JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

2012年11月

イスラム暦付きカレンダー 2013

エリコ通信社様から、2013年度のイスラム暦付きカレンダーが届きました。
横180×縦151mmの卓上型カレンダーです。

15



1部¥1200  
↓ご希望の方はコチラまで↓
-------------------------------------------
氏名・送付先・電話番号・希望冊数をお知らせください。
(TEL/FAX) 03-6228-0746
(MAIL)info-jim@jim-net.net
(郵送)〒171-0033東京都豊島区高田3-10-24-303
※カレンダーと一緒に郵便振替用紙を同封します。到着後に振込をお願いいたします。
※配送料80円いただきます。

エリコ通信社

沖縄 チョコ募金チーム紹介

昨年から沖縄にもチョコ募金チームができました

今年も東京事務所の受付スタートに合わせ、
沖縄でも始まります!
沖縄チームフライヤーおもて


沖縄のチョコ募金チームでは
協力店舗での受け渡しとなり、
発送はしておりませんので、ご了承ください。


開催期間中は関連書籍の展示、販売も行いますので、是非お越し下さい。

1/15〜2/14 ポストカード・関連書籍の販売@言事堂
2/9 JIM-NETスタッフトーク&朗読イベント@Book Cafe Bookish
 

「One Coin, One Love from Okinawa 2013」

チョコ募金 1缶500円
予約受付期間 2012年12月4日〜2013年1月14日
チョコお渡し期間 2013年2月5日〜14日

※おひとり様1個から予約できます。
 おひとり様、上限4個までの予約とさせていただきます。
 予約の取り消し、及び数量の変更はできません。

<チョコ募金・取扱い店舗>
店名:古書の店 言事堂
住所:沖縄県那覇市若狭3-7-25
e-mail:info(a)books-cotocoto.com
web site:http://www.books-cotocoto.com

店名:Book Cafe Bookish
住所:沖縄県浦添市前田2-20-16 2F
e-mail:bookish-hon(a)nirai.ne.jp
web site:http://bookish.ti-da.net/


戦争中は多くの米海兵隊が沖縄から戦地へ送られました。
日本が支持した戦争。そして「思いやり予算=私たちの税金」に
よって支えられている在日米軍。平和憲法を持つ国として矛盾を感じる、
そんな有志の集まりが「One Coin, One Love from Okinawa」実行委員会です。

沖縄から海兵隊でなく、ワンコイン(500円)のチョコレートを通して
愛を届けたいと言う想いを胸に、沖縄でバレンタインに向けてチョコレート募金を行ないます。

毎日新聞、「時代を駆ける」の連載で佐藤事務局長が登場

11月27日から5日間の連載が、毎日新聞で始まりました。
「時代を駆ける」がそれです。第一回はチョコ募金秘話。連載は、パレスチナでの活動にもさかのぼり、佐藤真紀の原点を探ります。
ぜひご覧ください。インターネットでもご覧になれますが、写真は紙面のみ。

ネットはこちら
IMG_1712

【12/8(土)】「イラクの医師たちと語る会」を開催します

昨夜、イラクから感染症対策研修を受けるため、
ナナカリ病院の医師・看護師・事務局長の3名が、無事日本に到着しました。
いよいよ明日から研修が始まります。
→感染症対策研修の内容に関してはこちら
→イラク出国前の先生方のインタビューはこちら

そこで、来日中の先生方をお招きして「イラクの医師たちと語る会」を開催します。
研修報告だけでなく、イラクやアルビルに関するお話を伺い、平和について語りませんか?
どなたでもお気軽にご参加いただけます。

■□■「イラクの医師たちと語る会」■□■
日時:2012年12月8日(土) 16時〜18時
場所:10°CAFE 3階10°SPACE
   〒171-0033 東京都豊島区高田3-12-8 (地図
   最寄駅 / 高田馬場駅
会費:500円 (JIM-NET サポーターは無料)
定員:40名
主催:日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)
お申し込み/お問合せ先: メール  info-jim@jim-net.net
                電話  03-6228-0746
※参加ご希望の方は、会場準備のためできるだけ事前にお申し込みください(当日参加も可能です)。

アリ君、イランに行く。

皆様、バスラのイブラヒムです。
9月30日アリ・アーキル君をイランで治療させました。その時のレポートです。
まず、医師の診断。Medical Report of Ali Aqeel

放射線治療が必要であるという診断書を書いてもらいます。
DSC04803 (1)

家庭訪問をして、どの程度の支援が必要かを相談します。お父さんは、日雇いの仕事をしています。JIM−NETの支援は、治療費とイランでの滞在費6000ドルに決定しました。
パスポートやビザの手続きをしてあげます。
DSC04957


国境を越えてイランに入ります。イランイラク戦争の時の戦車などが未だに置かれています。
かつて戦争をしていても、今では力を合わせて、子どもたちの命を助けます。
DSC04951

イランの病院です。DSC04887

DSC04924
放射線治療を受けるアリ君。
DSC04919

イランのホテルはこんな感じです。45日間、アリ君は頑張りました。

放射線治療で救われる命。イランでの治療。

イランでの放射線治療

バスラ子ども病院では、放射線治療のための機材を導入中ですが、まだ完了していません。
放射線治療とは、X線やガンマ線,電子線などの電磁波をがん細胞へ照射することによって,がん細胞を死滅させる方法です。
 放射線を当てることにより、DNAの破壊や切断を起こして、がん細胞を死滅させる方法です。正常細胞も放射線でDNAが切断しますが、修復させる力ががん細胞よりも強く,がん細胞よりも生き延びることができます。
近年、放射線治療技術が進んでいるそうですが、バスラでは受けれないために、子どもたちをイランの病院で受け入れてもらっています。
本年度は、6月8日に以下の三名をイランに連れて行きました。
1.ファハド・ムハンマッド君 8歳Nasopharyngeal CA
2.フセイン・ムハンマッド君 6歳 急性リンパ性白血病
3.ベニーン・アッバースちゃん3歳 pleuropulmonary blastoma (肺がんの一種?)
約一か月の滞在で検査と放射線照射を行い無事にイラクに帰国。
DSC03166

バスラを出発するところ。
DSC03185

イランの病院です。
DSC03253

これから放射線治療を受けるフセイン君
DSC03244

イブラヒムとピースサインのファハド君
DSC03262

ベニーンちゃんはまだ3歳

9月30日にはアリ・アーキル君 9歳(Embryonic Rhabdomyosarcoma)をイランに連れて行きで45日間の治療を行いました。本年度は4名をイランで治療したことになります。

あさって(24日)チョコ募金お披露目会ではビートルズのハッピもお披露目!

あさって(24日)のチョコ募金お披露目会のゲストとして、
本『余命一日まで』の著者 篠田久男さんが来てくださることになりました!

子どもの頃、父親の暴力から逃げ出し、靴屋で働くも、美容師に転身。
カリスマ美容師として成功します。
しかし、お子さんには重度の障害があり、ご本人も2008年に悪性リンパ腫が見つかり、
壮絶な人生を歩んでこられました。

うちの鎌田代表も「篠田さんが今も元気なのは奇跡だ」とよく言っています。

そんな篠田さん、とてもかっこよくて素敵です!
そして、とても優しく、JIM-NETのスタッフもみんながファンです(^^)
3c51ccb8b5da3a6f
(篠田さんに髪を切ってもらう事務局長)


IMG_0370
(本の裏表紙です)

『余命一日まで』のあとがきで、JIM-NETの会員バッジを載せ、
目のがんで亡くなったサブリーンの言葉を引用し、
僕の心の中にずっと生き続けているよ、と書いてくださいました。
背表紙にもサブリーンの絵を載せてくださっています。

紹介が長くなりましたが・・・・。
篠田さん、ビートルズが初来日した時のハッピをもっているそうです!
(篠田さんを自分の息子のように、かわいがってくださったお客様がくださったそうです)

今回チョコのお披露目会では、このハッピもお披露目してくださるそうです。
すごい!生で見ることができるなんて、滅多にありません。
JIM-NETを応援してくださる皆さんに。ということで、篠田さんが特別に持って来てくださいます。
みなさん、こちらもお楽しみに! (大嶋)


◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆
日頃の感謝を込めて〜
 鎌田實代表 命の講演&
 チョコ募金2013 お披露目会
◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆―◆

当日は、鎌田代表からのご挨拶や、
今年のチョコ募金のデザイン・コンセプト発表、
現地報告を予定しております。
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/52303342.html


◆日時:2012年11月24日(土) 開場14:30/開演15:00
◆参加費:500円(チョコ募金1口分として)
◆会場:カタログハウス本社 B2階セミナーホール
 新宿南口より徒歩10分。渋谷区代々木2丁目2-12-2
 http://www.cadu-jp.org/notice/catalog_house_map.htm

◆定員:100名(先着順)
◆申込・問い合わせ
氏名・住所・電話番号・参加人数を明記し、お申し込みください。

JIM-NET事務局
 e-mail :info-jim@jim-net.net
TEL/FAX:03-6228-0746
 郵送:〒171-0033東京都豊島区高田3-10-24-303

ナナカリ病院スタッフ来日間近インタビュー


いよいよ今月26日からアルビルのナナカリ病院の医師、看護師、事務局長が来日し、
日本で研修を受ける予定です!
今回は3人に研修への意気込みを伺いました。
kensyu-4


・ ペイマン先生(ナナカリ病院小児科医)
地震・津波の災害という大変な状況の中でも、イラクへの支援を変わらず続けてくれている日本の皆さんにとても感謝しています。そして、最先端の技術と古く長い歴史を持つ日本での研修に参加できることをうれしく思います。白血病など血液の病気に対して、日本でどのような治療が行われているのかを知りたいです。そして、日本で学んだ医療技術・知識をナナカリ病院での治療につなげていきたいと思っています。
kensyu-1


・ マハナスさん(ナナカリ病院看護師)
イラクでは看護師への教育がまだまだ不十分で、学ぶ機会も限られています。
今回、日本の病院で感染症対策について学べることを楽しみにしています。
また日本で学んだことを記録に残せるように、携帯電話をカメラ付きのものに新調しました。
たくさん写真を撮って、ナナカリ病院の仲間に伝えたいです。
kensyu-2


・ オマルさん(ナナカリ病院事務局長)
70年代から車や電化製品など日本のものに触れてきました。イラクにとって日本は友好国だと思っています。私はナナカリ病院で事務を担当していますが、今、ナナカリ病院はたくさんの問題を抱えています。病院の規模に対して患者数が多く、医師や看護師が足りていません。また医療機材も不足しています。今回の研修では日本の病院がどのように病院をマネージメントしているのかをしっかりと学びたいと考えています。
kensyu-3


アルビル事務所 望田

記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ