8月29日より新宿のカタログハウスでサカベコ展示が始まりました。
スタジアムは、カタログハウスのイメージカラーのえんじ色
21078286_1969326109945490_2721590789618338413_n (1)


◆開催日時:  8月29日(火)〜9月3日(日) 10時〜19時
※8月30日(水)はお店がお休みです。31日の試合で出場が決定すると9月1日ー3日までお祝い展示を行います。ショップでは、赤べコや、福島のおいしいお酒を売ってます。お祝いして福島を応援しましょう。
◆会場: カタログハウス本社ビルB1階 「本日!福島」コーナー
     〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-2

     お店の情報はこちら
IMG_3718[2]


日本のワールドカップ出場祈願を、福島の人たちと一緒に応援したいという気持ちで、大熊町やいわき市、会津の人々に作ってもらった。
避難を余儀なくされている人たちの願いが背中にかかれている。
大熊町で坂下ダムを拠点に無人となった大熊町を守ってきた「じじい隊」
大熊中学で英語を教えているオーストラリアのジョン先生、会津出身の唐橋ユミさん
オーストラリアのウラン鉱山と福島をテーマに小説を執筆中のマデライン・ディッキーさん、
核兵器禁止条約の成立に貢献した、核実験の被害者でオーストラリア先住民のスー・コールマンさん
子どもたちは将来の夢を書いてくれた。

IMG_3102[1]

絵付けをする子ども達


IMG_3750[2]

サンデーモーニングのスポーツコーナーを担当する唐橋ユミさんの作品


◆開催日時:  8月29日(火)〜9月3日(日) 10時〜19時
※8月30日(水)はお店がお休みです。31日の試合で出場が決定すると9月1日ー3日までお祝い展示を行います。ショップでは、赤べコや、福島のおいしいお酒を売ってます。お祝いして福島を応援しましょう。

◆会場: カタログハウス本社ビルB1階 「本日!福島」コーナー
     〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-12-2(地図)

IMG_5424-2


 「震災から6年が経ち、福島のことを忘れようとしている自分がいます。サカベコは主にイラクの癌の子どもたちと一緒に作り、彼らのことを忘れてほしくないということで展示してきました。今回オーストラリアということで、ほとんど僕たちの活動には関係がない国ですが、調べてみると世界一のウラン埋蔵量。日本のウランの輸入先のNo1です。オーストラリアのウランがアメリカに行き核兵器が作られ、劣化ウラン弾が作られる。日本では原発の燃料として福島では事故を起こし、人々をくるしめている。で調べてみると、福島でオーストラリアの姉妹都市になっているのが、大熊町といわき市。大熊町は、会津といわきに避難しています。そこで、一か月かけて、これらの場所を回って、今の福島を伝えようと思いました。今まで、JIM-NETの活動拠点は中通が中心。大熊町には行ったことがなかったのですが、大熊ふるさと応援隊にお願いして原発3Km圏内にも行きました。この辺りは中間貯蔵施設になることがきまっています。
 隣の富岡では、除染も進んでおり、ほぼ避難が解除されていますが、1万人ほどいた住民のうち200人くらいしか戻っておらず、アンケートで帰りたいと答えた人は16%でした。また除染が済んだからといって、安心はできません。ホットスポットといわれる高線量の場所がところどころ存在しているようです。2020年の東京オリンピックが分岐点となるでしょう。ワールドカップやオリンピックは国威発揚のチャンスとして政治利用しやすい。オリンピックは福島のことを忘れ去るきっかけにするのではなく、真実をしっかりと伝えながらそれにどう対処していくのか、スポーツを楽しみながらも、だまされない、ごまかされないリテラシーをどうつけていくのか、サカベコはそのような挑戦なんです。」
約一か月かけて福島を駆け回った記録は、次号のJIM-NETの会報誌「JIM-NET便り」で特集します。