RAW POWER【46位】
ロー・パワー/イギー・アンド・ザ・ストゥージズ
Raw Power/Iggy and The Stooges
1973年

【名盤ランキング成績】
ランクイン数:8
100位以内:5
最高位:22位(SVM)
ポイント:330.0
【評価ポイント】
イギー・ポップ率いるストゥージズの3作目。旧邦題『淫力魔人』。デヴィッド・ボウイがミックスを担当している。過激なサウンドとライブ・パフォーマンスは、後のパンク・ロック、ハード・ロック、グランジなどに大きな影響を与えたとされている。
【個人的感想】
これはちょっと苦手なやつですね。イギー・ポップにはどうも苦手意識がある。端的に言うと怖いw いつも上半身裸(筋肉質)で、そこにガラスの破片が刺さっていて血が全身に滴っているような、そんなイメージ。彼の作品で好きになれたのはソロ作の『Lust For Life』だけかな。ストゥージズ作品では2作目の『ファン・ハウス』の方がまだ自分的には馴染みやすいかも。ただ、これがロックの歴史の中で高い評価を得ることに関しては納得している。1973年発表ということを考えると、この破壊的サウンドは驚異。完全にパンク・ロックを先取りしている。旧邦題の『淫力魔人』は傑作だったと思うが、今は違うんですね。


「Search And Destroy」


「Raw Power」