jim_net

JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

16 8月

【イラク大使館を表敬訪問】

少し前になりますが、8月4日のサッカー開幕戦であるイラクとデンマーク戦の前に、JIM-NETは、在日イラク大使館を表敬訪問。イラクの勝利を祈願しました。

大使がイラクに帰国中ということで、ラハマーン首席公使が面談してくださいました。公使は、まだ日本への赴任10日目とのこと。JIM-NETのイラクでの活動の報告を簡単に行うと、「日本の皆様の支援に感謝しています。是非これからも、人道支援を続けてほしい」とおっしゃっていました。
イラクの勝利を祈ってサカベコを作っていただきました。

イラク大使館訪問イラク大使館訪問➁イラク大使館訪問イラク大使館訪問
(佐藤真紀)

-----------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。
(プロジェクトの第1弾はイラクです!詳細はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo

【イベント第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【イベント第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/

そしてパルシステム東京さんでのイベントはこちら!
【8月27日(土)】ピースフェスタ2016
パルさんの「平和月間2016」企画の一つとして開催されます。JIM-NETの佐藤事務局長も登壇します!
詳細はこちら⇒http://www.palsystem-tokyo.coop/event/archive/022672.php
16 8月

【サダーカさん主催の写真展@大阪】

8/15(月)より、シリア支援で協力しあっている「サダーカ」主催の写真展が大阪2カ所で同時開催です!
8/21(日)には映画上映とトークもあります。
お近くの方はぜひご参加ください!
FBページはコチラです⇒https://www.facebook.com/events/983823398404026/

シリア写真展シリア写真展➁
(大嶋)


東京近辺のイベントはこちら↓

-----------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。
(プロジェクトの第1弾はイラクです!詳細はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo

【イベント第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【イベント第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/

そしてパルシステム東京さんでのイベントはこちら!
【8月27日(土)】ピースフェスタ2016
パルさんの「平和月間2016」企画の一つとして開催されます。JIM-NETの佐藤事務局長も登壇します!
詳細はこちら⇒http://www.palsystem-tokyo.coop/event/archive/022672.php


16 8月

【8/27(土)ピースフェスタ 2016@パルシステム東京に佐藤事務局長が出ます!】

チョコ募金の取り組みや平和カンパ、イベントでも様々なスタイルでジムネットを応援下さっている生活協同組合パルシステム東京さん。
昨年の今頃は、白血病を克服したハウラを迎え、お料理やサカベコワークショップ、報告会もご一緒下さいました。

8月から10月末日までを「平和月間2016」とされ、様々な企画を進めていらっしゃいます。佐藤真紀事務局長も8/27に開催されるピースフェスにパレスチナ子どものキャンペーン、AARのご担当者とともに登壇予定です。
13:30〜「中東の紛争・難民問題から平和を考える」トークセッションでは司会を務めます。
パル組合員さんでなくても参加可能です。事務局長も新しいパワポ資料を作成中ですので、
是非、ご参加下さい。事前のお申込みをお忘れなく!
詳細はこちら⇒http://www.palsystem-tokyo.coop/event/archive/022672.php
(崔)


そしてこちらのVR(バーチャル・リアリティ)のイベントも是非ご参加下さい!⤵

-----------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。
(プロジェクトの第1弾はイラクです!詳細はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo

【イベント第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【イベント第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/
16 8月

【イラク・モスルから逃れて来た小児がんの子ども・ユニス君】

先日ご報告したデバガキャンプの避難民の中にも、小児がんの子どもたちがいました。

写真に写っているのが、3歳のユニス君です。脳腫瘍を患っています。もともとデバガから近いマハムール出身でしたが、2014年に南方のサラハディーン県に「イスラム国」の脅威が迫り、モスル方面に逃れました。その後、モスルが陥落し「イスラム国」支配地域で約2年暮らしていました。
ユニス君
ユニス君

ユニス君の家族は4人の子どもがいますが、一番下のユニス君が小児肝がんを患い、モスルのがん病院に通っていました。「イスラム国」の監視下で手術を受けましたが、その病院には薬が不足し、手術後の化学療法で必要な薬もなく、自分たちで買わなければいけませんでした。

もともと父親は、政府機関に勤めていましたが、出身地から逃げたという事で職を失い、収入がない状況でした。十分な治療も行えなく脳にもがんが転移したのに加え、イラク政府軍と武装勢力との戦闘で治安が悪化していたため、避難を決意します。2ヵ月前のある金曜日、礼拝時間にひと気がない瞬間を狙って、モスルからクルド自治区近くまで逃れてきました。

現在は、デバガキャンプに移り、アルビルのナナカリ病院で治療を再開しました。キャンプでは、3家族20人と一緒の部屋で生活をしているとのことです。時々、ユニス君は鼻や耳から出血するのですが、キャンプのクリニックでは対応できないため、その都度40分かけて市内の病院まで来ています。病院で話を聞いていた時にも、いつの間にか鼻血が垂れてきていました。

JIM-NETでは、緊急支援においても、小児がんの子ども達が治療を受けられるようにサポートしています。現在、ユニス君には、キャンプから病院までのアクセスと、自己負担分の薬代をサポートしています。

ユニス君➁
(榎本)

-----------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。
(プロジェクトの第1弾はイラクです!詳細はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo

【イベント第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【イベント第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/
15 8月

【クルド難民のアザットさん来日中】

デンマークで暮らすクルド難民のアザッドさんが来日中。8月20日まで滞在し、関係者と難民問題に関して意見交換する。

アザッドさん(28歳)は、カカイ教徒のため親がイランで迫害を受け付け、イラクに逃れた。
アザッドさん自身は、イラクのアンバール州の難民キャンプで、生まれ育ったが、サダム政権崩壊後は、迫害がひどくなりヨルダンに避難しようとするが、ヨルダンは受け入れを拒否したためノーマンズランドで暮らすことに。

彼は2012年に、単身で、キャンプを脱出し3ヶ月かけて、デンマークにたどりついた。
デンマークでは、難民認定され、市民として学校に行き新しい生活が始まった。

しかし、2014年、イラクではISが現れ、アザッドの家族が暮らす難民キャンプも襲撃を受けたのだ。家族たちは、アザッドを頼り、クルドの山を越え、デンマークを目指す。シリア難民に混ざっての移動は、国際社会のサポートもあり、なんとか無事にデンマークにたどりつくことができた。家族たちは、収容施設で、インタビュー審査を待っている。

今回、アザッドが来日するのは2回目。NGO関係者や大学生、国連機関とも、難民問題に関し、意見交換する。個別に取材されたい方は、事務局 佐藤まで。03-6228-0746

アザットさん
笑顔がとても素敵なアザットさん、なんと7か国語も話せます!

(佐藤真紀)
15 8月

【イラク・デバガキャンプへ医療支援】

8月3日は、「イスラム国」によるヤジディ教徒への迫害が始まってから2年になりました。この間にも、多くの人々が国内避難民としてイラク各地に逃れてきました。現在、「イスラム国」の拠点となっているイラク北部ニナワ県のモスルを奪還するため、モスル奪還作戦が進められています。この奪還作戦が本格的に始まれば、約150万人の人々が新たに国内避難民になると予想されています。すでに330万人以上の国内避難民が出ているので、500万人近い人々が避難民になると言われています。

最近では、気温50度を超える日もあるイラク。武装勢力や戦闘・空爆から逃れるために、モスル周辺からクルド自治区のアルビル郊外に避難してきています。先日も避難所の一つDebagaキャンプに再度医薬品を届けました。この避難所周辺には1日千人単位の人々が逃れてくると言われています。炎天下の中、熱中症になる人も多く、キャンプのクリニックは避難民でごった返しています。しかし、薬などの医療品が全く足りていません。ぐったりした子どもを抱えるお母さんがクリニックの外で座り込んでいたり、気分が悪くなって嘔吐する子どもの背中を心配そうにさするお母さんの姿がありました。

モスル奪還作戦で新たに逃れてくる避難民のために、新しいキャンプがつくられていますが、そのキャンプの医療体制もまだ整っていません。今逃れている避難民や、今後増え続ける避難民への緊急支援を計画していますので、皆様のご協力お願い致します。
http://jim-net.org/support/donation.php
(イラク国内避難民支援は「難民支援(イラク)」をご指定下さい)

デバガキャンプデバガキャンプ➁デバガキャンプデバガキャンプデバガキャンプデバガキャンプ
(榎本)


-----------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。
(プロジェクトの第1弾はイラクです!詳細はこちら⇒https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo

【イベント第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【イベント第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/


15 8月

【VR(バーチャル・リアリティ)で平和を作る行動へ】

VR(バーチャル・リアリティ)を使って、イラクのことを知ってもらおう。そして、平和を作る行動へと。
石井光太/安田菜津紀/佐藤真紀の3人が中心となって、次世代の平和教育、開発教育を考えています。

VR(バーチャル・リアリティ)を使って、イラクの難民キャンプの様子を再現。そこからどうやって平和へのアクションにつなげていくのか、新たなチャレンジ。
VR(バーチャル・リアリティ)って、なかなかイメージがわかないかたもいらっしゃると思います。クラウドファンディングも行っていますので是非こちらご協力をお願いします。
https://readyfor.jp/projects/sekaimedialabo
(佐藤真紀)

------------☆お知らせ☆--------------------
セカイ・メディアラボさんのVR(バーチャル・リアリティ)を使って開発途上国の暮らしを再現し、日本の子どもたちに伝えていく活動について、メインメンバーである石井光太さんと安田菜津紀さんが、プロジェクトの内容を直接お伝えし、みなさまと交流するイベントを開催します。

【第1弾 8月20日(土) @恵比寿】
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/859328334211188/

【第2弾 8月28日(日)@鎌倉】
佐藤事務局長も登壇しますので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら⇒https://www.facebook.com/events/1132913710065506/
記事検索
難民支援ご協力のお願い
JIM-NETではイラク戦争時に難民になった人々や、シリアの内戦で、イラクやヨルダンに避難してきたシリア難民の医療支援を行っています。
難民支援に募金をお願いします。
郵便振替口座 00540-2-94945  口座名:日本イラク医療ネット 通信欄に 「難民支援」とお書きください。クレジットカードでも募金できます。難民支援を選択してください。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
お気に入り
JIM-NETニュース
現地スタッフのブログです。
ぜひご覧ください!

JIM-netNEWS
動画ニュース配信中!

世界ぐるぐる
JIM-NET看護師の個人ブログです。

佐藤真紀のブログ-イラク編
JIM-NET事務局長のブログです。

日刊 なげださない
JIM-NET代表 鎌田實のブログです。

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
JIM-NET設立メンバー 鎌仲ひとみ監督の最新作。




JIM-NET構成団体のHPです。
アラブの子どもとなかよくする会
イラク医療支援・通販生活
子どもの平和と生存のための童話館基金
日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
劣化ウラン廃絶キャンペーン(CADU-JP)
スマイルこどもクリニック
「サダコ」・虹基金



化学兵器CAREみらい基金ブログ
化学兵器CAREみらい基金 の活動内容の紹介や各プロジェクトの紹介、そして旧日本軍遺棄化学兵器に関するニュースや被害者の声などを紹介していくブログです。


JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
http://jim-net.org/choco/ 「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている 冬季限定の募金キャンペーンです。 一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。 募金は以下の活動に使われます。  ・イラクの小児がん医療支援   ・シリア難民・イラク国内避難民支援  ・福島の子どもたちを放射能から守る活動 チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。 今年のテーマは「いのちの花Part2 Chocolate for Peace」です。 イラクのがんの子どもたちが本当の花を手に取り、描いた。 そこには命があり、物語がある。
TweetsWind
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ