JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

2018年08月

アブデルアジーズ君とリコーダー

かつてインドで骨髄移植を受け、JIM-NETでも支援を続けているアブデルアジーズ君15歳。

がんの治療を終え3年ほどが経っており、今では定期健診には通っているいるものの、順調に回復しています!

しかし本人は感染症の恐怖や引きこもりがちのせいか、マスクを外すことを怖がり、学校に行っていません。
今日は精神療法を受けるために病院への送り迎えを行ったのですが、状態もよかったため、JIM-NETハウスに立ち寄ってもらいました。
アブデルアジーズ

JIM-NETではがんの治療後に学校や社会に復帰できない子どもたちへの支援を行っており、今日は音楽アクティビティを実施しました。

ピアノやリコーダー、打楽器があったのですがアブデルアジーズ君は「リコーダーが吹きたい」といい、マスクを外しました。初めて目にしたマスクを取ったアブデルアジーズ君、初めてとは思えないほどいい音を鳴らし始めたのです。

タンギングや運指もスムーズで、耳がいいのでしょう、ものの1時間で2曲をマスターしました!
今度は〇〇が吹きたい、と笑顔を見せるアブデルアジーズ君。

アブデルアジーズ
アブデルアジーズ

JIM-NETでは今後も音楽や美術を通して患者やサバイバーの子どもたちのケアを行なっていきますので、どうぞ皆さまご支援のほどよろしくお願いいたします。
(楽器や画材も随時購入していきたいと考えております)

(斉藤)

オマールくんを家庭訪問

皆さん、エルビルよりこんにちは。
今日は、小児がん患者のオマール君の家庭訪問に行ってきました。

オマールくん


オマールくんは現在14歳。彼が13歳の時に病気が発症し、現在も外来通院、内服治療中です。彼のお父さんは何年も前に家を出て再婚、お母さんも他の男性と再婚し、現在オマール君はお祖母さんに引き取られて生活しています。
普段活気のあるお祖母さんも最近骨折してしまい、現在ベッド上で過ごしています。生活に不便を感じながらもお祖母さんはオマール君の体調を常に気にかけながら生活しています。
シャイなオマール君ですが、将来の夢は「建築家」と笑顔で話してくれました。
JIM-NETとして、今回は現在治療に必要となる薬代を支援させて頂きました。引き続きオマール君に対してサポートを行っていきたいと思っております。皆様の応援、ご支援どうぞよろしくお願いします。

(金澤)

【メディア掲載】毎日新聞『希望のサカベコ 日本で販売計画』

7月に来日したリームが難民キャンプで作っている『サカベコ』が毎日新聞に!
なんと、関西では一面トップだったそうです。

今までは佐藤事務局長が習ったものをリームに伝えていたのですが、リームの来日中に会津若松の荒井工芸所さんで直接赤べこの作り方を教えていただきました。

イラクの新聞紙で作ったサカベコをお楽しみに!
https://mainichi.jp/articles/20180826/k00/00m/040/130000c

(大嶋)

新JIM-NETハウス建設途中経過

皆さん、エルビルよりこんにちは。イード明けの本日、支援先のナナカリ病院は定期清掃という事で小児病棟は使われておらず、救急で対応しているとの事でした。休み明けにも関わらず病院自体は落ち着いている様子でした。
JIM-NETハウス建設中
JIM-NETハウス建設中


建設中のJIM-NETハウスですが、外観は前回とはほぼ変わりありませんでしたが、内部がどんどん形になってきておりました。屋上にも行く事ができ、そこからの眺めもとても良いものでした。病院の敷地内という事で、ご家族にとって病院の行き来が負担にならず、安心できる環境を提供するとともに、皆さんに親しんでいただける施設として運営できるようにしていきたいと思っております。 

※本事業は日本NGO連携無償資金協力の助成金を受けて行っております。
JIM-NETハウス建設中JIM-NET建設中JIM-NET建設中JIM-NETハウス建設中JIM-NETハウス建設中JIM-NETハウス建設中


(金澤)

子どもアートアドベンチャー@練馬ココネリに出展しました!

8/22(木)は練馬ココネリで、こどもアートアドベンチャーでした!
たくさんの子どもたちが、指サッカーでPK戦に挑戦してくれました。練馬ココネリ練馬ココネリ

「サカベコ新聞」を読んでくれたり、サカベコの首を突っついたり、団扇で扇いだりしながら、「どうして足がないの?」「病気の子は元気になったの?」「なんでサカベコなの?」と質問してくれることが嬉しい。

何度やってもシュートができなくても、また列に並んで練習していると、思いがけない瞬間にシュートが決まる!その時の嬉しい表情は宝物。

夏休みの企業訪問の課題でジムネットを選んでくれた高校生に、ボランティアをお願いしました。
楽しそうにやってくれて、こちらも嬉しくなりました。

今年もたくさんの出会いをありがとうございました!

練馬ココネリ練馬ココネリ練馬ココネリ
(大嶋)

福島・ドイツ高校生交流プロジェクト 帰国報告会

アースウォーカーズ主催の
「福島を伝え、再生可能エネルギーを学ぶ
福島・ドイツ高校生交流プロジェクト」から
帰国した福島の高校生たちの報告会が8/19(日)に行われました。

飛行機が遅れ、夜中1時過ぎに宿に到着したという高校生たち。
朝9時半からのスタートでしたが、みんな顔を輝かせて報告していたのがとても印象的でした。

ドイツへ旅立った時には、再生可能エネルギーに懐疑的だったり、まったく興味がなかったり。
アウシュビッツのこともほとんど知らなかったり。
そして誰も質問に手をあげなかったり。ボソボソしゃべったり。
「本当にダメダメでした。」と、アースウォーカーズ代表の小玉さん。

しかし、2週間のツアーを経て、ドイツの高校生の学び・考え・発言する姿勢に感化され、充実した内容をしっかりとした姿で発表してくれました。

再生可能エネルギーのことはもちろん、メディアリテラシーや世界の難民のことなど、本当に多くのことを学び、どれもが心の糧になったようです。

このツアーの卒業生の中には、後輩たちのために営業をして資金を獲ってきた頼もしい子もいるそうで、みんなの将来がとても楽しみです。

(皆様にご協力いただいたチョコ募金より、このプロジェクトへ25万円を拠出しています。)

事務局 大嶋愛


ツアーの様子はこちらをご覧ください。
http://earthwalkers.jp/blog.html

アースウォーカーズ帰国報告会
アースウォーカーズ帰国報告会



アリくんを家庭訪問

皆さんエルビルより、こんにちは。

5月下旬に、足の手術を受けたアリくんの家庭訪問に行ってきました。
手術後はベッド上安静だったアリくんも、今では適度な荷重を手術した足にかけながら、松葉杖を使用して歩いています。今月末にはギプスも取れて、徐々に自分の足で歩けるようになる予定です。今回、アリくんには絵を書いてもらったのですが、どうやらアリくんの妹さんの方が絵が得意のようです。

アリくんアリくんアリくん

学校には10月頃から通えるとの事で、アリくんはとても嬉しそうです。JIM-NETとして支援させて頂いている子供たちが、どんどん元気になっていく姿を見るのはとても嬉しい事です。

アリくん

今後もJIM-NETの活動にご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

アリくん
(金澤)

「どんぐりとやまねこ」さん(@帯広)の保養のお手伝いにいってきました!

皆様、東京は残暑が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

いつもチョコ募金でご協力いただいている「どんぐりとやまねこ」さん(帯広)が、企画する福島の子どもたちのためのサマーキャンプの応援のため北海道に来ました。

千歳に最終便で前日に到着し、始発の電車で帯広入り。サカベコを皆で作りました。今回作ったのは、福島ユナイテッドFCのユニフォームを着たサカベコ。
ワールドカップを子ども達も見ていて、サッカーの話で盛り上がりました。「もっと、地元のチームを応援しようよ!」という話しました。
午後には、車で苫小牧までお見送りに行ってきました。
車の運転を少し手伝ったりハードな一日でしたが、北海道での思い出作りに少しでも貢献できれば嬉しいです。
そして、福島の子どもたちが元気に育ってくれることを願ってやみません。

帯広保養帯広保養

(事務局長・佐藤真紀)
記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ