燃えよ!映画論

人間はみな、自分だけの物語を、自分だけがのめり込める映画を欲している!そんな映画ファンたちのタメになる情報を届けていきたいです。

BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。

ブリーチdvd3
原題:

監督:佐藤信介

製作総指揮:小岩井宏悦

製作:和田倉和利

脚本:羽原大介、佐藤信介

主演:福士蒼汰

共演:杉咲花、吉沢亮、真野恵里菜、小柳友、田辺誠一、早乙女太一、MIYAVI、長澤まさみ、江口洋介、山田寛人、佐藤梨沙子、平澤宏々路、

原作:久保帯人『週刊少年ジャンプ』(集英社)2001年~2016

音楽:やまだ豊 主題歌:ALEXANDROSMosquito Bite

日本・配給:WB映画 2018720日 108

 

★ストーリー

幽霊が見えてしまう高校生・黒崎一護は、ある日突然、人の魂を喰らう巨大な悪霊「虚(ホロウ)」に遭遇する。命を狙われる一護と家族の前に死神を名乗る謎の少女・朽木ルキアが現われ虚に立ち向かうが、重傷を負ってしまう。窮地に追い込まれたルキアは最後の手段として、本来は人間に与えてはならない死神の力の一部を一護に渡す。それ以来、一護は高校生活を送りながら死神代行として戦いの日々に身を投じていく・・・。

 

☆映画総評

またもや人気漫画の実写映画化なんですが、個人的には映画化のニュースをテレビで、またはネットニュースで見て「ブリーチ」の存在を知ったもんですから、当然!原作漫画を読んでいませんでした。

だから、原作漫画大好きなファン達にとっては実写映画に対しての拒絶反応は半端無い!?マンガ・アニメの世界観を日本人が実写映画製作するから、アメリカ・ハリウッドのような50億~100億円?以上?の製作費なんて掛けることは出来ませんから、やっぱりちゃちい、こじんまりとした!日本映画になってしまうんじゃない?と、懸念する漫画ファンは圧倒的に多いと思うし、今(2018年)では世界的にも「ブリーチ」のファンが多いから、世界でも注目し、日本の実写映画作品を危惧する?絶望する?はたまた期待する?な、賛否両論な事態になっているとは全く分かりませんでした。


ブリーチ7
ブリーチ11
ブリーチ13
▲主人公が幼き時代に謎の少女によって母親が身代わりとして殺されたシーンから始まった。
 

続きを読む

ブラッド・インフェルノ 異色のアルゼンチン製ホラー映画は映画中盤までダルダルなストーリーでした。

ブラッドインフェルノdvd
原題:LOS OLVIDADOS

監督:リチアーノ・オネッティ、ニコラス・オネッティ

製作総指揮:

製作:パブロ・グイサ・キャスティンガー

脚本:リチアーノ・オネッティ、ニコラス・オネッティ

主演:アグスティン・パデッラ

共演:ヴィクトリア・モレッツ、ダミアン・ドレイジク、ポーラ・ブラスカ、タマラ・ガルソン

原作:

音楽:リチアーノ・オネッティ

アルゼンチン・ニュージーランド合作 2017年(日本公開2018714日) 93

受賞歴;2017シッチェス・カタロニア国際映画祭(監督賞)その他

 

★ストーリー

大洪水により今や廃墟となったエピクエンの町に、映画の撮影のためにやってきたカーラら6人の若者たち。途中で車が立ち往生してしまい、ヴァスコはガソリンスタンドへ助けを呼びに行く。その間カーラ、ディエゴ、エリカの3人は、撮影しに墓地へ。日が落ち車に戻ったところ、他の3人の姿がない。仲間を探すカーラたち3人を、人の顔の皮で作った仮面をつけた怪しげな何者かが待ち受けていた。

 

☆映画総評

本当にあった事件?この場合は天災になるけど、映画物語説明文ではエピクエンの町と言う名称でしたが、wikiではヴィラ・エペクエンと言う名称です。

何にしても本当にあったアルゼンチンのブエノスアイレス州「ヴィラ・エペクエン」は1985年に天災・水害によって町が塩分の濃い湖の下に沈んでしまい、2009年頃から水が引いて来て、沈んでいた町が所々、出てきたみたいだけど、結局は廃墟の町のまんま、と言うのは今(2018年)も同じ状態です。

その廃墟の町を利用、活用してスプラッターホラーでは良くある感じのストーリーだけど、異色のアルゼンチン製ホラー映画が2017年に製作公開され、世界のファンタ系映画祭で受賞した、一応!評価されたホラー映画なんだけど、ちょっとハードルを上げちゃっているね。

な、感じは否めません。


ブラッドインフェルノ1
ブラッドインフェルノ3
ブラッドインフェルノ5
大洪水により今や廃墟となったエピクエンの町で、狂人食人族に追いかけられる若い女性!映画しょっぱなですから、ダレないようにショッキング映像をぶちかましたけれども、廃墟の町の背景頼みが見え見えで仕方が無いです。

 

続きを読む

斉木楠雄のΨ(サイ)難 加速度的にギャグ映画!おバカ映画が進化しまくる日本映画は妥当ハリウッドギャグ映画に追い付き!追い越した!?

斉木楠雄の災難dvd
原題:

監督:福田雄一

製作総指揮:伊藤響

製作:松橋真三、北島直明

脚本:福田雄一

主演:山崎賢人

共演:橋本環奈、新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀、田辺誠一、

原作:麻生周一「週刊少年ジャンプ」集英社(2012年~2018年)

音楽:瀬川英史 主題歌:ゆず「恋、弾けました。」

日本:配給ソニー 20171021日 97

 

★ストーリー

高校生の斉木楠雄(山崎賢人)は、テレポート、テレパシーなどの超能力を持っているが、その力を使わずに済むごく普通の生活を望んでいた。しかし彼の周囲には妄想美女の照橋心美(橋本環奈)や、思考が読めない燃堂力(新井浩文)、中二病の海藤瞬(吉沢亮)ら変人ばかりが集まってしまい、彼らが起こすトラブルに巻き込まれては、ひそかに超能力で危機を避けていた。そして毎年行われる文化祭の当日を迎え・・・。

 

☆映画総評

遂に日本映画でもセンスのいい!おバカ映画&お笑いギャグ映画が製作されてきたのは、本当の意味で日本が欧米のように成熟した近代化に到達したのでは?と感じいったのが、映画「斉木楠雄のサイ難」なんですね。そして、やっぱりと言うか、最近ではそうだよね!と言う原作がマンガなのは仕方が無いことだけれど、本来!マンガ=お笑いギャグ漫画だった!?今から40年も50年も前のマンガ作品は不健全で、小学校・中学校・高校の各学校では父兄やPTAや学校の先生達がこぞって、低俗な漫画は子供の敵だ!秩序が乱れる!マンガばかり見ている?読んでいる子供達はろくな大人にならないから、子供から低俗漫画を、しかもギャグ漫画?エログロマンガを奪い尽くせ!集めて焼きつくせ~!な暗黒ヨーロッパは中世時代の魔女狩り時代のごとく40年~50年の昔の時代は酷い弾圧を受けていたんですね。

斉木楠雄の災難9
斉木楠雄の災難12
▲こんな超能力は朝飯前の主人公こと
斉木楠雄の登場がシュールで斬新です。髪がピンクなんて?原作漫画を知らないから衝撃的でした。 

続きを読む

息子 第15回日本アカデミー賞で各賞を受賞した1991年の家族が日本から無くなる元年・予言映画!2018年に観るからこそホント!怖いです。

息子1
原題:

監督:山田洋次

製作総指揮:大谷信義

製作:中川滋弘、深澤宏

脚本:山田洋次、朝間義隆

主演:三國連太郎

共演:永瀬正俊、和久井映見、田中隆三、原田美枝子、浅田美代子、山口良一、いかりや長介、梅津栄、佐藤B作、田中邦衛、レオナルド熊、中村メイ子、ケーシー高峰、音無美紀子、

原作:椎名誠「倉庫作業員」

音楽:松村禎三

日本 19911012日 121

受賞:第15回日本アカデミー賞・最優秀作品賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演男優賞、その他

 

★ストーリー

東京・新宿の居酒屋でアルバイト生活を送る哲夫のもとへ、ある日、父・昭男から電話がかかってきた。「母親の一周忌だから帰って来い」という昭男の言葉に重たげに受話器を置く哲夫。数日後、浅野家の法事が行われている岩手の田舎にアロハシャツにジーンズ姿で駆け込む哲夫は、親族が集まる中で居心地悪そうに席につく。その夜、久びさににぎわう浅野家では、東京でサラリーマン生活を送る長男・忠司夫婦が、昭男の今後の生活について心配していた。そして翌日、それぞれに自分たちの生活に帰っていく子供たち。そんな中でひとり居残る哲夫だったが、東京でのフラフラした生活を父にたしなめられ、お互いの心の溝を深めるばかりであった

 

☆映画総評

1991年に映画「息子」が製作上映された時代は、バブルが弾けて間もない頃であり、まだ会社のオフィスにはパソコンなんか無く、あるのはワープロだけで、しかも事務の女子社員が社内文章の清書用として使っていたので、今(2018年)時のIT時代に比べると、なんと長閑な風景!に映ってしまうんですが、しかしながら、今時の格差社会と家族崩壊の影が確実に忍び寄っている?いや、確実にその芽は芽吹いていますね。と、山田洋次監督は断言・予言しているような、なんとも未来の日本には家族の形態が無くなってくるという絶望感と、ある意味!ディストピア映画に見えて、今時(2018年)に観たからこそ、ホント!怖い映画です。

続きを読む

モンスター・モーテル 2016年の24の映画祭で大絶賛!各賞を受賞したけど!ハッキリ言ってB級お下劣ゾンビ映画でした!

モンスターモーテルdvd3
原題:Night of Something Strange

監督:ジョナサン・ストレイトン

製作総指揮:

製作:ブリー・ストレイトン

脚本:ジョナサン・ストレイトン、ロン・ボン、ミーン・ジーン

主演:テリー・ハリソン

共演:レベッカ・C・カセック、ウェイン・W・ジョンソン、ニコラ・フィオーレ、マイケル・マーチャント

原作:ジョナサン・ストレイトン

音楽:ポール・アモス

米 2016年(日本未公開・DVD2018/9/5発売) 98

受賞:米ニューヨーク・シティ・ホラー映画祭(最優秀作品賞)、米クリムゾン・スクリーン・ホラー映画祭(最優秀作品賞・最優秀主演男優賞・最優秀特殊効果賞)、米フェニックス国際ホラー映画祭(最優秀作品賞)、英デッドオブナイト映画祭(最優秀作品賞)、米フリークショーホラー映画祭(最優秀特殊効果賞)、米ジェネブラスト映画祭(最優秀特殊効果賞)、米ホラーハウンド映画祭(最優秀特殊効果賞)、米ポートランドアンダーグラウンド映画(最優秀特殊効果賞)、

その他24のファンタ系映画祭で各賞を受賞

 

★ストーリー

春休みのスタートに興奮するフレディ、ジェイソン、ブルックリン、パメラ、クリスティン、サマラの男女6人の高校生と、パメラの年上彼氏ダーク。彼らは車を走らせ、海まで行って、バカンスを楽しもうと計画していた。しかし行動開始が授業終了後だった為、移動途中で夜が深まってきてしまった。そこで彼らは、あるモーテルで休憩することに。
しかしそのモーテルには、彼ら以外に、《血に飢えたゲスト=モンスター》もやって来た!!

 

☆映画総評

24のファンタ系映画祭で各賞を受賞している?の・が、売りのスプラッター・ホラー映画ですが、内容はハッキリ言ってウルトラ下品&ゲテモノB級ホラー映画であり、下ネタお腹一杯のおバカ映画でもありますから、この手のB級映画が大嫌いな人も、特にお上品な映画しか観ない!または、単館映画でフランス映画とか欧米系のヒューマンドラマ系やミュージカル系が好きな大人女子にとっては最低の極地!と、思わず言ってしまうほど、酷い映画です。だけど、やっぱりおバカな中二病男子には堪らない!&アメリカはここまでやってるんだ!やっぱ世界って凄いぜ~!な感覚の輩からは大絶賛?と言うことだからファンタスティック系?ホラー映画祭では大評価!?と言うヘンテコリンな現象を産む元凶のような映画作品です。


モンスターモーテル4
▲映画しょっぱなから下ネタ下品演出全開です。ここではこんな弱めの画像ですが、この後の怒涛の展開に引く人は多いだろうな~
 

続きを読む

空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎 空海の歴史映画では無く、娯楽映画に徹した映画だからシニア層!誤解しないでくださいね。

空海DVD1
原題:
妖猫

監督:チェン・カイコー

製作総指揮:角川歴彦、チャオ・ファーイー、アルバート・ヤン

製作:椿宜和

脚本:チェン・カイコー、ワン・フイリン

主演:染谷将太、ホアン・シュアン

共演:阿部寛、チャン・ロンロン(サンドリーナ・ピンナ)、松坂慶子、火野正平、チャン・ルーイー、シン・バイチン、ティアン・ユー、キティ・チャン、チャン・ティエンアイ、リウ・ハオラン、オウ・ハオ、チャー・ナン、チェン・タイシェン

原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(2004年・のち文庫)

音楽:クラウス・バデルト  主題歌:RADWIMPSMountain Top

日本・中国 2017年(日本公開2018224日) 129

 

★ストーリー

805年、唐の時代の中国。若き日の空海(染谷将太)は、遣唐使として日本から唐へ向かう。密教の全てを会得しようという決意に燃える中、ひょんなことから詩人の白楽天(ホアン・シュアン)と出会う。交流を重ねていく一方、権力者が連続して命を落とす不可解な事件が唐の都で起きていた。その真相に迫ろうとする空海と白楽天だが、二人の前に歴史が生み出した巨大な謎が立ちはだかる

 

☆映画総評

夢枕獏の原作小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」(2004年・のち文庫)の映画化が映画「空海-KU-KAI- 美しき王妃の謎」です。日中合作の映画であり、映画製作費は150億円?とも言われ、豪華絢爛、歴史絵巻って感じかな?と勘違いする空海大好きシニア層が日本公開の20182月に映画館に集まったらしいけど、空海の歴史映画化と思って観に行った人達は面喰った?という一幕もあったらしいです。


空海3
空海4
▲日本語題名と中国題名の二種類があり、早くも主人公が空海?では無く、猫?妖猫らしいので、映画館はザワついた。
 

続きを読む

アイアムアヒーロー 2016年!東洋人が描くのが難しいと言われたゾンビ映画を韓国系残酷リアルテイストを取り入れ!日本人でもゾンビになっても違和感無く進化したゾンビ映画作品!

アイアムアヒーロー1dvd
原題:

監督:佐藤信介

製作総指揮:山内章弘

製作:山崎倫明、城戸史朗

脚本:野木亜紀子

主演:大泉洋

共演:有村架純、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、長澤まさみ、風間トオル、

原作:花沢健吾「アイアムアヒーロー」(週刊「ビックコミックスピリッツ」小学館)

音楽:ニマ・ファクララ 主題歌Allie Goetzhone on the range

日本・配給:東宝 2016423日 127

34回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭:ゴールデン・レイヴン賞

48回シッチェス・カタロニア国際映画祭:観客賞、最優秀特殊効果賞

36回ポルト国際映画祭:観客賞、オリエンタルエキスプレス特別賞

 

★ストーリー

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる

 

☆映画総評

映画「いぬやしき」(20184月)、「BLEACH死神代行編」(20187月)と2018年に大活躍している佐藤信介が監督したのが映画「アイアムアヒーロー」(2016年)です。

佐藤信介監督が手掛ける映画作品は原作が漫画であることが実に多いです。と言いますか、今現在の日本映画の原作がマンガだらけ!と言った方が良いのでしょうか。


アイアムアヒーロー2
アイアムアヒーロー5
▲まだ、ZQNゾンビ感染症のパンデミックが始まる前の時期!マンガ家アシスタントで燻ぶる主人公を大泉洋が好演します。
アイアムアヒーロー41
▲遂に職場でも漫画家先生がZQNに感染しました。この頃は感染がゆっくりなのが、突っ込みどころ
アイアムアヒーロー47
▲彼女役の
片瀬那奈もこんな特殊メイクでZQNゾンビになって登場には驚きましたね。
 

続きを読む

狼の血族 1980年代狼男変身特殊メイク革命によって完全に誤解された悲劇?の映画作品!本当は赤ずきん大人の寓話メルヘン映画でした!トホホ

狼の血族DVD2
原題:
The Company of Wolves

監督:ニール・ジョーダン

製作総指揮:

製作:クリス・ブラウン

脚本:アンジェラ・カーター、ニール・ジョーダン

主演:サラ・パターソン

共演:デビッド・ワーナー、スティーヴン・レイ

原作:アンジェラ・カーター

音楽:ジョージ・フェントン

イギリス 1984年(日本公開198568日) 95

 

★ストーリー

少女ロザリーンは、屋根裏部屋に閉じ篭って眠り続けている。両親が帰宅し、姉がドアをノックしても、全く起きる気配が無い。彼女は、夢を見ていた。自分が中世の村娘になっている夢だ。ロザリーンの姉は、森で狼に殺された。棺が埋葬された日、ロザリーンは祖母に預けられることになった。ロザリーンは、森の中にある祖母の家へ行く。ロザリーンは祖母から、昔話を聞かされる。
その昔、若い娘が眉毛の繋がった行商人と出会い、結婚した。しかし、行商人は小便に行くと行って家を出たまま戻らず。娘は狼に殺されたのだと考えた。時が過ぎ、娘は別の男と結婚して子供にも恵まれた。ある冬の夜、急に行商人が戻ってきたが、性格は凶暴になっていた。彼は狼に変身するが、そこへ駆け付けた娘の夫が首を切り落とした・・・。

 

☆映画総評

1980年代に入り、ホラー映画は益々!進化し始めた!?と当時は感じていましたし、実際!進化していたと思います。進化にはいくつかありまして、一つはクラシックホラーのリ・イマジネーションですね。例えば、ゾンビの場合は、元々、生きている魔術師によって操られた死体・死者が元祖だったり、またはドラキュラ等が死体を操って自分の兵力として使ったり、等、ハッキリ言って脇役も脇役でしたから、まさか生きた人間だけを食べる食人怪物に新解釈され、しかも物量作戦!そして基本的には死んでいますから、ナイフで刺そうが、銃で撃とうが平気な感じで襲ってきます。完全に死体を停止させるには頭部を撃つ!脳を破壊しなくてはいけません。最近では完全に頭部を破壊しないとしれっと襲いかかるるゾンビまで出ています。

狼の血族26
▲少女の夢が映画の物語になり、少女=赤ずきん=狼男=少女から成熟した女性への揶揄的映画らしいのですが・・・。
 

続きを読む

GHOULグール CG&VFXで製作された作品よりも、低予算だけどリアルな感じのホラー映画に惹かれるんだよな~

GHOULグールDVD1
原題:GHOUL

監督:ペトル・ヤクル

製作総指揮:ロブ・コーエン

製作:

脚本:ペトル・ヤクル、ペトル・ボク

主演:ジェニファー・アーマー

共演:イナ・バリコバ、ジェレミー・イザベラ、ポール・S・トレイシー

原作:

音楽:

チェコ・ウクライナ合作 2015年(日本劇場未公開・DVD20181月) 85

 

★ストーリー

1932年にウクライナで発生した大飢饉ホロドモール。食人で逮捕されたポリスを取材するため3人のアメリカ人がウクライナを訪れる。しかし、彼らの身に不気味なことが起こり始め・・・。

 

☆映画総評

日本未公開の2015年に製作されたチェコ・ウクライナ合作でモキュメンタリー・ホラー映画が映画「GHOULグール」なんですね。

モキュメンタリー作品であり、ファウンド・フッテージ(第三者に発見された未編集の映像)的な要素もありそうな映画ですから、ハッキリ言って低予算映画であり、映画出演している出演者達も余り有名では無い俳優達が少人数で出ていて、1回観ればもう沢山?!な映画でもあります。

 
GHOULグール1
GHOULグール5
▲1933年当時のウクライナで起きたホロドモールの白黒記録映像が冒頭で流されるのもモキュメンタリー映画の王道手段です。
 

続きを読む

ディストピア パンドラの少女 やり尽くした感があるゾンビ映画に新風を吹き込んだ英国映画!アクションよりは知的で勝負!? 

ディストピア パンドラの少女DVD
原題:
The Girl with All the Gifts

監督:コーム・マッカーシー

製作総指揮:リジー・フランク、ベン・ロバーツ、リチャード・ホームズ

製作:カミール・ガティン、アンガス・ラモント

脚本:マイク・ケアリー

主演:ジェマ・アータートン、セニア・ナニュア

共演:パディ・コンシダイン、グレン・クローズ、アナマリア・マリンカフィサヨ・アキナデ

原作:マイク・ケアリー「パンドラの少女」(東京創元社)

音楽:クリストバル・タピア・デ・ヴィーア

イギリス 2016年(日本公開201771日) 111

 

★ストーリー

近未来、ウィルスのパンデミックによって人類のほとんどが凶暴な「ハングリーズ」と化し、生き残ったわずかな人々は壁に囲まれた安全な基地内で暮らしていた。イングランドの田舎町にある軍事施設には、ウィルスに感染しても見た目が変わらず思考能力も保ち続ける「セカンドチルドレン」たちが収容され、彼らからワクチンを作り出すべく研究が行われている。ある日、その子どもたちの中に特別な知能を持つ少女メラニー(セニア・ナニュア)が現われ・・・。

 

☆映画総評

現代「ゾンビ」映画の基本哲学を作り、そこから今日までのゾンビ人気を不動にしたジョージ・A・ロメロ監督が全世界に撒き散らしたゾンビ熱狂は、当初こそ、ゾンビ映画を愛する人々は忌み嫌われ、ゾンビ映画=低級で血飛沫と人体破壊のオンパレードな残酷大好き中二病な男の子達ばっかり、と、大雑把に扱われていたのですが、年々、衰えることも無くゾンビ映画が手を変え品を変えて製作され続けていて、映画からインスパイアーされてゲーム「バイオハザード」が誕生した頃から、ゾンビ映画は未知のウィルスに感染して、感染した人間達が生きた人間の人肉だけを大好物にして貪欲に喰いまくるという食人族映画になってしまいました。あと、凄いアクションが売りにもなりました。

ディストピア5
ディストピア6
▲イギリスの軍隊が密かに謎の子供達を隔離し、教育している演出が今までのZ映画には無い新鮮が風を吹き込みます。
 

続きを読む

ワン・フロム・ザ・ハート

One from the Heart27
原題:
One from the Heart

監督:フランシス・フォード・コッポラ

製作総指揮:

製作:グレイ・フレデリクソン、フレッド・ルース

脚本:アーミアン・バーンスタイン、フランシス・フォード・コッポラ

主演:フレデリック・フォレスト、テリー・ガー

共演:ラウル・ジュリア、ナスターシャ・キンスキー、レベッカ・デモーネイ

原作:アーミアン・バーンスタイン

音楽:トム・ウェイツ

米・コロンビア映画 1982年(日本公開1982814日) 107

 

★ストーリー

74日の独立記念日を明日に控えたラスベガスの街。旅行社に勤めるフラニー(テリー・ガー)は、ごったがえす観光客をよそにショウ・ウィンドウのディスプレーに精を出していた。同じ頃、フラニーの同棲相手ハンク(フレデリック・フォレスト)は、モーと共同経営している自動車解体工場にいた。明日はフラニーとハンクが5年前に出逢った日でもあった。夜になると、フラニーはボラボラ島行きの航空券を、ハンクは家の権利書を互いにプレゼントする。どうも、しっくりといかない。その後、ささいな事から喧嘩になり、フラニーは出ていった・・・。

 

☆映画総評

1979年製作上映された映画「地獄の黙示録」の次に製作されたのは、なんと前編、巨大なスタジオ内での撮影!コッポラ所有のスタジオ「ゾーイトロープ・ロス・スタジオ」で制作されたファンタジー?ミュージカル映画に全世界は驚愕し、一気に引いてしまいました。


One from the Heart5
 

続きを読む

花とアリス

花とアリスDVD1
原題:

監督:岩井俊二

製作総指揮:

製作:岩井俊二

脚本:岩井俊二

主演:鈴木杏、蒼井優

共演:郭智博、平泉成、木村多江、相田翔子、阿部寛、広末涼子、大沢たかお、伊藤歩、ふせえり、坂本真、キムラ緑子、大森南朋、アジャ・コング、テリー伊藤、

原作:

音楽:岩井俊二

日本・配給:東宝 2004313日 135

 

★ストーリー

明るく素直なハナ(鈴木杏)と、おてんばでいつもハナを振り回しているアリス(蒼井優)は幼なじみで、これまでなんでもいっしょにしてきた親友。高校生になったハナの宮本センパイへの初恋にアリスが協力、恋を成就させようとするのだが・・・。

 

☆映画総評

2003年にキットカットの日本発売30周年記念としてネット配信された短編映画が発端。

確かに、2003年、2004年頃、「花とアリス」が話題を振りまいていた!と、思い出します。

映画「花とアリス」が公開された頃は、正直言って岩井俊二の映像作家としての魔法が解け始め(あくまでも個人的に)、岩井俊二もある意味、アイドルが好きなだけの監督?昔で言う処の相米慎二監督のような、アイドルを主人公にした映画製作が好きな・ような、そんな感じに見え始めたのも、2004年頃!映画「花とアリス」が製作され、公開された時からだと思う。
 

花とアリス4

 

続きを読む

レディ・プレイヤー1

レディプレイヤー1-dvd2
原題:
Ready Player One

監督:スティーヴン・スピルバーグ

製作総指揮:アダム・ソムナー、ダニエル・ルピ、クリス・デファリア

製作:スティーヴン・スピルバーグ、ダン・ファラー

脚本:アーネスト・クライン、ザック・ペン

主演:タイ・シェリダン

共演:オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン、リナ・ウェイス、TJ・ミラー、サイモン・ペグ、マーク・ライアンス、森崎ウィン、ハナ・ジョン=カーメン

原作:アーネスト・クライン「ゲームウォーズ」(SB文庫)

音楽:アラン・シルヴェストリ

米・配給:WB 2018年(日本公開2018420日) 140

 

★ストーリー

貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「OASIS(オアシス)」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いた大富豪のジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り・・・。

 

☆映画総評

遂に!と言うべきか、ちょっと前から始まっていた!のか?ポップカルチャー=大衆文化と言うと聞こえはいいが、所謂!ヲタク文化?おたくのコアな世界観が映画化され始め、その一つの集大成が映画「レディ・プレイヤー1」となります。

またまた、この映画を観るまでは、単なる近未来SF映画であり、ヴァーチャル・リアリティーでの生活が当たり前になった今(2018年)から27年後の世界!27年後のアメリカの2045年の巨大IT企業が作ったもう一つのVRな世界での宝探しゲームが主流で、VRの世界も実写映像が主流とばかり思っていたら、まさかの3DCGとはちょっと面喰いました。


レディプレイヤー1-2
レディプレイヤー1-4
▲2045年の世界?アメリカは貧富の差が益々激しくなっていますが、それでもドローン宅配が大活躍の時代でもあります。
 

続きを読む

アンシーン見えざる者(カナダ2016年)

アンシーンdvd
原題:The Unseen

監督:ジェフ・リドナップ

製作総指揮:

製作:ジェフ・リドナップ

脚本:ジェフ・リドナップ

主演:エイデン・ヤング

共演:カミール・サリヴァン、ジュリア・セーラ・ストーン、ベン・コットン

原作:

音楽:

カナダ・配給:ブロードメディア・スタジオ 2016年(日本公開201781日) 104

 

★ストーリー

数年前、家族の前から忽然と姿を消したボブ(エイデン・ヤング)は、離れて暮らす一人娘エバと家族の絆を取り戻そうと、密かに北部の小さな町へと戻って来る。だが、エバが行方不明になっていることを知った彼は、危険を顧みずに必死の捜索を開始。実は彼は、誰にも言えない秘密を抱えていた。それは、“体が次第に透明になっていく”という奇病を患っていることだった。

 

☆映画総評

今回の映画もマイナーな映画です。メジャーでは無い?のは、日本の主要都市での劇場公開がされていなく、所謂!単館上映だからなんですね。多分だけど、日本では東京の新宿でしか上映されなかった映画作品なんでしょう!映画「アンシーン見えざる者」ってね。

日本公開は201781日に新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」(17715日~818日)で上映した作品だとか。ま、それではよっぽどのB級ホラー映画好き?またはアメリカ映画では無いカナダ映画好きというマイノリティーじゃないと好んで観ませんよね。

アンシーン1
アンシーン2
▲寒々とした風景と唐突の主人公らしき中年男性登場!と、材木工場により北米?カナダ映画と分かっちゃいます。
 

続きを読む

摩天楼はバラ色に(米1987年)

摩天楼はバラ色にdvd
原題:
The Secret of my Success

監督:ハーバート・ロス

製作総指揮:デヴィッド・チャンスマウン

製作:ハーバート・ロス

脚本:ジム・キャッシュ、ジャック・エップス・JrAJ・カロザース

主演:マイケル・J・フォックス

共演:ヘレン・スレイター、リチャード・ジョーダン、マーガレット・ホイットン、ジョン・パンコウ、

原作:AJ・カロザース 「

音楽:デヴィッド・フォスター The Secet Of My Success」ナイト・レンジャー

米 1987年(日本公開1987620日) 110

 

★ストーリー

現代のメトロボリス、ニューヨーク。実業界での成功を夢見て田舎からやって来た若者ブラントリー(マイケル・J・フォックス)は、まず、自分の手で仕事探しに掛かった。彼の親戚に当たる人物を頼って、27の関連会社をもつ巨大コングロマリット、ペンロープ・コーポレーションに足を踏み入れる彼。フォスターの熱意に押されて、叔父で社長のプレスコット(リチャード・ジョーダン)は、彼にメイル・ボーイの仕事を与えた。

 

☆映画総評

1980年代のアメリカやヨーロッパは嘗てないほど、文明?映画と音楽がキラキラしていました。そして、その頃の日本は?と言うと、1980年代の日本映画は総合的にダメダメ作品が多かったようです。全部が全部ダメ?とは言えませんが、正直!かなりの日本映画がダメダメでした。そして、その原因の一つは日本映画内で使われる映画音楽のセンスの無さに尽きます。ま、他にも原因はあるけど。

摩天楼はバラ色に5
摩天楼はバラ色に20
▲ニューヨークで成功を夢見てアメリカの田舎からやってきた大卒したての
若者ブラントリー(マイケル・J・フォックス)に待っていたのは就職予定の会社の知り合いオジサンのM&Aによるリストラ解雇による、内定取り消し!そして社会人経験の無い大卒だけの若者には就職難が待っていた。「そう来たか!ニューヨーク」のセルフがセンスいいです。
 

続きを読む

ザ・モンスター(米2016年) 日常の生活感を丁寧に演出されているから、余計に恐怖が倍増する低予算B級ホラー映画の佳作!

ザ・モンスター(2016)1
原題:The Monster

監督:ブライアン・ベルチノ

製作総指揮:

製作:ウィリアム・グリーン、アーロン・L・ギンズバーグ、ブライアン・ベルチノ、エイドリアン・ビッドル

脚本:ブライアン・ベルチノ、ダニエル・ファランズ

主演:ゾーイ・カザン

共演:エラ・バレンティン、アーロン・ダグラス、スコット・スピードマン

原作:

音楽:トムアンドアンディ

米・配給:ブロードメディア・スタジオ  2016年(日本公開2017211日) 91

 

★ストーリー

10才の娘リジーと2人で暮らす若いシングルマザーのキャシーは、リジーの父親に会いに行くため深夜の田舎道を車で移動していた。雨が降る中、キャシーとリジーを乗せた車が事故を起こして立ち往生してしまう。助けを求めてさまよいはじめた2人は、周囲に異様な雰囲気が漂っていることに気づく。やがて、森の中から現われた正体不明の生物が2人に襲いかかる。

 

☆映画総評

映画「ザ・モンスター(米2016年)」もブロードメディ・スタジオ配給の映画の一つであり、日本ではたったの2カ所の映画館での上映?ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品組の、決してメジャーでは無い!所謂!B級ホラー映画の一つですが、低予算映画なのに、何気に主人公達母子家庭の人間関係を丁寧に描いているから、今までの低予算B級ホラーとの区別化を図り、「なるほど!こんな手があったのか!」と、これからの若手映像作家達や未来の映画監督候補たちには良いお勉強的ホラー映画になる作品かもです。

ザ・モンスター(2016)3
▲森の闇に潜む得体のしれないモンスターと10歳の少女とのサバイバルが怒涛の展開に・・・
 

続きを読む

冒険者たち(仏1967)

冒険者たち1
原題:
Les Aventuriers 

監督:ロベール・アンリコ

製作総指揮:

製作:ジェラール・ベイトー、ルネ・ピニェア

脚本:ロベール・アンリコ、ジョゼ・ジョヴァンニ、ピエール・ペリグリ

主演:アラン・ドロン

共演:リノ・ヴァンチュラ、ジョアンナ・シムカス、セルジュ・レジアニ

原作:ジョゼ・ジョヴァンニ

音楽:フランソワ・ド・ルーベ

フランス 1967年(日本公開1967518日) 112

 

★ストーリー

元レーサーのローラン、アクロバット飛行をしているマヌー、芸術家の卵レティシアの3人は奇妙な友情で結ばれていた。夢を追う彼らは、海底に眠る財宝を引き上げるため、アフリカのコンゴ沖にオンボロ船でやってきた。しかし、みごと財宝を引き上げたとき、ギャングが襲ってきて、流れ弾に当たったレティシアは死んでしまう。残った男二人は、財宝をもって彼女の故郷へ逃げるが……。

 

☆映画総評

なんと早くも?なのか?当たり前に時が過ぎゆくのか?今(2018年)から51年も前のフランス映画がアラン・ドロン主演のヌーベルバーグ映画なんですかね。

アメリカで言う処のニューシネマってやつのジャンルに入るのでしょうか?

ま、簡単に言ってしまうと主人公が死んで終わるという映画です。

そもそも1950年代または1960年代前半までは映画って言うのは映画館の外の世界!世知辛いリアルな世界を忘れようとして、映画作品が作られた?または、ある意味ディズニーの世界観?映画館に入ったらお伽の国!夢の国!の世界に2時間余りを連れて行ってくれる筈でしたが、1960年代からアメリカは泥沼で大義の無いベトナム戦争に嵌って行って、その大義なき殺戮や戦争に世界は疲弊し、世界の若手映像作家達が夢のハリウッド映画はクソ喰らえって感じで、登場人物や主人公までの簡単に殺してしまうんですね。

冒険者たち32
▲フランス映画が元気だった1967年の時代は、若者達はパイロットやレーサー、そしてアーティストになりたかった?を象徴するシーン! 

続きを読む

タイム・トラップ

タイムトラップdvd1
原題:Time Trap

監督:マーク・デニス、ベン・フォスター

製作総指揮:ベン・フォスター、スティーブン・リッチ

製作:ベン・フォスター、マーク・デニス、ザカリー・マッツ

脚本:マーク・デニス

主演:ライリー・アマクレンド

共演:キャシディ・ギルフォード、ブリアンヌ・ハウイー、マックス・ライト、アンドリュー・ウィルソン

原作:

音楽:

米・配給:ブロードメディ・スタジオ 2017年(日本公開2018224日) 87

 

★ストーリー

考古学を研究するホッパー教授は、若返りの泉があると言われる秘密の洞窟へ。彼の両親は数十年前に洞窟内で姿を消していた。しかし教授は行方不明になり、彼のゼミ生ジャッキーとテイラーは友人たちと一緒に教授の後を追ってその洞窟に入り込む。想像を超える深さのある洞窟を進んでいくうちに、洞窟内での数分が地上では数年間も経過しており、時の流れが異なることに気付く。さらに洞窟内では時空の歪みにより、原始人から未来人まで次々に出現。絶体絶命の危機が迫る中、ジャッキーたちは時空の謎に立ち向かっていく・・・。

 

☆映画総評

最近、妙に気になる?映画作品を配給しているブロードメディ・スタジオの映画の一つであり、日本ではたったの2カ所の映画館での上映?ヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2018」上映作品みたいですので、ある意味、単館映画扱いなのでしょうか?なんにしても日本未公開映画に限りなく近い映画作品なんでしょう。


タイムトラップ1
タイムトラップ4
タイムトラップ5
▲最初の出だしはミステリー?謎の手帳と20年以上の前の失踪事件が絡んで思わず映画の物語に引き込まれます。 

続きを読む

ザ・ボルト金庫強奪

ザボルト0
原題:The Vault

監督:ダン・ブッシュ

製作総指揮:ダービー・パーカー、カイケル・ベッカー、ジェフ・ライス

製作:ルーク・ダニエルズ、トム・バターフィールド

脚本:ダン・ブッシュ、コナン・バーン

主演:ジェームズ・フランコ

共演:フランチェスカ・イースウッド、タリン・マニング、スコット・ヘイズ、クオリアンカ・キルヒャー

原作:

音楽:ショーン・ドリュー

米・配給:ブロード・メディア・スタジオ 2017年(2018214日) 91

 

★ストーリー

ギャングに狙われた弟マイケルを救うため、センチュリオン信託銀行に強盗に入ることになった姉妹リーアとビー。綿密な計画を立てて銀行に押し入るが、金庫室にはわずか7万ドルしかなかった。銀行の業務部長エドから、行員たちに暴力を振るわないと約束すれば地下金庫の600万ドルを差し出すと提案された姉妹は、その言葉を疑いながらも応じることに。しかしその地下金庫は、かつて残虐非道な強盗犯によって行員たちが大量虐殺された呪われた場所だった・・・。

 

☆映画総評

アメリカのマイナーな映画製作会社が製作した低予算映画!と言ったら良いのか。またはアイデア勝負映画?と言ったらよいのか?に、しても低予算映画とモロみえの映画作品です。一応!アイデア勝負と言いますか?発想は面白い!今時!只の銀行強盗&金庫破りだけの物語では、そんな映画作品を観に多くの映画鑑賞者が来館する訳もないですから、もうひとひねり!が必要ですよね。という事で、プラス@のスーパー・ナチュラル・スリラーを足して悪者である銀行強盗団が、今度は生きている人間以外の何者かによって襲われる?殺される?と言った物語に進化&アイデア勝負したんですね。

ザボルト2
▲昔懐かし映画「セブン」のようなスタイリッシュ映像がオープニングですが・・・劇内のBGMと何か関係があるの?
 

続きを読む

悪女/AKUJO

悪女AKUJODVD1
原題:The Villainess

監督:チョン・ビョンギル

製作総指揮:キム・ウテク

製作:チョン・ビョンギル

脚本:チョン・ビョンギル、ユン・ビョンシク

主演:キム・オクビン

共演:シン・ハギュン、ソンジュン、キム・ソヒョン

原作:

音楽:

韓国 2017年(日本公開2018210日) 124

 

★ストーリー

犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒ(キム・オクビン)は、いつしか育ての親ジュンサンに恋心を抱き、やがて2人は結婚するが、ジュンサン(シン・ハギュン)が敵対組織に殺害される。怒りにかられたスクヒは復讐を果たすが、国家組織に拘束されてしまい、国家の下すミッションを10年間こなせば自由の身になるという条件をのみ、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて、新たな運命の男性と出会い、幸せを誓ったスクヒだったが、結婚式当日に新たなミッションが下され・・・。

 

☆映画総評

カンヌ映画祭で騒然!という煽り言葉!インチキな宣伝コピーが功を制したのか?思わずDVDレンタルしてしまいました。

確かにアクションシーンは凄かったけど、やっぱりマンガ的でご都合主義的な物語が、イチイチ突っ込みたくなり、肝心の?まさかの主人公やヒロインに対して共感することが出来なく、終始、醒めた目で映画を観ているもう一人の自分がいました。所謂!「ポップコーン映画なんだから物語の破綻した部分を気にするんじゃない!」というもう一人の自分と「単なる【ニキータ】の韓国版をもっと血みどろ凄いアクションシーンで撮りたいね!」な、若い韓国の映画監督が映像ありきで企画製作した、若いから物語がマンガな映画かよ!マジかよ!のせめぎ合いで、どうしても没頭して観る映画では無かったんですね。

悪女2
悪女5
▲映画冒頭からヒロイン目線!まるで頭に小型カメラを装着して撮影した感じで、ノンストップアクションが展開する。リアルにマガジンを変える映像のこだわりも感心です。

 

続きを読む
記事検索
最新記事
Amazonライブリンク
プロフィール

ムービー・マスター

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • BLEACHブリーチ死神代行篇 ハリウッド(WB映画)が映画化権を獲得したけど紆余曲折があって日本で実写映画化したけど、ファン達が賛否両論な作品に仕上がってしまいました。
  • ブラッド・インフェルノ 異色のアルゼンチン製ホラー映画は映画中盤までダルダルなストーリーでした。
  • ライブドアブログ