JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

【シリア難民がん支援】タハニさんとテレビ電話

ヨルダンにやってきました。
ダラーから避難しているイマッドさんは、2013年から一年半ほど、「希望の足」プロジェクトで、バンを運転し障害者の移送支援を手伝ってくれました。
イマッドさんが私がヨルダンについたことを知ってホテルを訪ねてくれました。

2015年、イマッドさんに何とか助けてあげてほしいとお願いされたのが、タハニさんです。
腫瘍が転移し危険な状態で、結局キングフセインがんセンターからも治療を続けても容態は良くなることは難しいと言われ、痛み止めをJIM-NETがイマッドさんにお願いして支援をしていました。

2016年度のチョコ缶のバラの花を描いてくれたのがタハニさん。
20108357_10155497638839076_8495435363792803423_n

昨年9月にイギリスに難民として受け入れてもらえました。
そして数カ月前には、シリアにいたお父さんも家族呼び寄せで合流しました。足を切断するかどうか悩んでいたようですが、切らずに様子を見ることになりました。
歩くのは難しいので、訪問看護を受けているようです。

送られてきた写真の表情が元気がなかったので心配していたのですが、イマッドさんが携帯でつないでくれ、少し話すことができました。
痩せているようですが、元気にしゃべってくれたのでとても安心。

イギリスの人たちはとても親切だとのこと。日本も、難民をたくさん受け入れる必要はないと僕は個人的に思いますが、数が少ないなら、やっぱり最も困難な状況にあるタハニさんのような家族を難民として受け入れてほしいなと思っています。
タハニのケースは、僕たちが、緩和ケアをやっていくうえでも、そして難民の受け入れという観点からも参考になります。

そんなことは差し置いて、タハニがとても元気そうだったので、うれしくなりました。
先ずは報告まで。ぜひビデオもごらんください。
https://www.facebook.com/JapanIraqMedicalNetwork/videos/1510466285687884/

佐藤(事務局長)

【ヨルダンの女性障害者の社会参加支援】

先日、記事をアップしましたヨルダンでシリア難民女性障害者の人たちが作った人形劇は、どのようなお話だったかというと...

《人形劇のあらすじ》
車いすの歌手と障害のない歌手が、ステージで歌を披露し喝采を受けています。
歌い終わってステージを降りるときに、それを見ていた男の子が「助けてあげなくちゃ」と声もかけずに車いすを押したために、歌手は車いすから落ちてしまいました。
男の子は慌てて「落とすつもりはなかったんだ。手伝おうと思ったんだ」というのですが、そこで車いすがしゃべります。
「声をかけずに急に押したら危ないんだ。助けがいるかどうか、まずは本人に聞かないと」。
それで男の子が「これからはそうするよ」と言い、2人の歌手と男の子が一緒に歌を歌っておしまい。
==============================

このお話ができるまで、本当にたくさん話し合いをしたんです。「私たちはできる」というのを車いすの歌手が表し、「支援が必要かどうかも自分で言えます」というのを男の子の行動で表しました。
人形もだんだん上手に作れるようになりました。
最初の作品を見た人は「これを見たら子どもが怖がる」って思ったそうですが、本番のはどの子どもも怖がってなかったです。

人形劇あらすじ

人形劇のあらすじ

写真はこれまでに作った人形(どれが本番で使われたでしょう?)としゃべる車いす。車いすに口がついていた方がわかりやすいのではないか、と私は思ったのですが、どうでしょうか?

(内海)

【無事にモスルに薬が届きました。】

7月15日、JIM-NETの車に一時帰国中のリカ―先生が乗り込み、アルビルからモスルのイブンアシール病院に薬を無事に届けることができました。

薬到着
(イブンアシール病院のスタッフとリカー先生・左端)

リカー先生はモスル出身でイブンアシール病院で小児がんの治療を行っていましたが、2014年にモスルを「イスラム国」がモスルを制圧したため、日本に避難し、信州大学で研究を続けていますが、この度、様子を見るために帰国中でしたが、3年ぶりにモスルを訪れることになり、JIM-NETの薬を届けてもらいました。

薬到着

今回、抗がん剤6000ドル分を購入。
イブンアシール病院の責任者であるナシュアン先生は、「日本のみなさんがモスルのために薬を届けてくださり、感謝の気持ちを十分に表現する言葉が見つかりません。私は、津波と原発事故が起きた時、日本のみなさんが力を合わせて苦境を乗り越えた姿に感動し、そのことを思い出し、勇気をもらいました。ISは去っても、まだ、政府からのクスリは届いていないので、日本からの支援は本当にありがたい」
ISから1月に解放されてからほぼ半年たち、病院の機能は85%にまで回復しているそうです。

薬到着
(イスラム国が逃走する際に火を放った跡)

また、3年ぶりに病院を訪れたリカー医師は、かつて自分が診察した患者の数名に再開し、「私の病院に帰ってきました」と興奮気味。厳しい状況の中でも患者を診察し続けた同僚たちをねぎらっていました。「まだまだ大変な状況が続きますので、是非支援を引き続きお願いします」


JIM-NETでは、3年ぶりにモスルの支援を再開しました。
支援を続けるために是非ご寄付をお願いします。
クレジットカードでも寄付ができます。
詳しくはこちら⇒
 http://jim-net.org/support/donation.php

(佐藤 真紀)

【ヨルダンより女性障害者の社会活動報告】

JIM-NETは、ヨルダンで社会参加の機会が限られている女性障害者の活動を支援しています。

彼女たちが人々に伝えたいメッセージは、「私たちは自分たちでいろんなことができる」と、「助けが必要かどうかは自分で伝えるので、黙って勝手に手を出さないで。危ないから」ということ。それを特に子どもたちに伝えようと人形劇を作りました。

人形劇
(手作り人形劇のはじまりはじまり〜)

お話を作るのも、人形を作るのも、舞台設定も全部メンバーで話し合って、紆余曲折(ちょっとオーバー)の末に、今日初めての公演をしました。最初に歌を歌って子どもたちの関心を舞台に引き寄せ、人形劇を始めると、みんな引き込まれていました。演者も練習の時よりもよくできたと思います。
終わった後で、「どうだった?」と聞いたら、「始まるまではすごく緊張したけど、子どもたちの反応がよかったから途中からのってきた」とか、「思ったよりもうまくできた」と興奮気味に話してくれました。

人形劇

子どもたちの反応は、「よくわかった」という人と「障害者がいることがわかった」という人と、年齢によって理解がまちまちであることがわかり、次の公演に向けて修正すべき課題もみつかりました。
3月から今日まで、6月のラマダンを除いて毎週土曜日に集まって準備してきた人形劇が無事にできたことがまずはよかったです。話し合いを続けることは結構大変ですけど、人形劇を展開させていくために彼女たちの挑戦が続きます。
応援よろしくお願いします。

(内海)

-------------☆お知らせ☆--------------------
シリア難民障害者支援の現状について、事務局長の佐藤と海外事業担当の内海が最新の状況をお伝えするイベントを開催します!
皆様のお申込をお待ちしております☆

【8/4(金)シリアNOW! ~難民支援の現場から〜】

7年目に入ってしまったシリア紛争により、国外に逃れる人の数は増え続けて500万人を超え、隣国ヨルダンには66万人を超えるシリア難民が暮らしています。JIM-NETは、特に難民が急増した2013年から、ヨルダンに暮らすシリア難民の負傷者・障害者支援を実施しています。

不安定な生活を強いられているシリア難民の人たちを取り巻く状況は、他国への移住、シリアへの帰国、ヨルダン国内での移住など、彼らを取り巻く状況は常に変化しています。

今回は、毎日、シリアに関する複数のメディア情報を整理・発信している東京外大の青山先生をお迎えし、シリア国内の状況についてお話し頂くとともに、7月末にヨルダンから帰国した直後の佐藤真紀と内海旬子が最新の現地情報をお伝えいたします。

【登壇者】
青山弘之(東京外国語大学教授)
佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
内海旬子(JIM-NET海外事業担当)

◆日時:2017年8月4日(金) 18:45〜20:30 (開場:18:30)
◆会場:文民教育協会 東京子どもの文化研究所
   (東京都豊島区目白3-2-9・JR目白駅徒歩3分)
◆参加費:1,000円(JIM-NETサポーターは無料)
    ※当日、受付にてお支払いください。
◆お申込:JIM-NET 03-6228-0746/info-jim@jim-net.net
申込フォーム:https://goo.gl/P8g7td
◆定員:50名

-----------------------------------------------------------------

【薬6000ドル分をモスルのイブンアシール病院へ】

ここのところアルビルは、連日50度近い気温でへばり気味のスタッフ。

モスルへの薬
(気温50度の中で、がんばってるスタッフ!)


モスルのイブンアシール病院へモスルの医師が薬を届けてくれることになり、準備をしています。同時にナナカリ病院(アルビル)への医薬品も発注。7000ドル分が手に入りそうです。
ご支援くださった皆様ありがとうございます☆

モスルへの薬➁モスルへの薬

(佐藤 真紀)

【JIM-NETハウスに蘇るサブリーンの絵画たち】

2009年にこの世を去ったサブリーン(当時15歳)の絵が、この度JIM-NETハウスの壁画として蘇りました。

Sahara&Farah

サブリーンの絵はこれまでもチョコレートの缶の絵にもなり、記憶にある方もいらっしゃるかと思います。
この壁画を描いてくれたのは、ボランティアでJIM-NETに関わってくれているバグダッド出身のエルビルの大学に通う姉妹・サハラとファラハ。大の日本好き、そして絵を描くのが好き姉妹です。
妹のファラハは自分で漫画を描いているほど。彼女たちにこの壁画をお願いした際に、サブリーンの動画を見てもらったのですが、以下のようなコメントがありました。
サブリーンの動画と共にご覧頂ければと思います。
サブリーンから彼女たちは一体何を感じたのでしょうか。

Sahara&Farah

+++++
サブリーンの描いた絵をJIM-NETハウスに描くにあたって、サブリーンの紹介ビデオを見た私たちは胸が張り裂けそうな程心苦しかったわ。
でもそんな中、最も印象に残ったことは、日本の人たちがこんなにもサブリーンに愛情を注ぎ、支えてきたかということ。そして彼女は病気だったけれど、彼女の生活に多くの幸せを注ぎ込んだかということです。
日本の人たちの愛情は彼女を強くさせ、病気と闘う勇気を与えていたと思うの。
サブリーンはもうこの世にはいないけれど、彼女の生きた姿はきっとすべてのがんの子どもたちのとっていい鑑になるんでしょうね。

闘病中でも、喜びと情熱の中で生きようとしたサブリーン、私たちが今できることは彼女が残した絵を永遠のものにすることー。
彼女の絵を見ながら、私たちはできるだけ彼女の感覚と感性を再現できるようにと心掛けたわ。
彼女が何を考え、どんな思いこの絵を描いていたのだろうかと。そしてこの絵にはどんな意味が込められいるのか?
私たちは、彼女の絵からそういった思いを汲み取ろうと心掛けていたの。
彼女は絵を描く際、まず「希望」を描こうとしてたことが分かるわ。多くの絵には人間と共に花が描かれていて、それはきっと自分自身にも愛と希望を与えてのでしょうね。
+++++

サブリーンの動画:https://www.youtube.com/watch?v=JB-HrwwQu5Y

☆special thanks to SAHAR&FARAH☆

(斉藤)

【エルビル事務所:ニューフェイスの紹介】

7月よりJIM-NETに新たなスタッフが2名加わりました。

まずは一人目、つい先日まで大学生だったバルザン(23歳)。
New staff
(バルザン)

ソーシャルワーカーとして活躍してくれる予定です!
実は以前もJIM-NETを手伝ってくれていたバルザン。
JIM-NETで働くことができて嬉しいとやる気満々、またエルビル事務所が賑やかになりそうです。



もう一人はJIM-NETハウスで食事を作ってくれているヘロさんです。
New Staff
(ヘロさんと娘のリダちゃん)

ヘロさんの料理は絶品でして、利用者からの評判もとてもいいのです。
娘のリダちゃんはスタッフたちのアイドル!(3人目のニュースタッフかも???)
皆様、是非お見知りおきを!
(ヘロさんの料理が食べたいと切望する東京事務所スタッフ一同です☆彡)

(斉藤)
記事検索
難民支援ご協力のお願い
JIM-NETではイラク戦争時に難民になった人々や、シリアの内戦で、イラクやヨルダンに避難してきたシリア難民の医療支援を行っています。
難民支援に募金をお願いします。
郵便振替口座 00540-2-94945  口座名:日本イラク医療ネット 通信欄に 「難民支援」とお書きください。クレジットカードでも募金できます。難民支援を選択してください。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
お気に入り
JIM-NETニュース
現地スタッフのブログです。
ぜひご覧ください!

JIM-netNEWS
動画ニュース配信中!

世界ぐるぐる
JIM-NET看護師の個人ブログです。

佐藤真紀のブログ-イラク編
JIM-NET事務局長のブログです。

日刊 なげださない
JIM-NET代表 鎌田實のブログです。

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
JIM-NET設立メンバー 鎌仲ひとみ監督の最新作。




JIM-NET構成団体のHPです。
アラブの子どもとなかよくする会
イラク医療支援・通販生活
子どもの平和と生存のための童話館基金
日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
劣化ウラン廃絶キャンペーン(CADU-JP)
スマイルこどもクリニック
「サダコ」・虹基金



化学兵器CAREみらい基金ブログ
化学兵器CAREみらい基金 の活動内容の紹介や各プロジェクトの紹介、そして旧日本軍遺棄化学兵器に関するニュースや被害者の声などを紹介していくブログです。


JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
http://jim-net.org/choco/ 「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている 冬季限定の募金キャンペーンです。 一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。 募金は以下の活動に使われます。  ・イラクの小児がん医療支援   ・シリア難民・イラク国内避難民支援  ・福島の子どもたちを放射能から守る活動 チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。 今年のテーマは「いのちの花Part2 Chocolate for Peace」です。 イラクのがんの子どもたちが本当の花を手に取り、描いた。 そこには命があり、物語がある。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ