タンポンにアルコールを付けて、膣内に入れて酔っ払うと言う女性がアメリカで増えています。アルコール摂取は口内からの摂取に比べて膣内や腸内からの摂取は、口内摂取の何倍もアルコールの吸収速度が速く、少量のアルコールでも酩酊状態に陥ることが出来ます。

しかし、少量で酩酊に陥ることが出来ると言うことは、口から摂取する時よりはるかに簡単に急性アルコール中毒になる可能性が高くなると言うことでもあります。これは、自分の経験則で限界がある程度わかる口内摂取より、速く吸収されてしまう膣内や腸内摂取では調節が難しいためと考えられます。また、膣内や腸内の粘膜をアルコールが傷つけてしまう可能性や、慢性的アルコール中毒になる可能性が高くなります。

即時に酔える、と言う点では血管内にアルコールを注射するのと同等程度の効果があると言われており、やはりここでも急性アルコール中毒の危険がつきまといます。余談ですが大昔からあるセックスプレイの一つにわかめ酒と言うのがあります。これは太ももと下腹部にできたくぼみに酒を注ぎ込み、女性自身を酒器として楽しむと言うプレイなのですが、そこから少し漏れて膣内に流れ込み酔っ払ってしまうと言う例も多々あります。上記の事から考えるとこれも結構危険なプレイなんですね。