマルコム・ムーニーであったので、この間ヴォーカリストだけが非欧州人であった。この異種族混合がカン独特の音楽性を生み出していた。このムーニー、ダモ在籍時が一般的なカンの全盛期と認識されている。1979年に解散。1989年に一時的に再結成し、アルバム1枚を発表した。

カンの音楽は、後のポスト・ロック等に影響を及ぼしたとされている。40年以上も前の作品なのに恐ろしく前衛的であり、未だ古びていないのが驚異的。’60年代後半〜’70年代前半でよくぞここまで先進的な音楽を創造できたものだと感心する次第である。
尚、カンのアルバム・ベスト5は、8つの音楽サイトのデータを参照に作成した。

続きを読む

キャメルのアルバム・ベスト5

キャメルは、英国のプログレッシヴ・ロック・バンド。デビューは1973年。プログレ・バンドとしては遅れて出て来た世代といえる。デビュー時のメンバーは、アンドリュー・ラティマー(G)、ピーター・バーデンス(Key)、ダグ・ファーガソン(B)、アンディ・ウォード(Ds)。プログレの中でも”叙情派”といわれた美しいメロディが持ち味のバンドであった。演奏力は高かったが、決してテクニカルに走りすぎることは無く、プログレ・ファン以外の方にも聴きやすいサウンド。特に1970年代頃はラティマーのエモーショナルなギターとバーデンスの流麗なキーボード・プレイが売り物であった。

このバンドもメンバーの入れ替わりが激しい。1978年頃には、元キャラヴァンのメンバーが3人入り、「キャラメル」と揶揄された時期もあったが、それも長続きはしていない。また、ラティマーと共にキャメル・サウンドを支えていたバーデンスの離脱は痛かった。1980年代以降はアンドリュー・ラティマーのソロ・プロジェクトに近いものとなっていった。スタジオ・アルバムは2002年の『A Nod And A Wink』(これは同年亡くなったピーター・バーデンスに捧げられた作品だとのこと)以降発表されていないが、ライヴ活動は現在も行っており、2016年の東京公演の模様を収めたライヴDVDが2017年発売されている。現在のメンバーは、アンドリュー・ラティマー (G)、コリン・バス (B)、デニス・クレメント (Ds)、ピート・ジョーンズ (Key)。

キャメルのアルバムを7つの音楽サイトのデータを基にランキング化。ベスト5を発表したいと思う。


続きを読む

ザ・バーズのアルバム・ベスト5

ザ・バーズ (The Byrds) は、アメリカのロサンゼルスで結成された、フォーク・ロック、カントリー・ロック・バンドである。結成時のメンバーは、ロジャー・マッギン、ジーン・クラーク、デヴィッド・クロスビー。その後クリス・ヒルマン(BS)とマイケル・クラーク(Ds)が加入した。デビューは1964年。

1965年、ボブ・ディランの「ミスター・タンブリン・マン」のカバーが大ヒットを記録。フォーク・ミュージックをロック・バンド・スタイルで演奏し、さらに美しいハーモニーを付け加えたサウンドで、フォーク・ロックというジャンルを確立。ロジャー・マッギンによる12弦ギターの乾いた音色が特徴的だった。

1966年、「Eight Miles High」を発表。この曲は世界初のサイケデリック・ロック・ソングではないかと言われている。1966〜1968年頃の作品は、非常にバラエティに富んでいる。従来のフォーク・ロック風もあれば、カントリー・ロック、そしてサイケデリック・ロック、ラーガ・ロック、スペース・ロックと実に多彩であった。

1968年、グラム・パーソンズが参加した『ロデオの恋人(Sweetheart Of The Rodeo)』は、本格的カントリー・ロック・アルバムとなる。この様に音楽性の変化が非常に激しく、単一的なイメージで括ることのできないバンドである。

メンバーの移り変わりも激しく、1969年以降、オリジナルメンバーはロジャー・マッギンただ一人になった。この時期は主にカントリー・ロック的なサウンドで活動を続けていたが、1973年に解散。
脱退したメンバー達は、ジーン・クラークはソロ活動、デヴィッド・クロスビーはクロスビー、スティルス&ナッシュを結成、クリス・ヒルマンはグラム・パーソンズと共にフライング・ブリトー・ブラザーズを結成とそれぞれに活躍した。

さて、いつものように7つの音楽サイトのデータを基にアルバム・ランキングを作成したが、バーズの場合、例えば同じ西海岸出身であるビーチ・ボーイズの『ペット・サウンズ』のような「これ」といった決定盤が無い。どれもそこそこの名盤といった感じで、1位〜4位までが混戦となった。ちなみに個人的には『名うてのバード兄弟』がアルバムとして一番充実している気がするが・・・。


続きを読む
記事検索
最新コメント
最新トラックバック
Categories
livedoor プロフィール
音楽ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
人気ブログランキングへ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ