JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

2011年06月

東日本大震災チャリティーコンサート@青戸教会

6/26(日)青戸教会で、東日本大震災のチャリティーコンサートに呼んでいただきました。
CIMG2585

CIMG2592



大学時代から一緒にやっているコーラスユニットのカメリアの野村さんも一緒に演奏してくれました♪
CIMG2588



石巻の活動内容やイラクのこどもたちのことなど、
トークを交えながら、演奏させていただきました。

約5万円の募金が集まり、
中央共同募金さんとJIM-NETに寄付していただきました。

最後は、沖縄に引き続き、
会場みんなで「上をむいて歩こう」を歌いました!


青戸教会のみなさま
JIM-NETの活動を支援してくださり、本当にありがとうございます。

(あいあい

沖縄からイラクの子どもたちへ

沖縄での絵画展・ライブ、終了しました。
ご来場くださった皆様、本当にありがとうございます!

初めての沖縄絵画展は、とてもおしゃれなkufuuでの開催でした。
CIMG2518

CIMG2519


ライブはあいにくの台風・・・・
道産子の私は、ドアや窓がガタッ!!というだけで、ドキドキしていました。
雨風が強い中、来てくださったお客様には本当に感謝です。

今回の絵画展を企画してくださった、
沖縄在住アーティストjujumoのお二人
CIMG2575
jujumoの音楽はとっても『素』。体の中にスーッと入ってきます。
でも、おしゃれで、楽しい音楽です♪

そして、私も歌わせてもらいましたー。
CIMG2549



バグダッドのジュニアオーケストラが演奏してくれた「上を向いて歩こう」を聞いて、
沖縄からもお返しに演奏したい!ということで、
みんなでうたいました!



会場だった宜野湾は、普天間基地があります。
普天間からは、アメリカ海兵隊がイラクに飛んでいます。

基地を沖縄に押し付けている罪。
アメリカの戦争を支えている罪。

深くふかく胸に刻み、歌った夜でした。


(あいあい



石巻 ハエ大発生!!

DSC_0121
歌までできて、相変わらず子どもからご老人まで毎日いろいろな人や猫がやってくる千人風呂 不動の湯ですが、このごろ招かれざる客の姿が目立って多くなってきました。

DSC_0208
お招きしたくないお客様というのはハエ。
新聞報道(毎日新聞6月23日)によれば、大量発生したハエの90%以上が食中毒の原因菌を媒介するイエバエだそうです。
ハエは海に近いほどその数も多く、これから暑くなっていくにしたがい、感染症等の健康被害への大きな不安要素となっています。

DSC_0211
永巌寺の不動の湯は、多くの方が立ち寄るコミュニティスペース的な役割も果たしているので、なるべく殺虫剤は使いたくありません。そこで今のところはハエトリ紙とハエたたき、それに最近流行のペットボトルに酢や日本酒を入れたトラップで対応していますが、とても対応しきれるものではありません。

どなたか、環境に付加を与えない有効なハエ退治の方法をお知らせください。 (く)

6/21イラクと東北、避難民と放射能、日本はどこに向かうのか

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
難民の日に考えよう
「イラクと東北、避難民と放射能、日本はどこに向かうのか」
●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
IMG_7523のコピー


■日時:6月21日(火)18:30開場19:00スタート
■会場:鉄板焼き「大都会」B1ミーティングルーム
 高田馬場駅の早稲田口を出て左へ約3分。(早稲田通りを中野方向へ)
 西友の向かい側です。http://daitokai.net/
■定員:20名(+地べた席10)先着順です。
■参加費;無料
■申込;maki_sato@jim-net.net/03-6228-0746

当日はユーストリーム中継します!!
詳しくはHPで告知します。http://www.jim-net.net
当日参加できない方でも、質問等メールで送ってください。
井下医師が答えます。


ゲスト:井下俊医師http://www.jim-net.net/media/2011/110108springtsuhan_seikatsu.jpg
     古居みずえ(ジャーナリスト)
聞き手:佐藤真紀(JIM-NET事務局長 )


-----------------------------
皆様、急遽6.21(火曜日)以下のトークライブを行う事になりました。
是非会場を覗いてみて下さい。

世界難民の日に考えよう
「イラクと東北、難民、放射能、子ども達」
緊急トークライブ

JIM−NETは、2003年のイラク戦争で、難民になった人たちの支援や、劣化
ウランの放射能汚染の問題や、小児がんの医療支援を行っていました。
イラク戦争から8年たとうとしていた今年3月、突然起こった地震と津波は、私た
ちを根底から揺るがす大惨事でした。
「日本が大変だ!何とかしなきゃ、でもイラクはどうする?」一体僕たちはどこ
に向かえばいいのか、しかも日本の放射能汚染は、イラクよりもひどくなってい
ます。この不安。。
そこで、急遽、イラクから帰国予直後の戦場ドクター井下医師とジャーナリスト
の古居みずえ、そして、中東の現場を渡り歩いてきた佐藤真紀が集まって、いろ
いろ考えてみることにしました。
この3人ですので、話は多岐にわたりますが、今考えているのは、3つのテーマで
す。

1.家を失い避難する人たち
  パレスチナ、イラクの難民と、東北の避難所から考えたこと
2.放射能汚染
  イラクの劣化ウラン弾と福島原発
3.子ども達の未来
  ガザの子どもたち、イラクのガンの子ども達、そして、日本の子ども達は?


●考える人その1:井下俊医師
徳島県出身、学生時代は物理学科に在籍していたこともあり、放射能にも詳しい。
パレスチナや、イラクで活動。JIM−NET理事
http://www.jim-net.net/media/2011/110108springtsuhan_seikatsu.jpg
●考える人その2:古居みずえ(ジャーナリスト)
1988年よりイスラエル占領地を訪れ、パレスチナ人による抵抗運動・インティファーダを取材。
8月より第二回監督作品『ぼくたちは見た〜ガザ・サムニ家の子どもたち〜』
がユーロスペースでロードショー予定。震災後は福島の飯館を取材。

●考える人その3:佐藤真紀(JIM-NET事務局長 )
パレスチナやイラクの子どもたちの絵を使ったコミュニケーション。絵本製作な
どを行ってきた。震災後は、石巻とバグダッドを往復する日々

 

難民の日イベントに出展してきました〜!

6/19 さいたまスーパーアリーナけやきひろばで行われた
J-FUNユース主催の難民の日イベントに出展してきました!
DSC_0094


日曜日の午後、家族連れも多く、みんなでランチを食べながら
音楽やトークショーを楽しむ、穏やかな時間でした!
DSC_0093
(歌手の玉城ちはるさん。)


難民の方たちの踊りを楽しみながら、
日本にも難民の人たちが居て、定住を望んでいる現実を知る・・・。
楽しみながら、学べる。
学生たちが頑張って企画したイベントでしたー!

(あいあい

JIM-NETのウェブサイトに掲載した、
難民の日に寄せた、事務局長のメッセージを転載します。


------------------------------------
2003年のイラク戦争では、多くの人びとが、家を失い難民化しました。
その数は増え続け、2009年には、国外で240万人、国内で280万人もの人が避難生活をしていました。
最近では、帰還する人もいますが、未だに、170万人が国外に、150万人が国内で避難生活を続けています。 .

JIM-NETでは、ヨルダン、シリアとイラクの国境付近に避難してきた難民の医療支援を行ってきました。
当初、彼らは、イラク戦争で逃れてきましたが、国境を越えられず砂漠で立ち往生した人たちで、ノーマンズランドでテント生活を強いられました。彼らは、もともとイラク国内にいた、イラン難民、パレスチナ難民であり、戦争により、難民キャンプが破壊され行き場を失ったのです。参加団体に呼びかけ、スマイルこどもクリニックの協力を得た健康診断を行い、治療の必要な患者の移送費、治療費を負担しました。また、JCFは、簡単な医療検査を行う事ができる機材をアルワリードキャンプに供与しました。

現在、アルワリード難民キャンプには、パレスチナ人が232名、イラン系クルド人が172名、アラブ系イラン人が94名で、合計498名がテントで暮らしています。
UNHCRがキャンプを管理しているために、最低限のライフラインは補償されていますが、生活は厳しいです。 .

日本は、イラク戦争を支持し、復興を約束しました。
当時の川口外務大臣は、経済大国に見合う難民支援をすると言いました。
しかし、イラク難民の受入れはゼロです。
先進国のほとんどの国が、イラク戦争で発生した難民を受け入れていることなどを考えてると、日本の責任は大きいでしょう。

3月11日、イラク開戦から8年年目を迎えようとしていた直前、東北に地震、津波が襲いました。家を失った人たちの心境は私たちが、イラクの難民キャンプで出合った人たちのことを思い起こさずにはいられませんでした。

JIM-NETでは、石巻の避難所での支援活動を開始しました。イラクからも応援のメッセージ・イラク大使館の支援や募金が届きました。
避難所のリーダは、「皆さんの支援がありがたい。毛布とか、あまったものを大事に取っておいて、落ち着いたら今度は私たちが海外に支援活動を出来ないだろうか?JIM-NETがそういう受け皿になってくれたら嬉しい」といってくれました。

世界はつながっています。
日本がこの震災から立ち直り、国際貢献をしっかりと出来る国として、再生することが望まれます。

ダルダシャ〜キャンドルナイト〜終了しました。

昨夜、事務所でキャンドルナイトをしました!

20110616203242[1]


広島の原爆の火を灯したキャンドルナイト。
「サダコ」・虹基金を設立し、JIM-NETを支援してくださった被爆者の故・大倉記代さんを偲ぶキャンドルナイトでした。

今では「平和の火」と呼ばれているこの火ですが、
人を、広島の街を焼き尽くした、恐ろしい火です。

忌々しいこの火を灯すのは、大倉さんは天国で嫌がっているかもしれません・・・。

でも、核兵器廃絶を願った大倉さんの遺志を私たちも引き継ぎ、
平和な世界を作りたいという気持ちを込めて灯しました。


ダルダシャは「しゃべり場」という意味。
話題はやはり原発のこと・・・。

「この事故がなければ日本に54基も原発があるなんて知らなかった。」
「放射能のことを騒いでも、福島の人たちは、静かに暮らしていきたいんだからほっといてと言われてしまう」
「放射能のことで友達と口論になってしまい、1週間くらい落ち込んでしまった。」

などなど、日ごろの思っていることをしゃべりました。
鬱々と思っていること吐き出して、皆さんのアイデアや想いを聞いていると、
なんだかモヤがちょっとだけ晴れたような気がします。

ろうそくの火は、人の気持ちを引き出すパワーがある気がします。

電気に囲まれ、TVから情報を得ている毎日。
音もない状態で、自分の気持ちを人と話し合う時間はほとんどありません。
キャンドルナイトは大切な時間をもたらしてくれますね。


事務局長は
「被ばくのこわさを言うと
風評被害だ・そんなのウソだと責められるかもしれない。
しかし、本当の情報を提示し、どうするかは福島の人たちに選択してもらえばいい。
何も知らないで被ばくさせるのはありえない。
NGOは人道支援が目的。やはりいいことをして現地の人たちに好かれたいという気持ちがある。
でも、今回は違う。
現地の人に嫌われても、イラク・チェルノブイリで起きていることを伝える義務がある。」と話していました。


啓発活動をするのか、お母さん・子どもを避難させるのか、食べ物の放射能を図るのか・・・
福島でどのように活動していくかは、まだまだ調査の段階です。

しかし、劣化ウラン弾の廃絶に取り組んできたJIM-NETだから、
福島での活動に取り組みたいと思っています。



(事務局あいあい

石巻ダニバスターズ

6月。梅雨です。
被災地でも湿気は大問題です。
ダニ・カビの問題が出てきました。

ダニに刺され、高熱を発症する病気もあり、
気管支の障害も心配です。

ピースボート・め組JAPAN・PCAT・石巻災害復興支援協議会と協力をし、
『ダニバスターズ』を開始しました

ピースボート・JIM-NETのボランティアさんたちと地道に作業を行っています!
この日は石巻市立女子高での作業でした。
298475fa-s


避難所の皆さんは、敷布団変わりに毛布を何枚も敷いて寝ています。
何枚も敷く分、余計に湿気もたまります

まず毛布に掃除機をかけ、
16a120b4-s


乾燥機をかけ、
38bf05b0-s


乾燥機の熱で死んだダニをまた掃除機で吸い取ります。
DSC_0070


私たちが作業をしている間に、避難所の方々は部屋を掃除したり、障子を張り替えたりと作業してくださいました。


この地道な作業だと、1日にできる枚数に限りがあります。
避難所の方たちの人数で計算すると200日以上かかります

布団乾燥車が石巻に来てくれたら嬉しいです!!

(あいあい




江戸糸操り一座、仮設住宅へ

江戸糸操り一座は、北上のにっこりサンパークという避難所を訪問。
DSC08267-thumb-400x225-204

DSC08255-thumb-400x225-206

なんだかんだ言っても、仮設住宅の建設は進んでいる。宮城県では、約50%の仮設住宅が完成し、移動が始まっているという。にっこりサンパークは、119名の避難者が、北上中学から2次避難で移動してきたが、数日前に35名が仮設住宅に移った。さらに数週間以内に移動がある。
北上地区の被災者のみで、農業や、漁業を営んできた人たちが多い。
リーダーの千葉さんは、「牛の種付けをやっていたが、牛が流された。自分達の住む家もないのに、牛の家を建てるわけにも行かない」と冗談をいうが、農業の再建は難しいし、それだけではくっていけないと嘆く。なによりも、義援金が届かないから、何も出来ない。農家が農具を買うのも、一台数千万はするという。政治のだらしなさに苦言を呈していた。

DSC08258-thumb-400x225-208
.
避難所は消灯時間があり子どもが勉強するのが大変

さて、ここからはスペシャルゲスト。戦場のバッグパイパー・カトケン、もともとは軍事ジャーナリストだが、バッグパイプが大ブレークし、被災地の慰問を繰り返している。
避難所の中はうるさいので、仮設住宅で演奏してもらうことに。
DSC08294-thumb-400x225-210


最近仮設に入れたという男の子、3月26日に日赤病院で生まれた。
DSC08252-thumb-400x225-212

3月11日は、86歳のひいばあさんが、孫を連れて、逃げた。
ばあさんは、足腰が弱く自分では運転できなかったが、おなかの大きい孫が運転、おばあさんは、孫を励まし続け、車で高台まで逃げて助かったという。
夜泣きをするので、仮設に移ってからは、気を使うことも少なくなったので、本当に良かったと言っていた。 .
記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ