RAW〜少女のめざめ〜DVD1
原題:
Grave

監督:ジュリア・デュクルノー

製作総指揮:

製作:ジャン・デ・フォレ、ジュリー・ガイエ、ナディア・トリンチェフ、ジャン=イブ・ルバン

脚本:ジュリア・デュクルノー

主演:ガランス・マリリエール

共演:エラ・ルンプフ、ラバ・ナイト・ウフェラ、ローラン・リュカ

原作:

音楽:ジム・ウィリアムズ

フランス・ベルギー 2016年(日本公開201822日) 98

受賞:第69回カンヌ国際映画祭・評論家連盟賞受賞、第43回ゲント国際映画祭・エクスブロー賞受賞、第41回トロント国際映画祭・観客賞3位、第60回ロンドン国際映画祭・サザーランド賞受賞、第49回パームスプリング映画祭・観るべき10人の監督賞受賞

 

★ストーリー

厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳の少女ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、両親や姉と同じ獣医学校に進学する。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の寮で過ごす学生生活。新しい環境で不安に駆られながら日々を送ることになった彼女は、新入生の通過儀礼に遭遇し、上級生たちから生肉を食べることを強要される。断り切れず、やむなく家族のルールを破って人生で初めて肉を口にするが、これをきっかけにジュスティーヌの本性が露わになってゆく・・・。

 

☆映画総評

映画冒頭で遠くからの撮影だから、登場人物の顔が識別できない「車への当たり屋」みたいなタチの悪い奴で、実際!車は突然、道に出てきた人物(女性?)を避けようとして、木に激突して、多分!死んじゃう?そんなシーンが唐突とあり、次に主人公の少女ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)が登場し、異常なほど厳格な?なのか?強度のアレルギー?でベジタリアンなのが、レストランでのシーンで垣間見られます。


RAW1
▲主人公の少女
ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は厳格なベジタリアンだったが、獣医学園の新入生歓迎会で肉を食べ、カニバリズムの先天性の病気なのか?が目覚めて行く!
 


 


そんな唐突な車の当たり屋シーンは映画後半で、その謎が解けますが、B級ホラーのようなカニバリズム美少女の映画作品には相応しくない?ほど、普通な家族演出あり、獣医学校の演出なんだけど、カニバリズムよりもフランスの全寮制獣医学校のしきたりと言うか、悪しき伝統行事が延々と続き、観ていて辟易しちゃって、カニバリズム映像よりも衝撃的かもしれません。

RAW5
▲フランスの獣医学校では新入生歓迎に動物の血を浴びせるのがシキタリ?
RAW4
▲血だらけの白衣で授業を受ける新入生・主人公の
ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、遺伝よりも、この異常な環境でカニバリズムの血が騒いできた。


映画「キャリー」の新入生全員「牛か家畜の血」を頭から浴びさせられたり、突然!上級生が新入生の寮室に現れベッドを窓から外に放り出されたり、等々、フランスの獣医学校が兎に角!エグイので、カニバリズムの目覚めが遺伝!よりも環境のセイのような気がして、ホント!嫌な演出に辟易です。


RAW10
RAW21
▲初めて生肉を食べることにより、最初にアレルギー?身体にジンマシンが出始めた。
 

カンヌ国際映画祭を筆頭に、数々の映画祭の賞を受賞していますが、フランスやヨーロッパの映画好きは、この手の特殊な物語&演出が大変好きなんでしょうね。この演出は日本人では真似が出来ません。と言いますか、隔離された特殊な空間での思春期真っ只中!若者達男女&しかも獣医学校と言う特殊性も手伝って、カニバリズムが異常には見えなくなって来るから、不思議です。


RAW9
▲獣医学園は全寮制で、連日、先輩達からの新入生歓迎の儀式?疑似セックスのような行為をさせられ、理性が吹き飛び思春期の暴発なのか?性欲かカニバリズムか?原始的な欲望が目覚め出す。
 

新入生に襲いかかる、イジメのような試練!ウサギの腎臓を食べさせられる!とか、夜の大ディスコ大会での性の乱れ!とか、ボディペイントの男女二人での疑似セックスとか、とフランスの獣医学生の風俗生態の描写がどぎつくて、そこが新鮮?なのか、欧米ヨーロッパの獣のようなパワーなのか?久し振りに白人達は「パワーが違うぜ!」と納得させられました。


RAW8
RAW7
▲同室にはゲイの男性がルームメイト!しかし、主人公・
ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は性欲が日に日に激しくなってきた。の、悶々シーン!日本映画ではこんな演出は見たことが無いし、それが出来るには後10年後?2028年頃には出来る?訳ないか!
 

カンヌ国際映画祭で賞は受賞してはいるけど、ハッキリ言いまして、万人向けの映画とは程遠いし、好き嫌いがハッキリする映画作品ですね。結構!お下品!お下劣&下ネタ満載で、しかも16才~19才のフランス人女性の生々しい生態を「良くもまあ描いたね」と思ったら、映画監督自体が女性でした。「だからか!」と納得した欧米若い女性の思春期の生態とカニバリズムを性欲のメタファーにした好き嫌いがハッキリする青春ホラー?映画でした。

 
RAW13
▲実の姉の切断された指を舐め!次には肉を食べてしまうシーンはリアルで圧巻!