前回、肩こり、腰痛などの慢性の運動器症状には整骨院での保険による施術は不可であるということをご説明しました。
そしてそれを無理やり認めさせるために、肩こりを肩関節捻挫等の急性の外傷の病名として保険を不正に請求する事についても書きました。

当然そんな不正は長く続くわけも無く、かといって増えすぎた同業者同士での患者の奪い合いで
疲弊してい柔道整復師、く整骨院は困り果てたわけです。 

生き残るために彼らが目をつけたのが「交通事故の自賠責保険」です。

社会保険が駄目なら自賠責保険で。

グーグルで検索すると「交通事故専門の整骨院」などとして出るわ出るわ。。。
グーグル検索結果


何故こうなったのか。

実はこの自賠責保険の制度、社会保険より整骨院にとってはおいしいことになっているのです。


(続く)

交通事故治療に逢われて通院治療にお困りの方、一人でも多くの方に知ってもらいたい。
クリックをよろしくお願いいたします。↓