jim_net

JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

27 10月

11/9(水) 難民+障害 社会を変える力になる (シリア難民障害者支援報告会)

unnamed (3)

難民+障害〜社会を変える力になる〜
シリア難民障害者支援報告会
あるる 安原美佐子 × JIM-NETヨルダン事務所代表 福田直美



unnamed (1)
シリアの隣国ヨルダンには、64万人以上のシリア難民が暮らしています。

その中には、紛争で大けがを負いヨルダンに治療のために送られ、車いすや杖を使用して生活する人たちや、もともと障害があって家族とともに安全を求めて逃れてきた人たちが大勢います。

JIM-NETは、ヨルダンに暮らすシリア難民の負傷者・障害者支援を2013年から実施しており、現在は特に障害者自身の社会活動に力を入れています。

難民の障害者が自分たちで生きる力を強めていくための取り組みを、彼らの声をとともにJIM-NETヨルダン駐在員、福田直美がご紹介します。
また、JICAのシリア難民支援プロジェクトに、ピア・カウンセリング(障害のある人同士が対等な立場で話を聞き合い、共感し合い、仲間同士で支え合うことを目指すカウンセリング手法)専門家として参加し、2回の研修を実施された安原美佐子さんをお迎えします。

「難民+障害者」。困難から生まれる強さが社会を変えていく力になります。ヨルダンのシリア難民障害者にまつわるあれこれを二人がじっくり語ります。ぜひご参加ください。

c784a0ff
◆日時:2016年11月9日(水)
18:45〜20:30(開場18:30)
◆会場:クリエイティブワン秋葉原8階ラーニング・カフェ(東京都台東区上野5-3-4)
JR御徒町駅(南口)・秋葉原駅(中央改札)より徒歩7分、東京メトロ銀座線末広町より徒歩5分
◆参加費:1000円
(ジムネットサポーター、介助者は1人まで無料)
◆定員:60名(先着順)
◆主催・お問い合わせ
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)事務局
(電話)03-6228-0746、(Email)info-jim@jim-net.net

※会場の入り口に1段の段差があります。車いす用のスロープを用意します。その他、参加に際しご質問のある方は事前にご連絡ください。


◆スピーカー:
unnamed
福田直美(JIM-NETアンマン事務所代表)
一般企業に勤務後、安全保障学を学び、2007年からパレスチナにて主に保健分野のNGO事業に従事。
2012年からUNDPにてエジプトで民主化支援、その後ヨルダンでシリア危機対応の調整業務を経て、2015年より現職。
ヨルダンのシリア難民負傷者・障害者支援に携わる。


unnamed
安原 美佐子(特定非営利活動法人・あるる)
小中高と地域の学校へ通い、一般就労した後、自分が軟骨無形成症(骨の成長が不十分で身体が小さい)の障害者であることを強く意識するようになった。その後、ピア・カウンセリングと出会い、「自分らしくありのまま生きていこう」と決めることができた。現在、日本各地や途上国でピア・カウンセリングを紹介する活動を行っている。

27 10月

10/30(日)シリアのカボチャを食べよう!佐藤真紀のハロウィン帰国報告会

~~~お知らせ~~~
『シリアのカボチャを食べよう!佐藤真紀のハロウィン帰国報告会』と題していた今回のイベントですが、当初はシリアのカボチャの種から育てたカボチャで作ったジャムを持ち帰る予定でした。 
しかしカボチャを育てているローリンお父さんが、まだシリアのカボチャは当分、寝かせる必要があるとのことで、急遽、イラクのカボチャで白血病を乗り越えたローリン家族がジャムを作ってくれたジャムをお出しします!。イラクのカボチャを味見するこの機会をお見逃しなく☆彡
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

イラクから帰国直後の佐藤事務局長が、難民キャンプのローリン親子を始め、
2017チョコ募金の絵を描いてくれた子どもたちについて熱く語ります!
14732321_1238430822891433_406721514664420236_n
ローリンが描いてくれたカボチャの絵です。
ローリンはシリアのカミシリ生まれ。ダマスカスで白血病の治療を受けていましたが、内戦が激しくなり、国境を超えて、イラクのシリア人難民キャンプに収容されました。その間治療を受けられずに悪化しましたが、お父さんがJIM-NETの門をたたき、治療を再開することができました。

現地の様子を聞きながら、手作りの和菓子を楽しめるハロウィンイベントにご参加下さい🎃


◆日時:2016年10月30日(日) OPEN13:30/START14:00
会場:子どもの文化研究所 (JR 目白駅徒歩3分、地図はこちら
◆要予約:03-6228-0746/https://goo.gl/5O0U2m
◆参加費:1,000円 (デーツあん入り大福とシリアのカボチャジャム入り白玉、お茶つき)

※仮装で来場下さった方には小さなプレゼントを差し上げます。
※DAIFUKU challenge for PEACE さんのご協力で、
イラク産デーツ入り大福と
ローリン親子のカボチャジャム入り白玉が登場いたします。お楽しみに!

14702262_1238430826224766_8539515422862113427_n


ローリンのお父さんのカボチャへの想いを書いた記事はコチラです。
http://jimnetnews.exblog.jp/24756415/

14500690_1234242969976885_6474484985151288545_o

今回のチョコ募金2017のデザインは、ローリンが描いてくれたオリーブの花です。
(JIM-NETが応援している福島の「いわきオリーブプロジェクト」の木にローリンの缶を飾ってみました)

21 10月

【チョコ募金】 袋詰め作業ボランティア募集!

事務所にチョコが届きました!
4缶ワイン色バック
4缶パッケージ写真

今年も素敵なデザインに仕上がりました!
今年のテーマは「いのちの花 Part3」です。
さっそく来週からチョコ缶&カードを袋に詰めてくださるボランティアさんを大募集しますので、お時間ある方はぜひお手伝いをお願いします。


10/25〜平日10:00〜18:00の間でお手伝い頂ける方は、ぜひご連絡くださいませ。
info-jim@jim-net
03-6228-0746
※豊島区高田3-10-24第二大島ビル303(高田馬場より徒歩7分ほど)
http://jim-net.org/aboutus/map.php
----------------------------------
「いのちの花」は 2015 チョコから続いているテーマです。
イラクやシリア難民のガンの子どもたちが「本当の花(生花)」を見ながら描くことで元気になり、命のかけがえのなさ、生きていく力強さを伝え、募金者の皆さんと分かちあいたいと思います。
日々Facebookでもお伝えしていますが、イラク・シリアでは紛争がエスカレートして、避難してくる難民や国内避難民の中にもがんの患者さんがいます。私たちが10年以上支援してきてもイラク国内は十分な治療体制は整っていません。国外で治療したいとヨーロッパを目指す患者たちもいます。
今、国境を超えた支援体制が必要です。
ヨーロッパに避難した難民たちは、イラクにいるがんの子どもたちのことを心配しています。そのような気持ちをつなぎたいと思い、ヨーロッパで彼らを訪ね、絵を描いてもらいました。
そして、イラクやヨルダンで治療中のシリア難民の子どもが描いてくれた絵も加え、ヨーロッパでデザインを作りました。

受付は12/1です!今しばらくおまちください。

---------------------------------
11/19チョコ募金 キックオフイベントのお知らせ
光を世界へトップページ用バナー

http://jim-net.org/blog/news/2016/10/1119-wo.php
6 10月

11/19 チョコ募金キックオフ チャリティトーク&コンサート【光を世界へ】

上部分


2017チョコ募金キックオフ
☆光を世界へ☆チャリティトーク&コンサート


2016年11月19日(土)
18:30開場/19:00開演 
南大塚ホール

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)がイラク戦争後からイラクの小児がんと白血病の子ども達の支援に取り組んで12年目を迎えました。戦争から長い年月が経過しましたが、現地のインフラは整わず、病院や学校も疲弊している状況が続いています。イラクやシリアでの紛争の激化で急増した難民や国内避難民の中にもがん患者さんが存在しており、国外での治療を希望する声に触れることも多くなりました。
 
難民に関する報道が多かった2016年も残り僅かとなり、冬季限定キャンペーンとして取り組んでいる「チョコ募金」が12月1日から始まります。
日頃からJIM-NETの活動を応援してくださっているゲストをお迎えし、「平和」への願いと祈りを込めた音楽とトークの集いを開催いたします。

出演
ウォン・ウィンツァンさん(ピアニスト・作曲家)
湯川れい子さん(音楽評論家・作詞家)
斉藤とも子さん(女優)
鎌田實(JIM-NET代表理事・医師)

会場
南大塚ホール
JR山手線:大塚駅南口より 徒歩約5分
都電荒川線:大塚駅前より 徒歩約5分
地下鉄丸の内線:新大塚駅より 徒歩約8分
http://www.toshima-mirai.jp/center/h_otsuka/

入場料
3000円(前売り券)/3500円 (当日券)
小中高生1000円/幼児無料

【お申込み方法】
以下の郵便振替口座にチケット代を必要枚数分お振り込みください。
お振り込みを確認次第、チケットをお送りいたします。
◆お振り込みの締め切りは11月11日(金)です。
◆全席指定席(お申込順)

郵便振替口座 00540-2-94945 日本イラク医療ネット
*振替用紙に「11月19日チケット代」とご記入のうえ、枚数をご明記ください
*JIM-NETのHPより、カード決済もご利用いただけます。http://jim-net.org/support/donation_event.php

主催・お問い合わせ
日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
03-6228-0746/080-4837-4015
info-jim@jim-net.net
〒171-0033東京都豊島区高田3-10-24-303


●ウォン・ウィンツァンさん(ピアニスト・作曲家)
1949年神戸にて、香港出身の父、日本と中国のハーフの母との間に生まれ、1歳より東京で育つ。
NHK「にっぽん紀行」や Eテレ「こころの時代」のテーマ曲でも知られる音楽家。
92年サトワミュージックを発足、30タイトル近くのCDをリリース。代表作に「Doh Yoh 童謡」「ASIAN DOLL」「光の華」など。
1999年、地雷犠牲者救援CD「もしも地雷がなかったなら」を発表。
2016年6月、湯川れい子氏をはじめ音楽仲間の協力を得て、熊本地震チャリティコンサートを主催。最新盤「光を世界へ〜Yes All Yes〜」(Single CD)は、初めて作詞を手がけた平和へのメッセージ・ソング。 CD の収益全額をJIM-NETを含むNGO 4団体への寄附として、平和への活動を応援中。


●湯川れい子さん(音楽評論家・作詞家)
東京都生まれ、山形県米沢で育つ。
昭和35年、ジャズ評論家としてデビュー。のち、ロック・ポップス、音楽全般を解説。早くからエルヴィス・プレスリーやビートルズを日本に広め、作詞家としても活躍。代表的なヒット曲に『涙の太陽』『ランナウェイ』『センチメンタル・ジャーニー』『六本木心中』『恋におちて』など作品多数。
近年は、環境問題などを含め、次世代の育成にも力を注いでいる。
日本作詩家協会顧問 /日本音楽療法学会理事 / 国際連合世界食糧計画WFP協会顧問 / 滋慶学園グループスクール・オブ・ミュージック専門学校名誉校長 他


●斉藤とも子さん(女優)
神戸市出身。 1976年、NHK少年ドラマ「明日への追跡」でデビュー。主な出演作品:TV「青春ド真ん中」「男たちの旅路・車輪の一歩」「若い広場〜マイブックコーナー」。映画「ひめゆりの塔」「永遠の0」「海難1890」「無伴奏」。舞台「きらめく星座」「父と暮せば」「かもめ来るころ」「熱風」「痕跡」「嘘より甘い」「静かな海」など、様々な分野で活動。
1999年、井上ひさし作「父と暮せば」の縁で被爆者と出会う。
著書『きのこ雲の下から、明日へ』(2005年・ゆいぽおと)で、日本ジャーナリスト会議(JCJ)市民メディア賞、平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞受賞。
社会福祉士。介護福祉士。神戸親和女子大客員教授。


●鎌田實(JIM-NET代表理事・医師)
東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県・諏訪中央病院へ赴任。内科医として地域医療に尽力し、30代で院長となる。一方、 1991年より25年間、ベラルーシ共和国の放射能汚染地帯へ100回を超える医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援してきた(JCF)。 2004年にはイラク支援を開始。イラクの4つの小児病院へ10年間で4億円の薬を送り、難民キャンプでの診察を続けている(JIM-NET)。
東北の被災者支援にもいち早く取り組み、「1%はだれかのために」と言いながら、多方面で精力的な活動を行っている。

ウォンさんの平和へのメッセージソングはこちらです!

※当日はゴスペルスパークルさん、Indiv Notesさんがコーラスで協力してくださいます。


チョコ募金とは?
 「チョコ募金」は、2006年にJIM-NETが始めたクリスマスからバレンタインデーにかけて行う募金キャンペーンです。イラクのがんの子どもたちが描いた絵を、缶と付属のカードの柄として使っています。
 缶の大きさは子どもの手のひらにちょうど載るくらい、厚さは約1センチです。中身のチョコレートは、ハート形で10枚(ミルク4、ホワイト2、モカホワイト4)。北海道の六花亭が原価で提供してくださっています。
500円以上の募金をしてくださった方に、チョコレートをプレゼントしています。
募金は以下の活動に使われます。
●イラクの小児がんの子どもたちへの医療支援
●シリア難民支援(イラク:妊産婦支援、ヨルダン:内戦負傷者支援)
●イラク国内避難民支援(医薬品や食料などの緊急物資支援)
● 福島の子どもたちを放射能から守る活動

*チャリティコンサートの会場でチョコ募金ができます!
*チョコ募金は16万個限定です。12/1受付開始です。お早めにお申込ください。


 
4 10月

10/12【南スーダンの現状と自衛隊の駆けつけ警護】 〜NGOの支援現場から視る〜

JIM-NETも参加する『NGO非戦ネット』ではイベントを開催します!

14543787_1708037886187049_6757240218977645968_o

【南スーダンの現状と自衛隊の駆けつけ警護】
〜NGOの支援現場から視る〜


自衛隊への「駆けつけ警護」の任務付与で揺れる南スーダンですが、なかなか現地のことが伝わってきません。

一年来となる「NGO非戦ネット公式イベント」では、実際に南スーダンで避難民の支援活動にあたる日本国際ボランティアセンター(JVC)スーダン事務所代表の今井高樹さんをお迎えして、現地の状況をお話いただきます。
聞き手は自衛隊のPKO問題に詳しい布施祐仁さんにおねがいします。

現地のことを知れる貴重な機会です。
ぜひお誘いあってご参加ください!

■日時:2016年10月12日(水)19:00~20:30
■資料代:1,000円
(NGO非戦ネット加盟団体の会員は500円、高校生以下は無料)
■場所:築地本願寺講堂
(本堂に向かって左手、門法ホールの2階)
■定員:80人
■主催:NGO非戦ネット
■お申込み:以下のフォームからお願い致しますgoo.gl/6Grmpw
(参加人数の把握にご協力ください)

詳しくは公式HPをご覧ください。
http://ngo-nowar.net/2016/09/27/event_official/


---------------------------------------
JIM-NETからのお知らせ
現在、冬のキャンペーン「チョコ募金」では
短期アルバイトを募集しております。
詳しくはコチラをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/52466494.html
30 9月

【チョコ募金】事務スタッフ 短期アルバイト募集!

ご応募ありがとうございました。
スタッフが決まりましたので、こちらは募集を終了いたしました。





-----------------------------------------
事務スタッフ
短期アルバイト募集!
-----------------------------------------
職  種:事務スタッフ
仕事内容:チョコ募金の受付Excel作業や付随する事務作業、及び電話受付、イベント運営など。
契約期間:2016年11月14日(月)〜2017年2月28日(火)
     (年末年始休み:12/29〜1/3)
時  給:932円(交通費は別途支給致します)
勤 務 地 :JIM-NET東京事務所 (高田馬場駅より徒歩7分)
時  間:月曜〜金曜 11月:10時~18時/12・1・2月:9時〜18時(昼休1h)
     祝日は休み。基本週5日だが応相談。
土日祝にイベントがある場合は勤務をお願いすることがあります。
資  格:特にNGOやコールセンターでの経験は必要ありませんが、
     パソコンのタイピングがスムーズに出来る方、地道なExcel入力作業を厭わない方を募集します。
そ の 他:労災・雇用保険有り


◆履歴書は郵送またはe-mailで受け付けます。 (2016年10月31日消印有効)
〒171-0033 東京都豊島区高田3-10-24-303 日本イラク医療支援ネットワーク
info-jim@jim-net.net
※ 書類選考の上、選考通過の場合のみ、面接のご連絡を差し上げます。
※ 応募書類は返却いたしません。こちらで適切に処分させていただきます。
※受付状況により、早めに募集を締め切ることがありますのでご了承ください。


◆問い合わせ
 平日10-18時 03-6228-0746 (JIM-NET事務局 担当:大嶋/芦澤)
 メール info-jim@jim-net.net

◆日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)とは。http://jim-net.org/

イラクの小児がんの医療支援、イラク・シリア難民支援、
福島の子どもたちを放射能から守る活動を行う
NGO・企業・小児科クリニックが集まるネットワークです。

イラクでは、小児がん・白血病が増えています。
湾岸戦争やイラク戦争で使われた『劣化ウラン弾』による被ばくが原因ではないかと言われています。
日本では、広島・長崎の関係で、白血病に関する関心が高く、
いくつかのNGOが既に薬の支援などをしてきました。
今後更なる支援の効率を上げるためには、援助の重複を避け、
役割分担を明確にした調整と医療の専門性が必要です。

そこで、医療支援を行っているNGOや関心のある医師たちと
2004年にネットワークを立ち上げました。

2011年からは福島支援・シリア難民支援も行っております。


◆チョコ募金とは。http://jim-net.org/choco/ ※前回の2016年キャンペーンのページです。

クリスマス〜バレンタイン時期に行なう募金キャンペーンです。
一口500円以上の募金をしてくださった方に、お礼にチョコレートをプレゼントしています。

チョコレートの缶はイラクやシリアの子どもたちの絵を使い、
チョコレートは北海道の六花亭さんにご協力いただいています。
目標は16万個です!

_MG_3198

チョコレートはかわいいハートの形をしています。
26 9月

【「あそびのひろば」@玉川村 訪問記】

9月22日に福島県石川郡玉川村にあるたまかわ文化体育館を訪問しました。
ここではJIM−NETが、今年度資金協力する(特活)日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)が支援し、(社)ふくしまをリハビリで元気にする会の主催による「あそびのひろば」を見学しました。

この活動は約2年前から始まり、福島第一原発事故の影響によって屋外で遊ぶ機会の少ない自閉症や発達障害の子どもたちに自由にのびのびと遊ぶ場所と機会を毎月1回程度提供しています。
会場となる体育館の中にはボランティアの方によって特製の滑り台やエアクッションなど手作りを含む数々の遊具を設けられ、作業療法士で団体理事長の岡本宏二先生指導の下、近隣から駆け付けた多くの学生ボランティアが子どもたちとダイナミックな「遊び」を展開していました。

このように感覚統合的な「遊び」は身体への刺激を与えることにもなり、子どもたちは自ら学習、成長していくことができるそうです。岡本先生は参加した親御さんに対しても子どもたちとの関わり方と正しい理解にについて的確なアドバイスをしています。また同時にボランティアの中には将来福祉に関わる学生さんも来ていて良い学習の場となっています。

今後は現在段ボールを再利用している毎回手作りで簡素な遊具をより安全で持ち運びし易いものに改善したり、遊具の種類を充実していくとのことです。
子どもたちの間でテレビゲームや携帯ゲームの氾濫する昨今、これ程豊かな「遊び」の場を創り出すことはとても貴重で大切なことではないかと感じました。
玉村村玉川村➁玉川村玉川村玉川村
(大牧)
記事検索
難民支援ご協力のお願い
JIM-NETではイラク戦争時に難民になった人々や、シリアの内戦で、イラクやヨルダンに避難してきたシリア難民の医療支援を行っています。
難民支援に募金をお願いします。
郵便振替口座 00540-2-94945  口座名:日本イラク医療ネット 通信欄に 「難民支援」とお書きください。クレジットカードでも募金できます。難民支援を選択してください。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
お気に入り
JIM-NETニュース
現地スタッフのブログです。
ぜひご覧ください!

JIM-netNEWS
動画ニュース配信中!

世界ぐるぐる
JIM-NET看護師の個人ブログです。

佐藤真紀のブログ-イラク編
JIM-NET事務局長のブログです。

日刊 なげださない
JIM-NET代表 鎌田實のブログです。

映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
JIM-NET設立メンバー 鎌仲ひとみ監督の最新作。




JIM-NET構成団体のHPです。
アラブの子どもとなかよくする会
イラク医療支援・通販生活
子どもの平和と生存のための童話館基金
日本国際ボランティアセンター(JVC)
日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)
劣化ウラン廃絶キャンペーン(CADU-JP)
スマイルこどもクリニック
「サダコ」・虹基金



化学兵器CAREみらい基金ブログ
化学兵器CAREみらい基金 の活動内容の紹介や各プロジェクトの紹介、そして旧日本軍遺棄化学兵器に関するニュースや被害者の声などを紹介していくブログです。


JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
http://jim-net.org/choco/ 「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている 冬季限定の募金キャンペーンです。 一口500円の募金をしてくださった方へチョコレートを一缶プレゼント。 募金は以下の活動に使われます。  ・イラクの小児がん医療支援   ・シリア難民・イラク国内避難民支援  ・福島の子どもたちを放射能から守る活動 チョコ募金には、毎年大きなテーマがあります。 今年のテーマは「いのちの花Part2 Chocolate for Peace」です。 イラクのがんの子どもたちが本当の花を手に取り、描いた。 そこには命があり、物語がある。
TweetsWind
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ