JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

2015年06月

SEALDsが7月2日非戦ネット設立イベントに緊急参加します!

毎日新聞の安保法案に関する特集記事で、SEALDs(シールズ)や非戦ネットについて触れられています。

毎日新聞 2015年06月29日 東京夕刊
特集ワイド:護憲ってカッコイイ 若者が主婦が…憲法の価値再発見
http://mainichi.jp/shimen/news/20150629dde012010002000c.html?fm=mnm

シールズは自由で民主的な日本を守るための、学生による緊急アクションです。
担い手は10代から20代前半の若い世代です。
そのシールズが7月2日の非戦ネット設立イベントに緊急参加します。

若手NGOスタッフの登壇者も決まりました!
APLAの野川さんは辺野古にも頻繁に通いおじいおばあの座り込みにも参加しています。
現場で見た非戦、日本で見た非戦を語ってもらえればと思います。
JIM-NETの榎本もイラクからスカイプ参加する予定です。

第1部
「趣旨説明」:谷山博史(日本国際ボランティアセンター)
「問題提起」:伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ)/佐藤真紀(日本 イラク医療ネットワーク)、
茂田真澄(アーユス仏教国際協力ネットワーク)/ 他よ びかけ人(調整中)

第2部「若手NGO職員によるディスカッション」:  
登壇者
野川未央(APLA)
加藤 真希(JVCアフガニスタン事業担当)
草深レオ (ピースボートラテンアメリカ担当)
司会:佐藤真紀(JIM-NET事務局長)
若者の現場からのアピール
奥田愛基(SEALDs(シールズ)(自由と民主主義のための学生緊急行動)
榎本彰子 (JIM-NET)イラク・アルビルよりスカイプ参加

第3部「NGO非戦の誓い」発表

***
Students Emergency Action for Liberal Democracy - s)(SEALDs)
=自由と民主主義のための学生緊急行動(シールズ)
http://www.sealds.com/

野川さんプロフィール
1982年生。大学在学中、恩師の故村井吉敬氏の影響で、自分たちの暮らしと世界、特にアジア地域との関わりについて深く考えるようになる。2010年から特定非営利活動法人APLAの専従スタッフとして、海外支援事業の東ティモール、日本国内の広報・イベント関連を主に担当。コーヒー産地に滞在して村の人たちと議論を重ねながら、農を軸にした自立したコミュニティづくりをめざした活動を続けてきている。

非戦ネットちらし0702表面2非戦ネットちらし0702裏面2

白血病を乗り越えたハウラ・ジャマルさんが来日します

この夏、JIM-NETは白血病を乗り越えた少女、ハウラ・ジャマルさんを日本に招聘します。

JIM-NETは小児がんの子ども達の医療支援活動を続けています。闘病中の子どもたちの院内学級では、子どもたちに絵を教えています。
ハウラさんは9歳の時に白血病を患い、バスラの小児がん病院に通院していました。
院内学級で絵を描き、闘病中に描いた絵は、絵本『ハウラの赤い花』に使われ、高い評価を得ました。
ハウラさんは白血病を乗り越え、現在は学校に通い、自分と同じような小児がん患者を救う医者になる夢に向かって、生きています。

JIM-NETでは、ハウラさんを招いて、ワークショップやトークセッションの開催を予定しています。
院内学級の先生であるイブラヒムさんと、娘のファートマさんも招きます。
交流を通じて、イラクの現状についてお話をうかがいましょう!

✤ハウラ・ジャマル 1996年7月27日、イラク南部サマワ生まれ。9歳の時に、白血病を患い 300km離れたバスラの小児がん病院に通うことに。JIM-NETのローカルスタッフ・イブラヒムが始 めた院内学級で絵を描く。病気を乗り越え現在は学校に通い、自分と同じように白血病・がんと闘 う子どもたちを救える医者になるのが夢。

✤イブラヒム・ムハンマッド 1970年2月1日生まれ。2003年妻マリアムが劣化ウラン弾で被爆 し、ヨルダンで治療中にJIM-NET佐藤真紀事務局長と出会う。2005年一月にマリアム死去。その後、 JIM-NETのスタッフとなった。2007年に初来日。2011年には、福島、石巻を訪問、ボランティア活 動を行う。2012年にも来日しており、今回が4度目の来日。

✤ファートマ 2001年6月6日生まれ、イブラヒムの娘。母を亡くしてから父と一緒に、援助の現 場を見てきた。現在14歳。ハウラをはじめ、闘病中のがんの子どもたちと一緒に絵を描いてきた。 将来の夢は、父親のように教師になり、病気の子どもたちに勉強を教えること。

イベントスケジュールについてはこちらをご覧ください。
※追加・変更の場合はホームページ・Facebook・Twitterに情報を掲載します。
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/52432672.html

b0041661_2251376

サッカーイラク代表 ユーニス選手がナナカリ―病院を訪問

6月28日
イラク代表のキャプテンを務めたエースストライカーのユーニス選手がJIM-NETの要請を受け、ナナカリー病院を訪問し、小児がんの子ども達を励ましました。
4月に鎌田代表と佐藤事務局長が、ヤジッド教徒で「イスラム国」の弾圧から逃れてきた骨肉腫のマージッド君の家を訪問しました。
マージッド君は「故郷も失い、左腕も切断して失ったんだ。僕には希望もない」といって泣き出しました。
誰かが「サッカーは好き?」と聞いたら、マージッド君の表情が明るくなりました。

好きな選手はだれ?「メッシ」

メッシは難しいがイラクの選手なら連れてきてあげる「ユーニスがすき」

ユーニス選手は、イラク代表では最多公式試合に出場。
ゴール数も53で歴代2位です。
早速、彼が所属するアルビルのクラブチームに話に行くと、オーナーが出てきて協力してくれることになりました。しかし、日程が合わずに時間が過ぎていきましたが2か月以上たちついに実現。
マージッドくんをはじめがんの子どもたちは大喜びでした。

2015年7月9日追記:ユーニス選手もFacebookにナナカリ病院を訪問したことについて記事を書いています。なんと7000を超える「いいね」がついています。
https://www.facebook.com/JapanIraqMedicalNetwork/posts/941150759286109

11659438_936742636393588_3865329849944774894_n11709633_936742046393647_3146446321907360554_n


11703094_936742256393626_808377182992965389_n11701151_936742329726952_5178397692324012082_n

ダルダシャ〜キャンドルナイト〜を開催しました。

11666307_936986873035831_2238033531091370867_n
6月26日は、JIM-NETの事務所でダルダシャキャンドルナイトを開催しました。

11694829_936986323035886_4471864749287193288_n11402685_936986386369213_6266586310996580745_n

一部はJIM-NETでも定番になってきたひつじぐるぐるワークショップ。ひつじの毛をクッキー型につめて上からチクチクさせて、ブローチをつくりました。

11112208_936986496369202_4885134518572376610_n

二部では、それぞれ持ち寄ったお料理とキャンドルを囲んで内海がヨルダンでのシリア難民支援の活動や難民キャンプでの様子についてお話しました。
難民キャンプでの具体的な話に、参加者の方からは「ニュースでも知らされていなかったので正しい事が聞けて勉強になりました」「知らないことだらけと改めて自覚しました。まずは興味を持ち、知ろうとする事から向かいたいと思います。」といった感想を頂きました。

11403241_936986436369208_8824730500866406983_n

そしてデザートはかき氷!

11406470_936986246369227_2386611932363459947_o

(佐藤真紀事務局長がイラク国内で避難民生活をしている人たちにかき氷を配った様子)
現地を想像しつつ、参加者の皆様とかき氷で喉を潤しました。

7/2(木)「NGO非戦ネット」設立イベント ご案内

6月24日に行ったNGO非戦ネットのプレイベントには50名程の参加者があり、多くの人が安保法案に懸念していることを伺い知ることができました。7月2日は非戦ネット立ち上げの本イベントを開催します。
_________________________

【7月2日(木)開催】「NGO非戦ネット」設立イベント
http://ngonowar.exblog.jp/23326088/
_________________________

このたび、私たち有志のNGOとNGO職員は、現在国会で審議されている安全保障関 連法案と、この法案を中心とした日本を戦争ができる国にしようとする動きに反 対するNGOのネットワークを設立致します。紛争地など海外の現場で活動するNGO として、現場から声を上げていきたいと考えています。
つきましては、下記の日程でネットワークの設立イベントを開催いたします。イ ベントでは、下記プログラムの中でNGO非戦ネットの設立趣意書、「NGO非戦の誓 い」を発表いたします。

■日時:2015年7月2日(木) 19時〜21時
■会場:築地本願寺 第2伝道会館 蓮華殿  
    ※日比谷線「築地」駅 徒歩約1分
    ※有楽町線「新富町」駅 徒歩約5分
    ※http://tsukijihongwanji.jp/marugoto/about/access?fr=navi
■参加費:1,000円
■内容(予定):
   第1部
    「趣旨説明」:谷山博史(日本国際ボランティアセンター)
    「問題提起」:伊藤和子(ヒューマンライツ・ナウ)/佐藤真紀(日本 イラク医療ネットワーク)
           茂田真澄(アーユス仏教国際協力ネットワーク)/ 他よ びかけ人(調整中)
   第2部
    「若手NGO職員によるディスカッション」:  参加者調整中
   第3部
    「NGO非戦の誓い」発表
■「NGO非戦ネット」とは
 私たちは、現在国会で審議されている安全保障関連法案と、この法案を中心と した日本を戦争ができる国にしようとする動きに反対します。NGO非戦ネット は、現場で国際協力活動・交流活動を行うNGOの有志が集う緩やかなネットワー クです。
2002年にも同じ名前の「NGO非戦ネット」が立ち上がり、現場で活動するNGOの立 場からイラク戦争と、それに伴う日本政府の有事法制に反対の声をあげました。 その後一旦ネットワークを整理・解散しましたが、現在の国際情勢と現場の状況 を顧みない戦争法制を黙って見過ごすことができないと考え、最初の「NGO非戦 ネット」の主旨を受け継ぎ、新たにNGOによる非戦のネットワークを作りまし た。今後は、現場で活動する人間の立場から、声を上げ、イベントや情報発信を 行っていきます。

■主催 NGO非戦ネット設立準備委員会   
非戦ネットURL:http://ngonowar.exblog.jp/
              
■お問い合わせ JIM-NET
03-6228-0746/info-jim@jim-net.net

スライド1スライド2


明日6/26はキャンドルナイトです!

※当初はヨルダン事業担当の福田がトークする予定でしたが、諸事情により同じくヨルダン事業担当の内海がトークすることになりました。

JIM-NETでは2009年からキャンドルナイトを行なっています。
構成団体の「サダコ」・虹基金の創設者でもある、被爆者の大倉記代さんの一周忌に偲ぶ会として始めました。
毎年トークゲストを呼び、火を囲みながらいろいろなおしゃべりをしています。

広島の平和記念公園の「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんをご存知でしょうか?大倉記代さんは禎子さんと同じ病室で闘病生活を送りました。
「想い出のサダコ」という本を出版し、イラクの子ども達を支援する基金を立ち上げました。「同じ被ばく者として、劣化ウラン弾が使われたイラクで放射能汚染に苦しむ子どもたちを助けたい」とご寄付いただいていましたが、2008年6月23日がんのため逝去されました。

2009年〜2013年は福岡県星野村(八女市)の平和の塔に灯る原爆の残り火をお借りし、キャンドルナイトを行なっていました。
すべてを焼き尽くした忌々しい火で、キャンドルナイトをすることを大倉さんは望んでいないかもしれません。
しかし、核兵器廃絶のためにずっと活動されてきた大倉さんの遺志を継ぐために、毎年この火で行なってきました。

この火をお借りするには、星野村まで行かないといけないこともあり、残念ながら昨年からは原爆の残り火を灯せていませんが、大倉さんを偲ぶ気持ちは変わりません。

火を囲むと気持ちが和らぐのか、毎年様々な話ができて、とても印象的な夜となります。
皆様、ぜひお越しください。  (大嶋)


ce1cec0e
【ダルダシャ〜キャンドルナイト〜】
※ダルダシャは「集まっておしゃべりする」という意味のアラビア語です。
◆6月26日(金)
【第1部】 ひつじぐるぐるワークショップ 15:00〜17:00
◆参加費:500円(材料込、その他道具は貸し出し)
羊毛を使ってフェルトの小物を作成します。
ふわふわした羊毛をニードル(専用針)を使って固めていくと、フェルトに変身!
みんなでチクチクしながらカワイイ小物を作りましょう!
【第2部】 ダルダシャ〜キャンドルナイト〜 19:00〜21:00
ヨルダン事業コーディネーターの内海旬子が、シリア難民支援の話をします。
◆参加費:無料 ※食べ物・飲み物の差し入れ、お茶代カンパ大歓迎!
★かき氷をやります!

【会場】 JIM-NET東京事務所
東京都豊島区高田3-10-24 第二大島ビル303
(地図参照)http://jim-net.org/aboutus/map.php

【申込・お問い合わせ】 JIM-NET
03-6228-0746/info-jim@jim-net.net
申込フォーム http://qq4q.biz/lYEB
※事務所が狭いため、予約をお願いします。

6月23日は慰霊の日です

6月23日は慰霊の日です。1945年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、琉球政府及び沖縄県が定めた記念日です。
昨年、10周年を迎えたJIM-NETでは戦争について考え、イラク戦争の検証を再度訴えるため、アメリカの攻撃で直接足を怪我したムスタファ君を招聘しました。沖縄にも3日間滞在し、南部戦跡、ひめゆり平和祈念資料館、平和の礎、県立平和祈念資料館、辺野古などを訪問しました。ムスタファ君はイラク戦争とイラクの現状に重ね合わせ、丁寧に見学していました。特に、子どものときにイラク戦争で負傷した自分と沖縄戦に動員された学徒に重なるところがあったようです。私たちにとっても戦争とは何かについて改めて考えさせられる機会となりました。

IMG_7723IMG_7711


JIM-NETでは、6月24日に安保法案について考えるイベントを開催します。
このまま安保法案が国会で承認されると、日本社会が戦争に巻き込まれるだけではなく、日本が他国での戦争に関与し、ひいては現地の人々の命が奪われることに荷担することになりかねません。私たちと安保法案について一緒に考えていきませんか?

<NGO非戦ネット立ち上げプレイベント>
元自衛官とNGOが考える安保法案
http://blog.livedoor.jp/jim_net/archives/52431022.html
2015年6月24日(水)19:00〜21:00
クリエイティブOne秋葉原ビル8F ラーニングカフェ (JVC東京事務所が入っているビルの8F)
参加費 500円
◆予約・お問い合わせ:
TEL 03-6228-0746 / 080-4837-4015(ジムネット)
E-mail: info-jim@jim-net.net
申込フォームからもお申し込みいただけます。
https://docs.google.com/a/jim-net.net/forms/d/1wLgVaq5eMpAMD0Ee1ni7tG6l5oLEbvLu0jEDVOsMPa4/viewform24元自衛官とNGOが考える安保法案_0623

世界難民の日 イラクからメッセージ

6月20日は、世界難民の日でした。イラク・アルビル事務所で、JIM-NETの活動に協力してくれている難民のKさん。そんなKさんから、難民の日に皆様に宛てたメッセージです。
----------------------------------------------------------------------------------
「世界難民の日」ということで、イラクにいる難民を支援してくださる日本人に、心より感謝いたします。6月20日は、紛争などにより家、町、家族、親せきを置いて逃れてきた人々にとって、忘れられない日です(注1)。
平和と故郷への帰還は、難民が考える一番重要なことです。私はいつの日か、「難民の日」というものが無くなり、人に対して「難民」という言葉を使わなくなり、世界中のすべての人々が平和と安全に暮らせることを願っています。
私は、皆さんが引き続き世界中の難民をサポートしてくださることを望みます。サポートを受けた難民は、決して日本人の親切さと思いやりを忘れないでしょう。
世界の難民の一人より
-------------------------------------------------------------------------------
※(注1) 1年前の6月20日に、すでに難民だったKさんの避難地域が攻撃され、最終的にクルド自治区まで避難してきました。
皆様、いつもJIM-NETの難民・国内避難民支援にご支援・ご協力いただき、誠にありがとうございます。

世界難民の日 イラクからメッセージ
記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ