JIM-NETスタッフblog

JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、
イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

SUGIZO

今年のチョコ缶になったナブラスの家庭訪問記

10月2日、ババガヌージュのメンバーであるSUGIZOさんとローカルスタッフのリームと共にドホーク郊外のある家族の家を訪問してきました。
その家族の家に到着するとまず目に入ってくるのは壁にかけられた1枚の少女の写真でした。
彼女は2016年1月にこの世を去ったナブラス(享年14歳)

72555655_2630774010323767_4635491007809454080_n


+++

「ナブラスが生きていたら19歳になるくらいかしらね・・・。ナブラスが亡くなって以来、思い出さない日はないわ。」
ナブラスの写真を遠くに見つめながら母はか細い声で吐き出すように呟きました。
ヤズディ教徒のナブラス一家が住んでいたシンジャールはIS(イスラム国)によって襲撃されたのは2014年のこと。骨のがんに苦しんでいたナブラスとその一家は命の危機を感じ、決死の覚悟でシンジャールを後にし、ドホーク郊外へと避難しました。隙間風が強く入り込むコンクリートの家でナブラスは息を引き取りました。

+++

それから3年半の月日が流れ、我々が訪問したナブラスの家には新しい“ナブラス”が誕生していました。亡くなったナブラスの兄が結婚し、生まれてきた女の子にナブラスと名付けたのです。「妹を忘れないために同じ名前を付けたんだ。」幼い“ナブラス”はどこか亡きナブラスの面影を感じさせました。ヤズディ教徒としての生き難さ、戻ることが出来ない故郷への想い、そして忘れ得ぬナブラスの死と共に生きる家族にとって彼女の存在は希望だと言います。

71864974_2630774073657094_5134980792207802368_n


+++

闘病中にナブラスが描いたポインセチアの絵は2016年JIM-NETチョコ募金のチョコ缶となり、今年は同じチョコ缶が復刻版として採用されます。がんの子どもたちを応援してくれているSUGIZOさんと共に音楽交流や難民キャンプでのライブ同様に、その地で起きていることの一端を少しずつ皆様にもお伝えしていければと心新たにナブラス一家の家を後にしました。

71827250_2630774013657100_297704116228980736_n


写真/c︎KEIKO TANABE

BGNJプロジェクト【University of Kurdistan Hewler】

SUGIZOさん、佐藤慧さん、斉藤亮平のババガヌージュの10/3の様子を転載します!
------
【BGNJプロジェクト】
10/3に開催したライブの様子をお届けします!

University of Kurdistan Hewler。クルディスタンの未来を担う優秀な人材を輩出し続けているこの大学は、実はこのプロジェクトの現地コーディネーター、Barzan 君の出身校でもあります。全授業を英語で行い、教授に敬称(Dr.など)をつけることを許さない(立場による権威をつくらない)という自由な校風のこの大学には、海外の文化や音楽にも関心の高い学生が多いということで、今回のライヴ開催にも協力して頂く事になりました。

とはいえライヴハウスもないクルディスタンでは、音響や照明のプロを探すのも一苦労。限られた機材、環境の中、時に停電に見舞われながらもステージ作りを進めていきました。

そして遂に開場。老若男女問わず約200名の方が訪れ、初めて耳にする音楽に湧き上がりました。ババガヌージュの演奏するクルドの伝統音楽には、手を叩き喜ぶ人々が次第に合唱を加えます。 地元デスメタルバンド、DARK PHANTOMの演奏にもコアなファンが熱狂。「もっとこういうライヴの機会を作ってほしい!」、「また是非クルディスタンに帰ってきてくれ!」というポジティブな反応に受け入れられ無事終演。
搬入搬出、ステージセット、運営、すべて手作りのライヴには地元学生のボランティアにも協力して頂き、文字通りみんなで創るライヴとなりました。詳細、そのほかの写真はまた追って報告させて頂きます!(写真/cKEIKO TANABE、文/佐藤慧)
71752809_2626559990745169_5244786566047465472_n

#dialogueforpeople #d4p #babaganouj #ババガヌージュ #佐藤慧 #KeiSato #SUGIZO #斉藤亮平 #CosmicDanceQuartet #DARKPHANTOM #UniversityofKurdistanHewler #JIMNET #イラク #Iraq #クルド自治区 #Kurdistan #音楽 #music
————————————————
BABAGANOUJプロジェクトのいままでの歩みは
Dialogue for People ウェブサイトに掲載中!

詳細はプロフィールのURLから @d4p.world —————————————————

BGNJプロジェクト【ダラシャクラン難民キャンプ】

ジムネットも活動している、イラク国内のシリア人難民キャンプで、ババガヌージュメンバーが演奏してくださいました!

写真からも熱気が伝わってきますね。
転載します↓
-------

【BGNJプロジェクト】
クルディスタン最終日はダラシャクラン難民キャンプにて、シリアの戦乱から逃れて来た人々や、国内避難民の方々に向けてのライブです。そもそものババガヌージュ結成のきっかけが、難民キャンプという非日常の場で生活する人々にとって、衣食住の次に必要となる、心の滋養、精神を解放する時間としての「音楽の鳴る場所」を共に創りたいという思いでした。

シリアが戦乱に巻き込まれ早8年以上。2013年に開設され、約1万2千人の暮らすダラシャクラン難民キャンプでは、住人の半数以上が18歳以下です。エネルギーを持て余す子どもたちが、ライブの準備中から続々と集まってきます。地元の伝統歌謡とダンスチームの公演から始まったライブでは、続くCOSMIC DANCE QUARTETの音楽に人々のボルテージも一気に高まり、ステージと聴衆が限りなく密接するライブとなりました。

即興で踊りを披露する男性、ステージ上で演奏中のSUGIZO @sugizo_official さんとセルフィーを撮る(!)人々。塀の上で飛び跳ねる子どもたち。両腕を振りかざし全身を躍動させるお母さん。ババガヌージュの演奏する「マウテニー」という中東音楽では合唱が起こり、SUGIZOさん作曲の「The Voyage Home」では、「すべての人々が自分の故郷に帰れるように」という想いに歓声が上がります。

自ら望んで「難民」となった人などひとりもいません。自分の一部ともいえる「故郷」を追われ、不自由な暮らしを強いられるということはどれほど大変なことなのでしょうか。住む場所や文化、言葉が違えど、誰もが尊厳を持ったひとりひとりの存在なのです。人々を追いやる「境界線」というものが人間によって造り出されたものであるなら、それはまたきっと人間自身の手によって克服していけるもののはず。ステージの目の前で(なんならステージの上に上がって)一緒に音楽を楽しむ人々を見ていると、そんな未来を信じて少しずつでもできることをしていこうという勇気を頂きます。

僕らが何かを「与える」という上から目線の姿勢ではなく、未来を「共にを育んでいる」...ババガヌージュの活動が、そんな場所になっていくことを願いながら、最後の1音まで、みなさまに頂いた想いを込めて弾いてきました。そして活動の場はヨルダンへ。ババガヌージュ結成の地へと空路を行きます。(写真/cKEIKO TANABE、文/ 佐藤 慧 )
71102368_2626570024077499_303109414175375360_n


#dialogueforpeople #d4p #babaganouj #ババガヌージュ #佐藤慧 #KeiSato #SUGIZO #斉藤亮平 #cosmicdancequartet #jimnet #ダラシャクラン難民キャンプ #darashakranrefugeecamp #シリア #syria #イラク #iraq #クルド自治区 #kurdistan #音楽 #music #TheVoyageHome
—————————————————————
BABAGANOUJプロジェクトのいままでの歩みは
Dialogue for People ウェブサイトに掲載中!

詳細はプロフィールのURLから @d4p.world
—————————————————————
記事検索
支援のお願い
イラク小児がん支援・シリア難民支援・福島の子どもたちを放射能から守る活動にご支援をよろしくお願い致します。
郵便振替口座 00540-2-94945
口座名:日本イラク医療ネット
クレジットカードでも募金できます。
クレジット募金
メールマガジン配信
JIM-NETの活動、イベントのお知らせなどを配信します。
下記フォームにメールアドレスを入力しますと、参加確認のメールが届きます。



JIM-NETメールマガジン」に参加しませんか?









アーカイブ
JIM-NETとは。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)では、イラクの小児がん医療支援、イラク国内避難民・シリア難民支援、福島の子どもたちを放射能から守る活動を行っています。

jim-net-banner




チョコ募金とは。
「チョコ募金」は、2006年から毎年おこなっている冬季限定の募金キャンペーンです。 一口550円の募金をしてくださった方へ六花亭の美味しくてかわいいチョコレートをプレゼントしています。募金は以下の活動に使われます。
イラクの小児がん医療支援/シリア難民・イラク国内避難民支援/福島の子どもたちを放射能から守る活動
Twitter プロフィール
  • ライブドアブログ