3年A組-今から皆さんは、人質ですDVD-
原題:

監督・演出:小室直子、鈴木勇馬

製作総指揮・P:西憲彦、福井雄太、松本明子、難波利昭

製作:

脚本:武藤将吾

主演:菅田将暉

共演:永野芽郁、片寄涼太、川栄李奈、上白石萌歌、萩原利久、今田美桜、福原遥、神尾楓珠、鈴木仁、望月真由、富田望生、佐久本宝、古川毅、若林時英、森七菜、細田善彦、堀田茜、ベンガル、大友康平、田辺誠一、神尾佑、土村芳、矢島健一、椎名桔平

原作:

音楽:松本晃彦 エンディング:ザ・クロマニヨンズ「生きる」

日本のドラマ 201916日(日本テレビ系「日曜ドラマ」22:30-23:24)~ 86

視聴率:1回・10.2%

 

★ストーリー

10日後に魁皇高校の卒業式を控える3A組の29人の生徒たちは、担任の美術教師・柊一颯(菅田将暉)に「今から皆さんには、人質になってもらいます」という衝撃の一言を聞かされ、教室に閉じ込められてしまう。一颯は「これから、俺の最後の授業を始める」と生徒たちに告げ、数カ月前に3A組のある生徒が自殺した理由を答えるよう求める。その答えを夜8時までにみんなで導き出し、不正解の場合は誰か一人に死んでもらうと宣告する。そして一颯は、クラスの代表として回答役に学級委員の茅野さくら(永野芽郁)を指名する・・・。

 

☆ドラマ総評

映画「バトル・ロワイアル」(2000)の中学3年生のクラス全員で生き残りをかけての殺し合い学園モノから2019年の「バトル・ロワイアル」的な匂いがするドラマなんだけど、その間にも殺しの学園モノ?イジメを苦に自殺?中学生か高校生の謎なのか隠蔽なのか?の、自殺が原因!キーとなった映画やTVドラマが日本コンテンツの最重要テーマなのが、なんかスケールが小さいのか?それとも日本は世界一!教育にかけて真面目で、生命をかけている民族だから?なのか、ではなく!まさかの世界一!教育が下手な民族であり、昔からの呪い!大日本帝国!帝国陸軍の亡霊を引きずる悪しき組織が生きている、日本型組織=村社会=村八分=イジメは無くならないよ!どこまでも。な日本型組織がある限り、地獄の学園物語は今後も出てくるって訳なんでしょうか。


3年A組-今から皆さんは、人質です1-
▲狂った?
美術教師・柊一颯役を熱演する菅田将暉は、如何にも伸び伸びと楽しく演じているから、観ているこっちも楽しいね。
 



▲予告編


と言った取り留めも無い話題から始まりましたが、学校の世界の中での、これまた狭い世界!クラス=今では30人位の同じ年齢の男女が集団で生活&勉強するクラスという小さな組織野中で、陰湿で、隠蔽が渦巻く人間関係が出来るのが、そもそも人間の基本的サガなんでしょうか?

2000年の衝撃!映画「バトル・ロワイアル」が出現し、その後、2010年にも衝撃の映画「告白」が製作上映され、教師VS生徒の不毛な戦いが続き、中学3年生が爆弾を作り、全校生徒を巻き込む自爆テロを企てる?嫌なミステリーが話題となりました。これも集団・組織!日本人が集団になると歪な魂が孵化することを描いて問題になった。続いて2012年には映画「悪の教典」が製作され、今度の内容では生徒の親・他の教師・担任高校生クラス全員VSサイコキラー教師との殺し合い?と言うよりは一方的な殺戮になり、要は日本社会の組織の元である学園(悪と破廉恥な欲望が渦巻く場所)から生徒の両親も加わり、日本全土が狂っていることを証明する世界観へと地獄の学園モノは爆走し始めました。


3年A組-今から皆さんは、人質です2-
学校の建物が突然!爆破され、その衝撃で恐れ戦く高校3年生役の皆さん!
 

2013年になり映画「ソロモンの偽証」で、幾分!日本型組織の元・中学学園モノでは日本人の良い処?を模索し始めましたが、衝撃度は薄く、ブームには全くと言ってよいほどなりませんでした。もはや日本の地獄の学園物語にはテロ的な!戦争のような、原始的な殺戮の本性が垣間見えないとダメになって来たのでしょう。現在ではマンガ的な能天気な学園モノの日本映画か、日本人特有の集団になって狂った利己的排他的地獄の学園日本映画しか、この日本を語ることは出来ない世界になってしまいました。2010年の映画「告白」+「悪の教典」で加速した2019年最初の日本型地獄の学園コンテンツに名乗りを上げたTVドラマ「3A組-今から皆さんは、人質です-」には、日本国家の要!警察VSになってしまいました。まるで1978年の映画「高校大パニック」を彷彿させる、学校・警察VS高校生の衝撃を思い出させてくれます。原因はしょうもなかったけどね。


3年A組-今から皆さんは、人質です8-
▲爆弾を設置し、担任生徒全員を人質にしたことを宣言する菅田将暉!
 

20191月最初の学園ドラマは、一人の教師が陰湿隠蔽な高校3年生30人と戦い!しかも同時に学校の同僚先生達、生徒の親御さん達、警察とも戦うんですから、規模も大きくなり、しかも、その発端!原因はある生徒の自殺ですから、なんとも日本的規模の小さい物語です。が、日本人としては一番リアルな物語なんですね。まるで時代劇「忠臣蔵」的な国民的個人一人一人に考えさせる!考えろよ!な、教訓的コンテンツが日本型地獄の学園物語なんです。


3年A組-今から皆さんは、人質です5-
▲血の気の荒い生徒達が向かって来ますが、普段は大人しい担任は、実は格闘技の有段者&アクションスタントの経験があるから、簡単に蹴散らします。そこがスカっと見どころポイント!
 

と言った真面目な話はここまでにして、衝撃の学園コンテンツには次世代のヤングアダルトスター達が目白押しで、ある意味!若手タレント・俳優達は、このドラマを踏み台に、活躍して行くことでしょう。だからこそ、地獄の学園モノ=若手集団人材品評会になっていますから、芸能関係の皆さん方は次のスターの卵を血眼になって探し、このドラマのオーディションに受かった生徒達は、少しでも目立とうと切磋琢磨し、主役を喰う活躍&爪後を残そうと必死確実ですね。2019年日本社会の縮図を占うドラマとして、実は貴重なドラマなのかもしれません。それとも、やっぱ考え過ぎ&過大評価し過ぎかな!


3年A組-今から皆さんは、人質です14-
▲オーディションに合格し、2019年以降にブレイクする俳優・タレント・モデルがシンデレラストーリーを胸に活躍する筈だね。
今田美桜3
▲2018年末からブレイクし出した今田美桜!一足お先に2019年若手ブレイク女優認定?
今田美桜4
▲福岡から全国ブレイクを成し遂げた!ヒロイン永野芽郁を喰う事が出来るか?