JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

イラク戦争の検証を求めるネットワーク

イラク戦争の検証を改めて考える

2018年11月20日、情報公開クリアリングハウスを原告とするイラク戦争検証報告書情報公開訴訟の東京地裁(民事38部 朝倉佳秀裁判長)判決がありました。
これは、2012年12月21日に外務省が行った「対イラク武力行使に関する我が国の対応」を外務省が発表しましたが「報告の主なポイント」(A4 4ページ)を公開したのみで報告書自体は未公表としたことに対し、情報公開を求める訴訟が行われました。
 判決は、原告側の敗訴でした。
「対イラク武力行使が国際政治上および、各国の安全保障政策上機微な問題」と認定。非公開になっている部分は「機微な情報である」と推認し、公開すると、支障の恐れがあると推認されるとしました。

詳しくはこちら
判決を受けて、情報公開クリアリングハウスが「イラク戦争検証報告書情報公開訴訟判決とイラクの今」という報告会が22日に開催され、JIM-NETからも佐藤が特別講演を頼まれました。

裁判の過程で、当初全く非公開とされていたものが一部黒塗りで公開されたものをいただき私なりに考えてみました。IMG_4361[1]

まずここ。総括したのが在米日本大使館特別全権公使の石川和秀。当然、おおむね日米関係はよくなったというような検証結果にならざるを得ない。
石川和秀氏をググってみると「東京都生まれ。1980年東京大学教養学部を卒業、外務省入省。経済協力局政策課企画官、経済局国際機関第二課長、総合外交政策局企画課長、在タイ日本国大使館公使、在アメリカ合衆国日本国大使館公使、総合外交政策局総務課長、内閣官房内閣参事官等を経て、2008年外務省アジア大洋州局審議官。2009年デトロイト総領事。2010年在アメリカ合衆国日本国大使館特命全権公使。2012年外務省アジア大洋州局南部アジア部長。2014年から駐フィリピン特命全権大使として2025年万国博覧会の大阪招致構想実現のためのフィリピン政府への働きかけなどのために動き、2017年からは政府代表、特命全権大使(関西担当)というわけでアラブ諸国や中東地域での経験はなさそうです。

 対イラク微力行使にいたる経緯・背景
1)イラク戦争の経緯
IMG_4362

いままで、政府は、イラク政府が安保理に乗ってって行った攻撃を支持し国連憲章に合致するといってきました。
IMG_4162

これは、外務省が2004年ごろに作って一般に配っていたパンフレットです。
それに比べると経緯に関しては、そこそこ客観的に書かれています。
2)国際社会の情勢
100%黒塗り
3)日本の状況
911以降テロとの戦いを支持しインド洋に給油を行っている主旨。
60%くらい黒塗り
2.日本の検討過程、外交努力
一か所気になるところ
IMG_4371

確か共同がニュースにしていたように思いますが、カメールーンやアンゴラ、ギニアなどの途上国には、安保理の第二決議案に賛成する見返りとしてODA援助をちらつかせたとの記事を読んだことがあります。
3.情報収集
最大努力に勤めていた。あとは全部黒塗りで
➡大多数の国が少なくとも化学兵器と生物兵器の隠匿の可能性を認識していた
の部分が開示。
4.分析
100%黒塗り
5.政策決定
IMG_4368

これは特に日本の外交成果とはいいがたい気がします。
そして米国の働きかけ。
一番気になるところ。機微な内容がかかれている可能性がたかい

4)米国以外の対応
IMG_4374

イラクの前にはこのスペースだと句点が入るので、2文字の国でしょうか?
5)武力行使の法的根拠は 「国連憲章に合致している」というのが先のパンフにも書いてあります。これは明らかに嘘。安保理で決議されなかったわけですから。ここではその誤りを認めているのかどうかがポイントですね。
6)武力行使支持の理由は黒塗り
日米関係を優先したと書かれているかどうか。
IMG_4366

6.国民への説明責任
IMG_4375

わかりやすい解説した資料というのが気になります。イラク戦争が始まる前に外務省のHPには以下のような説明がありました。アメリカ大使館のHPの引用のようです。
どうしてイラクを攻撃するのか?
1)イラクが大量破壊兵器とその運搬手段である弾道ミサイルを開発・保有している強い疑いが存在する。
2)イラクはイランとの戦争でイランに対し、また、88年自国民に対して化学兵器を使用した実例があるとされている。
3)無差別かつ高度な殺傷能力を持つこれらの兵器のイラクによる保有・使用は国際の平和と安全に対する大きな脅威となる。これは国際社会全体の深刻な懸念である。
4)また、これらの兵器が国際テロリストの手に渡ることは、2001年9月11日の同時多発テロ事のような大規模無差別テロを再発するおそれがある。

不確かな情報をもとに、アメリカのプロパガンダを垂れ流した罪は重いといえます。
当時のHPがどのような内容であったのか、開示してほしいですね。
IMG_4364

一体誰でしょう?有識者とは?そこは、調べればわかりますね?

さて最後
7.教訓と今後の取り組み
IMG_4376


ここが黒塗りになっていて、国民の説明責任に関する今後の取り組みが黒塗りだとはどういうことでしょうか?

さていろいろと書いてきましたが、教訓を生かすのであれば、やはり黒塗りの部分を開示すべきです。これでは、今後の日本外交に期待できません。
最後に小泉純一郎さんが最近上梓された「決断の時」に書かれている一文を紹介します。
IMG_7707[1]

小泉純一郎元総理は、トモダチ作戦に参加し、被爆したアメリカ兵に会い涙を流しました。もし、意味のない戦争に駆り出されて、PTSDになりいまだに社会に適応できず自殺していく米兵を実際見舞ったらどうなのだろうか?もし、在職中にイラクを訪問し、米軍に手足をもぎ取られた子どもに実際会っていたらどうだったでしょう。イラクに行きたがっていた首相は、一度もイラクの土地を踏まなかったのはなぜ?
クリアリングハウス


これだけの犠牲者を生み出したイラク戦争。フセインのせいだといえますか?
アメリカが既にイラク戦争は間違いであったことを認めているわけですから、15年もたち機微な部分などいったい何があるというのでしょう。
日本の責任は大きく、そこから学ぶ教訓もたくさんあるはず。クリアリングハウスは東京高裁に控訴し、係争していくそうです。黒塗りの部分が開示されることを期待します。

佐藤真紀





9/2 緊急学習会!イラク派遣から南スーダンPKOへ「駆け付け警護」任務付与で自衛隊はどうなる?

JIM-NETも参加する『イラク戦争の検証を求めるネットワーク』では、下記の学習会を緊急開催します。
皆様ぜひご参加ください。

---------------------------------------

政府・与党は昨年、イラク派遣をはじめ過去の自衛隊の国際活動の検証を十分にしないまま、活動範囲を一層拡大する安保関連法を成立させました。

そして、その適用の第一弾として、11月から南スーダンに派遣するPKO部隊に駆け付け警護などの新任務を付与する計画だと報じられています。

一方、南スーダンでは7月に政府軍と反政府勢力の戦闘が再燃し、国連安保理は首都ジュバの治安確保と文民保護のために先制攻撃も辞さない地域防護部隊の追加派遣を決議しました。
こうした南スーダンの現状を踏まえて、自衛隊の駆け付け警護の問題点と日本の貢献のあり方を考えます。

◆日時:2016年9月2日(金)19:00~21:00
◆資料代:1,000円(学生、障がい者500円、高校生以下は無料)
◆場所:明治大学 研究棟2階 第9会議室(東京都千代田区神田駿河台 1-1)

■JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩約3分
■東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩約5分
■都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩約5分

surugadai_1
(クリックすると拡大します)
【研究棟への行き方】研究棟は、明大通りに面した「リバティタワー」の裏に隣接する建物です。リバティタワーの正面玄関を入り、左手奥に進むと出口があります。出口を出ると研究棟の入口があり、エレベーターで2階に上がり、エレベーターを背にして右へ、すぐ正面を右へ、直進して左奥の教室が第9会議室です。


<講師プロフィール>
伊勢崎賢治(いせざき・けんじ)さん
国連 PKO上級幹部として、東ティモール、シエラレオネの戦後処理を担当、日本政府特別代表としてアフガニスタン軍閥の武装解除に携わる。現在、東京外国語大学教授。国民安保法制懇メンバー。著書に『日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門』(朝日新書)など。

布施祐仁(ふせ・ゆうじん)さん
1976年生まれ、ジャーナリスト。『平和新聞』編集長。著書に『経済的徴兵制』(集英社新書)、『ルポ イチエフ 福島第一原発レベル7の現場』、『日米密約 裁かれない米兵犯罪』(岩波書店)、『18歳からわかる平和と安全保障のえらび方』(共著、大月書店)など。岩波書店『世界』4月号に「南スーダン内戦に自衛隊はどう対処したか〜内部文書で見るPKOの真実」を執筆。

共催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
   社会思想史研究会

4a5314_c305558fca1d45a882e7edb0484f4a00-mv2_d_1240_1753_s_2

【動画】IWJ「第1回イラク戦争公聴会のハイライト」

第一回イラク戦争公聴会のハイライトをIWJさんがまとめてくださいました。
10分程度にまとまっており、どのような内容だったのかわかるかと思います。
こちらをぜひご覧ください!

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/305049

イラク戦争検証公聴会が5月から始まります。

イラク戦争検証公聴会が5月から始まることに。JIM-NETも全面的に協力を表明。
佐藤真紀事務局長が結表明の記者会見に参加しました。
動画はこちらをご覧ください。
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/292505
height="266" border="0" alt="イラク戦争公聴会" hspace="5" class="pict" />

12/15(火)イラク戦争の検証を求めるネットワーク「本当に平和をつくる―伊勢崎賢治×高遠菜穂子 現場から問う、自衛隊、憲法、安保法制」

イラク戦争の検証を求めるネットワーク主催のイベントのご案内です。
伊勢崎賢治さん、高遠菜穂子さんが対談します。
会場でチョコ募金も行います。是非ご参加ください。
**************************
イラク戦争の検証を求めるネットワーク presents
<緊急トークセッション>
本当に平和をつくる―伊勢崎賢治×高遠菜穂子
現場から問う、自衛隊、憲法、安保法制
安保法制採決の正当性も十分論議されないまま、来春には、自衛隊は南スーダンでのPKO活動で「駆けつけ警護」、つまり他国軍の助太刀として戦闘を行えるようになります。そのことが何を意味するのか、具体的にどのようなリスクがあるのか。また、武力によらない、日本だからこそできる国際貢献ができるのではないか。アフガニスタンでの武装解除任務を成し遂げた伊勢崎賢治さん、混迷のイラクで人道支援活動を続ける高遠菜穂子さんが 、安保法制や自衛隊の活動、平和憲法に基づく国際貢献などで大いに語ります。
【日時】12月15日(火)19:00〜21:00(開場18:30)
【場所】青山学院大学 二号館二階223教室
【資料代】1000円(学生、障がい者500円、高校生以下は無料)
【主催】イラク戦争の検証を求めるネットワーク
【お問い合わせ】電話:090−9328−9861(しば)
     *参加ご予約は必要ありません。当日先着順。
【講師プロフィール】
伊勢崎賢治:
国連PKO上級幹部として、東ティモール、シエラレオネの戦後処理を担当、日本政府特別代表としてアフガニスタン軍閥の武装解除に携わる。現在、東京外語大学教授。国 民安保法制懇メンバー。著書に『日本人は人を殺しに行くのか 戦場からの集団的自衛権入門』(朝日新書)など。
高遠菜穂子:
エイドワーカー。インドの「マザーテレサの家」ボランティアを経て、イラクでの人道支援活動を2003年5月から開始。以来、学校・病院の修繕、国内避難民支援などの活動を継続。著書に『破壊と希望のイラク』(金曜日)など。
【コーディネータープロフィール】
川口創:
弁護士。自衛隊イラク派兵違憲訴訟名古屋弁護団として、2008年4月、空自イラク派遣違憲判決を勝ち取る。著書に『「立憲主義の破壊」に抗う』(新日本出版)など。

伊勢崎賢治×高遠菜穂子

7/18安保法制で日本と世界は平和になるか? 戦争のリアルから問う安倍政権の「積極的平和主義」

イラク戦争の検証を求めるネットワーク主催のイベントのご案内です。
元防衛官僚実務トップ柳澤協二さん、現地から帰国直後の高遠菜穂子さんのお話を聞くことができます。
ぜひご参加ください。
====================================================================
7.18 緊急トークセッション
安保法制で日本と世界は平和になるか? 戦争のリアルから問う安倍政権の「積極的平和主義」
====================================================================
憲法違反の安保法制(戦争法案)の可決に固執している安倍政権。
その安保法制で本当に日本と世界の平和は守れるのでしょうか。
むしろ米国の戦争に加担することで、紛争地の人々も日本の人々も犠牲になる恐れがあるのではないでしょうか。
そこで、防衛官僚の実務トップであった柳澤協二さんに「集団的自衛権で抑止力が高まる」「米国の戦争に巻き込まれることはない」等の安倍政権の主張が本当か嘘かを解説してもらい、イラク支援ボランティアの高遠菜穂子さんに、日本が支持・支援した「私達の戦争」であるイラク戦争の実態やその後の現地の混乱について、語ってもらいます。
安全保障のプロの視点、現場にもっとも近い視点から、リアルな議論と問題提起を行います。

日時:2015年7月18日(土)19時〜21時(18時30分開場)
場所:伊藤塾 東京校(東京都渋谷区桜丘町17-5)
JR・東急・京王・地下鉄各線 渋谷駅 南改札西口より徒歩3分
地図 http://www.itojuku.co.jp/keitai/tokyo/access/index.html
資料代:500円(+カンパ歓迎、学生及び無職の方は無料)
スピーカー:柳澤協二(元・内閣官房副長官補)
      高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)ほか
        *追加ゲストあり
司会進行: 志葉玲(ジャーナリスト)

主催:イラク戦争の検証を求めるネットワーク
共催:市民社会フォーラム
お問い合わせ:
イラク戦争の検証を求めるネットワーク
〒171-0033 
東京都豊島区高田3-10-24 第二大島ビル303
090-9328-9861
info@iraqwarinquiry.net
☆ご参加は予約不要です(^^)

4/20「ファルージャ10—イラク戦争がもたらしたもの、日本のこれから」

イラク戦争の検証を求めるネットワーク主催のイベントのご案内です。
映画「ファルージャ」他、関連映像を視聴できるだけでなく、
現地から帰国直後の高遠菜穂子さんのお話を聞くことができます。
***
イラク・ファルージャ虐殺10年企画
「ファルージャ10—イラク戦争がもたらしたもの、日本のこれから」
2014年4月20日(日)
会場:明治大学リバティータワー 1階1011号室 東京都千代田区神田駿河台1-1
12:00〜15:50 映画「ファルージャ」ほか、関連映像の上映
16:00〜16:30 高遠菜穂子さんファルージャ支援報告
16:45〜19:30 トークセッション「ファルージャと“戦争できる国”」(仮題)
資料代:500円(*カンパ大歓迎)
お問い合わせ:090-9328-9861office@iraqwar-inquiry.net
主催団体:イラク戦争の検証を求めるネットワーク 社会思想史研究会
***
20-1-726x1024

イラクと日本および世界の平和を実現するための早稲田宣言

MAS_6056


20日に早稲田大学で行なわれた、イラクテン(イラク戦争10年キャンペーン)
のメインイベントは、約500人が参加してくださいました。10時〜17時までの
長丁場でしたが、最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。
朝日、東京、時事、北海道 など各紙やNHKのニュースでも報道され、
メインゲストのアリさん、ローズさん、孫崎さんだけでなく、分科会も多彩な
顔ぶれで、どの発言もとても素晴らしいものでした。

JIM-NETでも劣化ウラン被害についての分科会をICBUWと共催。 
劣化ウラン被害について訴え続けてきているバスラのアリ−アリ医師、
コスタリカでの劣化ウラン兵器禁止法の成立に大きく貢献した
イザベル・マクドナルドさんに加え、日本で劣化ウラン問題にコミットして
いる方々に、劣化ウラン兵器問題の現状と禁止に向けた展望について
語り合いました。

イラク戦争検証を実現するために、当日集まった皆さんや、カンパのご協力
くださった皆さんの想いを今後もつなげて行けるよう、JIM-NETでもイラクテン
の活動に引き続き関わりたいと思っております。

キャンペーンの動きはまだまだ続きます。
イベントカレンダーをご覧ください。http://iraqwar10.net/?page_id=136

少々長いですが、全文載せます。
イラクと日本および世界の平和を実現するための早稲田宣言

いかなる国や地域の人々であれ、生命や尊厳、平等という譲ることのできな
い権利を保障されることは、世界における自由、正義および平和の基礎です。
2003年3月に米英両国を中心として開始され、日本が支持・支援したイラク戦
争は、世界人権宣言に謳われる精神とは正反対のものであることを、ここに確
認します。
イラク戦争では、少なくとも11万人もの民間人の命が奪われ、現在もなお、
300万人近くもの人々が、国内外での避難生活を余儀なくされるような状態
を招きました。それが「自由と民主主義」を標榜する先進諸国によって引き
起こされたことは断じて許されないことであり、この戦争を止められなかった
市民 社会にとっても痛恨の極みです。
ファルージャなどイラク各都市での無差別虐殺や、アブグレイブ刑務所など
での組織的な拷問や虐待、クラスター爆弾や劣化ウ ラン弾など非人道的
兵器の多用など、米軍ほか多国籍軍がイラクで行なってきたことは国際
人道法に著しく反することは明白であり、また「人道に対する罪」に あたる
可能性があります。自国のイラク戦争への関与について検証を行ったオラ
ンダで、独立検証委員会が結論づけたように、イラク戦争は国連憲章に定
められた武力行使の法的根拠を持 たない、国際法上も違法なものでした。
そうした戦争を日本が支援・支持したことは、日本国憲法前文の「平和を維
持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国
際社会において、名誉ある地位を占める」という精神に反し、また名古屋高
裁が憲法判断を示したように、航空自衛隊による米軍 の人員・物資の輸送
支援は、集団的自衛権の行使、参戦行為であり、憲法違反です。
これらの事実が持つ重大さは、決して風化させてはならず、日本のイラク戦
争への関わりの検証は歴史的、国民的な課題です。したがって、私たちは、
以下の行動を提起します。

◯政府は、第166回国会閣法第89号附帯決議に従い、イラク戦争への日本
 の関わりについての検証を行うこと。市民側も政府任せでなく、検証を行うこと。
◯政府は「石油の確保のため」「周辺国の脅威に対抗するため」という理由で、
 イラク戦争を支持するなど、自らの利益のために他者の犠牲を顧みない姿勢
 を改め、平和共存の道を模索すること。
◯市民は、戦争を始めた当事者たちの責任を問い、国際刑事裁判所での訴追
 や「普遍的管轄権」の行使を含む追及を、国際社会に求めていくこと。
◯市民は、今後もイラクの状況について関心を持ち続け、情報収集や共有に務めること。
◯政府、市民それぞれは、困窮するイラク難民・避難民や、劣化ウランが原因と
 思われる健康障害を抱える人々など、戦争被害者に対し、今後も、あらゆる
 支援を行なっていくこと。
◯政府、市民、それぞれは、平和憲法の精神に基づき、戦争に参加、支援する
 動きに断固反対し、あらゆる国際紛争について平和的な解決を目指すこと。
◯本宣言を、市民側は広め、協力の輪を広げていくこと。政府は政策に反映すること。
記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ