じいちゃんとの思い出

じいちゃんが好きだった食べ物や過ごした思い出など

上手な貯金方法

じいちゃんに上手な貯金の方法を
聞いたことがありました。

一般的な貯金術と同じなのかどうかは分かりませんが
貯金以前に収入の大切さを説明していた。

あと貯金という言葉ではなく、
好んで貯蓄という言葉を使っていた。

具体的な貯金方法は、
当時はよく分からなかったけど、いろいろメモをした。

メモした内容と私の解釈とが
もしかしたら間違っているかもしれないので
ここには書きませんけれど、
じいちゃんの言葉を検索して探してみると
じいちゃんのメモ内容と似ている内容で
貯金を増やす方法というサイトがあったので
もしかしたら、参考になるのかもしれないと思っています。

じいちゃんとお金

じいちゃんは一見、
お菓子やスイーツなどを買って
無駄遣いをしているようにみえたが
実はお金の大切さにシビアな人だった。

じいちゃんの貯金額は知らないし、
遺産を残すつもりはないといっていた。

お金を譲り受けるよりも
お金を貯める、
お金を稼ぐことが重要といっていた。

また、お金は貯めて価値が上がることもあれば
逆に下がることがあるとも言っていた。

物価とお金の価値とのバランスと
お金を停滞させるよりも、流れが大切
と言いたかったのかもしれない。

後日、じいちゃんの貯金通帳を見る機会があった。
見てどうこうすることもないのですが。

通帳は1冊ではなくて、数冊が束になっていて
金融機関ごとに分かれていた。

通帳の中で日付や金額が印字されているところに
何やら記号のようなもので記載されている箇所がある。

意味はよく分かりませんが、
何らかの目印、記号だったのかもしれない。

通帳の入っていた袋には
メモ帳か日記帳みたいなものがあり、
その日その日の楽しいことが記載されている。

あ、、あの日こんなことがあったなぁと
懐かしさと切なさがこみ上げてきた。

お金と偏見

じいちゃんの話で思い出したこと。
それはお金に対する偏見を持たないことが大切
ということ。

厳密にはお金に対する偏見ではなく、人に出る。

臨時収入があったとか、給料が上がったとか
他人にラッキーなことがあったときに
それをうらやんだり、嫉妬したりすると
お金に対して偏見のようなマイナスのイメージを
無意識に持ってしまうので
結果、お金から逃げられてしまう。

だから他人に良いこと、ラッキーなことがあったら
「よかったね」という感じで賛美するのが良いようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

苦労の後には苦労が来る

幸せなことが苦労の後に来ると思いがちですが
苦労の後に幸せが来る可能性は少ないとのことでした。

じいちゃんが幼い頃は、時代が時代なので
苦労の連続だったらしく、幸せになれると思って
あえて苦労することを選んだらしい。

ところが一旦、幸せのほうへ向いてから苦労
(その時点で苦労とは思えなくて楽しいことに変わるのですが)
した方が幸せにある可能性が高いとのことでした。

じいちゃんの手帳

じいちゃんが自分自身に言い聞かせていた言葉なのか
後から私たち家族に伝えたかったメッセージなのか
それは定かではありません。

じいちゃんの遺品の中に手帳があった。

手帳の内容はよくわからない。

他人の手帳の内容を見るのにも
私には抵抗があることなのですが、
文字そのものも読みにくく、
また何らかの記号のようなものもあるので
たぶん他人に見られたくないことを意識しているのだと思う。

そんなじいちゃんの手帳の中にも
表紙の裏に誰でも読める文字で
はっきりと書かれた二文字があった。

それは「感謝」という言葉。


仕事に選ばれる

じいちゃんが言っていたことのなかで、不思議な話。
「仕事は選ぶのではなくて、仕事に選ばれるんだよ」
と意味深なことを言っていた。

当時は分からなかったし、
わざわざ哲学的なこと言わなくてもと聞き流していたけれど、
とてももったいないことをした。

今は、じいちゃんの言いたかったことが
少しは分かる気がするけれど、
もう少し話が聞きたいと今になって想う。

明るく笑顔

今思えば、お別れのときの私のことを心配して
じいちゃんが察してくれていたのかもしれないと感じた。

じいちゃんと過ごした、ありきたりの時間。

これといって悩みもなく、普段どおりの毎日だったけど、
いきなり突拍子もなく、言われた言葉がある。

「いつも明るく笑顔だよ!」

じいちゃん、突然何言ってんの?って思いましたが、
よくよく考えてみると、笑顔って言われても、
笑ってなんかいられないことがあるよね?

イライラすることもあるし、
怒りがこみ上げてくることもあるし、
心配したり、不安になることもあるし。
そして、悲しいこともあるし。

あまりにも何度もじいちゃんが言うので
当時はややあきれ気味に
じいちゃんへ聞いてみた。
明るく笑顔でいられないときはどうするの?って。

そしたら、じいちゃんは、
「すーっと笑顔がなくて暗していて
そのままでいるわけにもいかないでしょう?
無理しなくてもいいから、
笑顔でいられない時間が過ぎたら、
また笑顔を取り戻すんだよ!」
と。

じいちゃんはいつまでも、
私のそばにいるものだと思っていた。
そのときが近づいていることに、
私はまだ気がつかないでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

じいちゃんの部屋で、
主に他の家族に内緒でこっそり食べた
お菓子やスイーツの話題です。

思い出のお菓子やスイーツ

アイスクリーム(バニラ)

じいちゃんとカップ麺を食べた後に
一緒に食べたアイスクリーム(バニラ)。
暖かいものを食べた直後に冷たいものを食べるのは
体に悪いらしいけど、
「今日は特別!いいかな?」
ということで、じいちゃんと二人で食べました。

アイスクリーム(バニラ)

焼き団子

2009年秋、じいちゃんの部屋で焼き団子。
煙もくもくで、夜風が寒い中、窓を開けた。
月見の時期はすでに終わっていたはずなのですが
昔を懐かしみながら、楽しみたかったみたいです。

タレはみたらし系で、
じいちゃんがいろいろ工夫した模様。

焼き団子

クッキーとビスケット

名前は忘れてしまいましたが
じいちゃんと一緒に食べようと、
帰宅途中でコンビニで買ったお菓子。

じいちゃんの好みがわからなかったので
とりあえず2種類購入して、
じいちゃんの部屋でコーヒーと紅茶を飲みながら
(本当は日本茶か牛乳が飲みたかったらしいけど)
一緒に食べました。

クッキー
ビスケット

ポテトチップスガーリック

2009年の11月。

じいちゃんと食べた
コイケヤのポテトチップス。

じいちゃんはにんにくが好きなので
ガーリック味。

袋を開けた瞬間に
ガーリックの香りが立ち込めることを知っていたので
ワザとじいちゃんにあけてもらった。

ポテトチップスガーリック2

じいちゃんのうれしそうな顔。 めちゃ印象的だったなぁ~。

さつまいもチップス

2009年の冬、お菓子を隠し持っていたのは
さすがに今回は気がひけたのか
さつまいもチップスは、みんなに話していた。

さつまいもが身体に良い話とか
いろいろ、じいちゃんの漫談。

さつまいもチップス2

とても楽しい家族のひと時だった。

シュガーデニッシュ

シュガーデニッシュ

最近はいろいろな種類のパンがあるんだなぁ~と
その他いろいろごちゃごちゃ言っていたけど
すっかり忘れてしまいながら、
じいちゃんと一緒に食べた。

森永プリン

2010年1月、おせち料理に飽きてしまい
じいちゃんと二人で隠れて食べた
森永プリン。

森永プリン

おいしかったぁー!!

チョコレートクッキー

正式な名前は忘れてしまいましたが
じいちゃんの部屋においてあったチョコレートクッキーを
二人で食べた。

チョコレートクッキー
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

家族旅行も楽しいね!
旅行にまつわるじいちゃんとの思い出話です。

観光地の写真は風景の撮影時にはどうしても家族の誰かが写っていることが多く、また家族以外でも見知らぬ誰かさまかが写り込んでいるケースもありますので、ブログ掲載の写真からは省いておりますことをご了承くださいませ。

東京都内

六本木通り

2008年夏、じいちゃんと都内散歩。
東京都道421号霞ヶ関渋谷線、通称六本木通りです。

東京オリンピックに向けて整備されたらしく
整備される前、整備された後、そして東京オリンピックを経て現在と
じいちゃんは懐かしんでいた。

あっ、東京オリンピックのために整備されたと言いましても、
私が生まれるすーっと前、昭和39年(1964年)の話ですよ。

六本木通り

神田駅

2008年冬、夜の神田駅。

神田駅

じいちゃんと都内をいろいろ回っていたら
すっかり暗くなってしまった。
日銀近辺には、普段見かけないような
いろいろな銀行があるね。

江戸東京博物館

江戸東京博物館

2008年の冬、
両国だから、お相撲?ちゃんこ??と思いましたが
じいちゃんの強い要望があって、
江戸東京博物館へ行きました。

東京駅

2008年、じいちゃんと東京駅にて。

東京駅

今の改修される前の東京駅で
駅が少し歩きにくかったことを記憶しています。

東京駅入り口

丸の内オアゾによって、
その後皇居方面へ向かいました。

新宿駅

2009年の冬、じいちゃんときた新宿。
「昔とずいぶん変わったなぁ~」と一言。
昔っていつの時代?とはきかなかったけど。

新宿駅に地口の空

昼間の新宿駅西口。
後ろに小田急と京王百貨店がある。

ショッピングというわけではないれど、
しんじゅくを中心にいろいろなところを回った。

タクシーや地下鉄に乗っても良かったのですが、
歩きたいとのことなので、新宿御苑のあたりを散歩したり食事したり。

建物内では気がつかなかったけど、
夕方になって外に出たら
新宿駅に地口の夜
すっかり暗くなっていた。

井の頭公園

2009年の冬、じいちゃんとJRの中央線に乗る。
突然吉祥寺で降りたいと言い出して
「おお!若者に人気と評判の吉祥寺駅周辺が観たいのかな?」
と思いきや、井の頭公園でした。

井の頭公園

まだ若干、効用が残っている模様。

井の頭公園2

御柱祭(JR新宿駅)

2010年2月、新宿駅構内にて、
御柱祭関連のオブジェ。

じいちゃんが、「肝心の御柱は?」と言っていたのが印象的
そんなの駅構内におけるはずないのに。

御柱祭(JR新宿駅)

宇都宮駅

2009年12月、
じいちゃんと栃木県にある某有名温泉へ行った。

途中、宇都宮駅で下車。
駅のホームから階段をあがりトイレへ行く途中
構内に水車とクリスマスツリーのオブジェが。

宇都宮駅のオブジェ

クリスマスツリーのほうへ近づく。

宇都宮駅のクリスマスツリー

何かのイベントなのかと思ったのですが
毎年、いろいろなオブジェを飾っているらしいです。

こういうシンプルなもの、私は好きですねー。

オブジェ前の椅子に腰掛けて
じいちゃんがトイレから帰ってくるのを待つ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

家族っていいね!
食べ物にまつわる、じいちゃんとの思い出話です。

旅麺

最初に、じいちゃんが好きだったカップ麺の話題から。

じいちゃんは旅行好きで、
毎週のように旅行に行きたがるのですが
なかなか私の都合が取れなくて月に1回いけるかどうかというところ。

食べ物でいえば、カップ麺が好きでしたので
(お魚やお野菜も普段の食事で食べますけど)
旅行とカップ麺の共通していたので、旅麺をプレゼント。

本当はじいちゃんだけのはずだったのですが、
「一緒に食べよう」ということで、私も食べることに。

このきっかけが後々、
じいちゃんの部屋でカップ麺を食べることが
ほぼ日課になってしまうのですが、
今となってはとても楽しい思い出です。

札幌

味噌ラーメン札幌

旅麺 味噌ラーメン札幌を食べながら、
「夏になったら、北海道へ行きたいなぁ~」と、じいちゃん。
何か言いたげでした。

喜多方

醤油ラーメン喜多方

旅麺 醤油ラーメン喜多方を食べました。

カップ麺ではないですが
同じ醤油ベースでも本場の喜多方ラーメンと
東京ラーメンとはだいぶ違うようです。

沖縄

沖縄そば沖縄

旅麺 沖縄ラーメン沖縄を食べながら、
「南の島へ行きたいなぁ~」とじいちゃんがつぶやいていた。
このとき私は、観光として沖縄に行ったことが
今までないことをはじめて知った。

エースコック カレー旨うどん

エースコック カレー旨うどん

2009年4月、
他の家族に隠れて、じいちゃんと二人で食べる時間が
とても楽しかった。
最近カレーを食べていなかったので
二人で食べたエースコック カレー旨うどん。

豚キムチとんこつ

豚キムチとんこつ

2009年4月、
じいちゃんと食べた豚キムチとんこつです。

じいちゃんの部屋で
他の家族に隠れてカップめんを食べることが
私の習慣になりつつありました。

スーパーカップ 豚バラとん汁

2009年11月、そろそろ寒くなり始めたころ、
じいちゃんと食べたカップ麺。
スーパーカップ1.5 豚バラとん汁です。

豚バラとん汁

食べる前に良くかき混ぜます。

豚バラとん汁2

普通のカップ麺よりも量が多くて、安くておいしい!

スーパーカップ 鶏南蛮そば

前回に引き続き、
じいちゃんの部屋で家族に内緒でこっそり食べたカップ麺
スーパーカップ1.5 鶏南蛮そばです。

鶏南蛮そば

量が多かったので、
食べる前に、念入りによくかき混ぜます。

鶏南蛮そば2

仙台辛味噌らーめん

じいちゃんは旅行へ行きたがっていたけど
なかなか私の都合がつかないので、代わりに買ってきた
じいちゃんの大好きなカップ麺、仙台辛味噌らーめんです。
もち、じいちゃんと一緒に食べました!

仙台辛味噌らーめん

日清麺職人 担々麺

今はもうスッカリ新しいデザインになってしまいましたが、
2009年12月当時の日清麺職人 担々麺。

じいちゃんにとって、
「もうインスタントとはいわせない。」という言葉が
響いたらしい。

寒い寒いといいながらお湯を沸かして
熱い熱いといいながら
ふうふうして食べた。

担々麺2

トップバリュのカップ麺

2009年冬の寒い日の出来事。

夕食前に
じいちゃんの部屋で
一緒に隠れて食べた
トップバリュのカップ麺。

トップバリュのカップ麺

「写真なんか撮ってないで早く食べろ」
といわれたことが懐かしいです。

吉村屋とんこつ醤油

冬が来ると、思い出す。

2009年の冬。
寒い部屋でじいちゃんと一緒に食べたカップ麺。

もう売っていないカップ麺だけど
吉村屋とんこつ醤油。

吉村屋とんこつ醤油のふたを開けたとき

ふたを開けるとこんな感じ。
沸騰したお湯を注ぐ。

吉村屋とんこつ醤油の出来上がり

カップ麺が出来上がって、
二人で食べた。

ホタテだしラーメン

ホタテだし

2009年12月。
じいちゃんと二人でふたを開けたら、
期待以上にホタテが入っていて
びっくりしたホタテだしラーメン。

コーン味噌バターラーメン

2009年12月。
じいちゃんと食べたコーン味噌バター味のカップめん。
お湯を注ぐ前です。

コーン味噌バター

じいちゃんが珍しく、
昔を懐かしんでいたのが印象的でした。

凄麺 ねぎみその逸品

今は6代目とかで新しくなっていますが、
じいちゃんと一緒に食べた2010年当時の凄麺 ねぎみその逸品。

かやくとスープをとりだしました。

じいちゃんが食べているところを
横から写そうとしたら、
「照れるなぁー」と一言。

凄麺 ねぎみその逸品(横)

自分の分で、上から、パチリ!

凄麺 ねぎみその逸品(上)

凄麺 横浜とんこつ家 濃厚豚骨醤油味

横浜とんこつ家 濃厚豚骨醤油味

2010年1月頃、じいちゃんと食べたカップ麺。
凄麺 横浜とんこつ家 濃厚豚骨醤油味です。

じいちゃんは味噌とかとんこつが好きだったことに
後になって気がついた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ