WaterlooDVD1

原題:Waterloo

監督:セルゲイ・ボンダルチュク

製作総指揮:

製作:ディノ・デ・ラウレンティス

脚本:セルゲイ・ボンダルチュク、HAL・クレイグ、ヴィトリオ・ボニテェリ

主演:ロッド・スタイガー

共演:クリストファー・プラマー・ジェック・ホーキンス、オーソン・ウェルズ

原作:

音楽:ニーノ・ロータ

イタリア・ソ連 1970年(日本公開19701219日) 133

 

★ストーリー

1815年!フランス全土はナポレオン(ロッド・スタイガー)がエルバ島から脱出した事を知り興奮にわきかえっていた。南仏に上陸したナポレオンは護衛兵を従えパリに向かった。パリのルイ十八世(オーソン・ウェルズ)は、かつてナポレオンの将校だったネイ将軍(ダン・オハーリー)を派遣し、進撃を阻止しようとしたが兵隊はナポレオンを見ると銃を投げだし、歓声をあげて彼のまわりにむらがった。ルイ十八世軍と一度も戦火を交えず凱旋した彼は民衆の熱狂的歓迎を受け再びフランスの皇帝になり、ルイ十八世はなすすべもなく王宮を渡した。しかし、英、仏、オーストリア、プロシャの各国は、今度こそナポレオンを徹底的に駆逐しようと、軍備を強化していた。英国のウェリントン卿(クリストファー・プラマー)軍、プロシャ軍等は既にベルギーのワーテルローへ移動していた。これを知ったナポレオンも軍を率いてワーテルローに向った。

 

☆映画総評

ナポレオンの名前は知っていても、ナポレオンの事はそんなに詳しくも無く、ヨーロッパの人?フランスの人?位しか理解していないので、ま、そんな私みたいな無知な人が観るべき登竜門的な映画作品と思うのだが如何でしょうか?

 
Waterloo1
エルバ島から脱出したナポレオン(ロッド・スタイガー)を掴めるべく待ち伏せしていたネイ将軍(ダン・オハーリー)もナポレオンの魅力にひれ伏した。
Waterloo3
▲ 
ネイ将軍(ダン・オハーリー)がナポレオンのカリスマにひれ伏す5秒前のシーン!

 



映画予告


1815
618日「ワーテルローの戦い」を描いた映画であり、今(2018年)から48年前の映画になります。ですから、今時のCGVFX2030人のエキストラををペーストコピーして何千人、何万人の兵士を作るといったことは出来ませんから、膨大な人数のエキストラを態々!使ってワーテルローの戦いを史実に忠実に描きますから、後半の戦闘シーンは迫力満点であり、良くある言い方ではありますが、CGには出せない本物の質感と迫力が堪能できます。

 
Waterloo23
▲伝説の名優!オーソン・ウェルズはフランスのルイ18世を演じた。
Waterloo21
Waterloo27
ネイ将軍(ダン・オハーリー)とフランス国民に裏切られ、宮殿を後にするルイ18世!
 

因みに映画「ワーテルロー」の時代である1815年の日本は江戸時代の文化12年で江戸後期!杉田玄白が『蘭学事始』を著す。と言った出来事位で、欧米から遅れに遅れています。

また、1815年当時の徳川幕府は腐敗し、幕府も実は内部崩壊?弱体化し始めていたので、そこに1853年ペリー黒船来航!1860年「桜田門外の変」で一気に傾きかけ!1867年「大政奉還」「龍馬暗殺」で明治国家になったのですが・・・.


Waterloo20
▲宮殿からフランス国民に演説をするナポレオン!
Waterloo18
英国のウェリントン卿(クリストファー・プラマー)にナポレオンが進軍してきたことの伝連を舞踏会の場で受けた。
001f0929
▲戦争経験の無い英国の若者達は、安易に戦場の戦果を談笑していたが・・・
 

映画「ワーテルロー」に話は戻りますが、映画で描かれている1815年頃のフランス国民はナポレオンによって味わってしまった!イギリス、ロシア、オスマン帝国の領土を除いたヨーロッパ大陸の大半を勢力下に置いたヨーロッパ支配をもう一度!フランスはヨーロッパを征服することが出来る民族なのだ!と、フランス国民に壮大な夢を見せてしまったところが、ヨーロッパの不幸であり、フランス国民の不幸でもあった。

しかし、ある意味!世界征服も夢じゃない!と思わせたナポレオンの存在は、当時!フランス国民を熱狂の渦に巻き込んだのは想像に難くない。


Waterloo4
▲ナポレオン率いるフランス軍VSイギリス・ドイツ・オーストリア・オランダ軍総勢21万人?が激闘する!
 

何はともあれ、ヨーロッパや欧米がこの頃から、発展途上の国々を植民地として支配し、日本をも恐怖のどん底に震え上がらせたのだから、歴史的再現映像を観る格好の資料として、死ぬまでに是非!観たい映画の一つであり、観ないよりは絶対に観た方が良い映画作品と言う事で宜しく!因みに1970年の日本映画作品は「男はつらいよ」「でんきくらげ」「(実写版)あしたのジョー」等とトホホな作品ばかりだった。

世界・欧米・アメリカではアメリカンニューシネマの時代に突入しますが、相変わらず!日本映画は20年は遅れたセンスで日本国民用の娯楽作品を作り続けているのでした。

Waterloo19
▲当時1815年は無線も何もないから、望遠鏡で戦局を観ながら伝令兵からの連絡で最前線は戦っていた。
354341
▲1815年の近代的な戦争での圧倒的な大砲の数!同じ頃の日本では大砲はあったと思うが、かなり遅れていた。