Cobra1
原題:Cobra

監督:ジョージ・P・コスマトス 

製作総指揮:ジェームズ・D・ブルベイカー

製作:メナヘム・ゴーラン

脚本:シルヴェスター・スタローン

主演:シルヴェスター・スタローン

共演:ブリジット・ニールセン、レニー・サントーニ、アンドリュー・ロビンソン、ブライアン・トンプソン

原作:ポーラ・ゴズリング「逃げるアヒル」

音楽:シルヴェスター・リーヴァイ

米 1986年(日本公開198689日) 88

 

★ストーリー

犯罪都市ロス。狂信的な殺人集団による連続殺人が続発し、市民を恐怖のどん底にたたきこんでいた。「未来はオレたちのものだ。ブタどもを殺せ」と叫ぶナイト・スラッシャー(ブライアン・トンプソン)に率られた一団で、手あたり次第に市民を虐殺していった。ロス市警のハミ出し刑事マリオン・コブレッティ(シルヴェスター・スタローン)は、市警内外にその名も高き一匹狼。誰もが敬遠する毒蛇のような執念さから通称「コブラ」と呼ばれている。ある日、例の殺人凶行現場を偶然に1人の女性が目撃した。モデルを職業にしているイングリッド(ブリジット・ニールセン)だ。そして彼女は、ナイト・スラッシャーの標的となり、深夜の帰途、危機一髪のところを警察に救われた。

 

☆映画総評

映画「マッドマックス」(1979)が公開されてから、この手の近未来的、超凶悪暴走族集団による無差別市民殺戮撲殺映画が広まりだしました。ま、その前からも凶悪?暴走族映画自体はありました。記憶にあるのはピーター・フォンダ主演の映画「ワイルド・エンジェルズ」(米1966)、この頃は本家本元の暴走族ギャング「ヘルズ・エンジェルズ」が台頭していて、殺人事件なんかもありました。時代的にもアメリカやヨーロッパはベトナム戦争の余波を受け、アメリカとソ連(ロシア)が冷戦状態だったから、血生臭くて洒落にならない暴力の世界観が広がっていたから、生まれるべきして生まれた現象かとも思うけど、1979年には新たな絶望の近未来!の世界観が漂っていました。そして、満を持して映画「マッドマックス」(1979)が製作上映され、一気に凶暴暴走族によるスピード狂的殺戮が流行るんですね。


Cobra14
▲「ロッキー」「ランボー」のキャラから脱出する為、こんなハミ出し刑事になりました。
 






これって、戦国時代の騎馬隊と同じ感じです。なんにしてもオートバイや自動車を戦闘の馬と化し、徒歩の人々を襲って殺し、集団で楽しむ映像がホント!怖かったです。今までのヤクザ映画!任侠映画では、文明の利器を使っての無差別殺戮行為は無かったけど、近未来殺戮暴走族は楽しんで愉快犯的に殺しまわるから怖い!子供の頃はトラウマ的に怖かったですね。今でこそ映画「マッドマックス」シリーズもキャラクター化され、超暴力の恐怖を味わう感じは薄くなりました。だけど、本当は原点に帰りたい?として、ジョージ・ミラー監督は怒りのデスロードを撮ったのでしょう。


Cobra8
▲映画「マッドマックス」に感化された?出ました近未来凶悪暴走族軍団です。武器を持っているから軍隊です。
 

話しは脱線しっぱなしですが、映画「コブラ」も内容としてB級「マッドマックス」モドキであり、もはやマンガ状態になった近未来凶悪暴走族の描写は滑稽であり、日本の実写特撮ドラマみたいでした。

そう言えば、この頃ってシルヴェスター・スタローンとブリジット・ニールセンが付き合っていたような・・・何にしても、B級近未来凶悪暴走族VSはみ出し刑事の巻でした。

Cobra13
Cobra3
▲上の写真はモデル撮影シーン?一応!人気モデル?役の
ブリジット・ニールセン!この映画がきっかけでスタローンと結婚します。
Cobra16
▲映画ではスタローンが大きく見えたけど・・・
img_1147
ブリジット・ニールセンの方が背が高いです。身長が185cmの大女です。
BrigitteNilsen10
▲証拠に大男シュワちゃんと身長がほぼ同じです。因みにシュワちゃんの身長は187cmぐらい?