地味遍路

ひねくれ者が作るひねくれ日記

泉大津にある数少ないラーメン屋です。
なぜならここらへんはうどんの世界だから。 でもかすうどんはどこにもなかったけどね。

さ、油まぜそばを食べましたが、かなり濃い! とても濃い! どうやら温野菜で中和しながら食べるようです。
ランチでは卵かけごはんも無料で、それも中和剤として有効です。

せっかく運動したのに。image

初めてやよい軒に行ってきました。
泉大津のホテルの周りにはここしかないので仕方なしの選択でしたが、なかなか良かった!

店内は天井も高く、座席もゆったり。
しかもBGMは落ち着いたジャズが流れています。 ビールとポテトフライと焼き鯖定食を注文したのですが、きちんとビールとポテトフライから出てきました。

鯖もガスで焼いたべちゃっとした感じではなく、炭火は使わないだろうしどう焼いてんのかな〜って焼き具合でした。

ご飯は10穀米に帰るとおかわり自由がなくなりますが、ビール飲んでるからいいでしょう。

しかも24時間営業なんですね。 image

今日は天気も良いので鎌倉まで歩いてみました。 とは言っても3時間近くかかりましたが。

途中横浜最高地点の山(150mくらい)通過しました。

鎌倉のカレー屋、キャラウェイを目指しましたが、長蛇の列。 諦めました。
image
image
image


しかし、全部山道。 おそるべし。

本場韓国で焼肉!
店名は読めないので不明、24時間営業の業界内では有名なお店がです。

店員さんも日本語も英語もわからないのですが、何とかなると思ったら何とかなるものです。

周りの人たちを観察してたら、キムチもナムルもニンニクもみんな焼くんだね。 ニンニクをしっかり焼いたから翌日お腹をこわしませんでした。

初日にメニューの写真を撮って、ネット環境のあるとこで翻訳して、2日目も行きました。 そのくらいおいしいのよ。
image
image
image
image
image
image

グーグル先生さすが!

バレンタインデーにチョコを貰えなくなって久しいですが、俺チョコならぬ俺バランタインデーにしました。

1予算の都合で12年のハーフボトルになりましたが、スコッチの味はは値段に比例するの法則通りです。
個人的にはシーヴァスリーガルと同じでロックで飲むのが好きだな。
image

羽田空港のスポット17番の正面にあるカフェですが、ここの台湾混ぜそばが美味しいとの事で行ってきました。
実際にはこれに追い飯が付いてきます。

早茹で麺だから細麺ですが、なかなかこれは美味しい! 辛さも程よく、追い飯もあるので満足の一品です。
image

ずっと前から行きたかった蕎麦屋に念願叶いました。
前は日曜で休みだったかな。
開店と同時にカウンターはほぼ満席。かなりの人気店ですね。
頼んだのは天ざるそば弁当です。
蕎麦も旨いが煮物もとてつもなく美味い。
今度夜に飲みに来たいですね。image

久しぶりの川崎。
ラーメンを控えている今は蕎麦にしましょう。
よるは居酒屋のこの店のランチに来ました。
大盛りにしたけど、見よこの量。 蕎麦の味は申し分なし。 ただ、つけダレがもっと濃ければ良いのに。 肉に負けてる気がしないでもない。image
image

蕎麦は量が少なくて物足りないという概念が吹っ飛ぶ店でした。

240→1000番とサンドペーパーの目を細かくしていったら、最後は1500番でオイル研ぎです。
15年以上前に買ったワトコオイルがあったのでそれをティッシュで塗り広げ、ひたすら研ぎます。 何度も感度も塗っては研いでの繰り返し。 本当は乾燥の工程が入るのですが、小さいし、薄いからまぁいいや。
マットな手触りのタイピンの出来上がりです。
オイルは別にオリーブオイルでも代用できるので暇な方はぜひどうぞ。image

ネクタイピンってよく無くしますよね。
安物つけるのもなんなので、ちょっと遊んで見る事にします。

近所の100均のネクタイピンにバーズアイの経木を貼り付けてオイル仕上げにしようって寸法です。

タイピンの局面にきちんと貼れるようにテープを巻いて固定して1日経ちました。

これから切り出しに入りますが、失敗するとしたらここだな。たぶん。
image

後輩に教えてもらった地元近くの肉を食べバルとでもいうのかな?
最高じゃ、ここ。
image

りんくうタウンの近くの羽倉崎駅。
日曜お昼はほとんどの店が休みなのにここの店はあいてました。
恥ずかしながら初めてかすうどんを食べたのですが、香ばしくて甘くてとてもおいしい。 これはクセになりそうです!
うどんも手打ちの荒さがあっておいしかった!
image
image

朝早起きしてローグワンを観に行こうとしましたが、りんくうタウンからイオンモールまで朝はバスは無いし、歩くと上映時間に間に合わないし、羽倉崎駅まで歩いて電車で行く事にしました。

ローグワン良かったですよ。 エックスウイングカッコよかったし、ダースベイダーの強さがよく表現されていました。

帰りはモール内にあるローストビーフ丼をいただきました。 ローストビーフ丼は初めての体験ですが、ごはんに合ってなさそうでギリギリ合っているのが美味しいです。 またソースを研究していてこはんが嫌がらないような味付けに成功しております。
image

台湾で年越していた時にテレビでライブをやっていたバンドです。 正統派でとても聴きやすい。
ちなみに台北の年越しは台北101の花火を見て、朝まで飲んで騒いで、朝に大統領府に行ってマーチングバンドを見るってのがメジャーなんだと。

セントレアで暇なので、台湾料理を食べにきました。
一番搾り名古屋づくりは色も濃く、味も強くてさすがこってりの街ですな。

何も考えずに注文した手羽先が辛すぎでビールが進みます。
image

スタジオミュージシャンとして活躍されていた松原正樹さんがお亡くなりになられたのは聞いていたのですが、こんな素晴らしいライブをやられていたとは知りませんでした。
本日仕事帰りに山口百恵のさよならの向こう側を聴いていて、この時代になんてギターの音なんだと感動して調べたら松原さんでした。 そのほか誰もが聴いたことのあるフレーズですね。
全員の演奏技術高すぎるだろう!

昨日は深夜から繰り出しました。
小龍包は飽きるほど食べたので、今回は海鮮ね。
少し日本語話せるおばちゃんもいて、かなり助かりました。
今回は臭豆腐をチャレンジしましたが、これがまたうまいのなんの。
発酵した豆腐でよく臭いと言われるけれど、これ納豆を豆腐にして気品を与えたらこうなるって食品です。 他のもとても美味しくて安くて大満足でした。
難読だけど、日本語のメニューもありますよ。
image
image
image
image
image
image
image

前回の時、正直牛肉麺にはガッカリしたのですが、相棒においしい店を教えてもらいました。

かなり汚くて狭い店ですが、深夜なのに長蛇の列。 ほとんど地元の人でした。
image
image


その牛肉麺は牛肉と牛筋のハーフアンドハーフにしました。 スープは強い牛骨の感じが出ており、麺もうどんのような白さとコシ。 辛子を乗せて食べましたが、こりゃうまい!image


やっぱり牛肉麺は美味しいという再認識に至りましたとさ。

昼間のケーキ屋もすごかったけど、夜のピザ屋も激しいものです。
都会は恐ろしや。
image

ベイブレードのケースを頼まれて自作する事にしました。 どうせすぐ飽きるオモチャだろうから100均で素材を集めてみました。 今回はダイソーで購入しました。
image

まずは発泡スチール三段重ねに中心位置を決め、キリを垂直に立ててゆきます
image

なんと100円の円切りカッター。 なぜか封を開けると靴型が付いてます。 頼むぜ!
image
image

どんどん穴をあけるけど、二段目は穴を小さくします。
image
image

重ねるとこんな感じ
image

余ったスペースにはコマを回すやつを収納できるように補強のため経木を当てます。 この経木、ギター用のバードアイなんだけど、特別じゃ。
image
image

それをA4サイズの収納箱にセットしてグルーガンで固定して出来上がり。
image

金沢文庫から氷取沢、金沢市民の森の中のハイキングコースですが、ディズニーランドみたいに世俗的なモノは見えないようになっています。

噂によると、鎌倉まで歩けるらしいが・・・image

韓国のビールのエース、ハイトです。
バドワイザーみたいな甘さと爽やかさが先に立つ味で、とてもおいしい。
これ系の味、日本のメーカーにも作って欲しいなぁ。image

韓国のビールは薄いとよく言われますが、それはそれで好きです。
しかし、このビールは香りが爽やかでそんじょそこらの日本のビールよりもおいしいのですよ。 買って帰ろうかな。image

夜中なので、比較的やさしい感じのクッパにしました。 辛いけど、旨し。
これって全部スープに入れちゃっていいのかな?

ハングルはさっぱり分からないけれど、とりあえずボデーランゲージとプロミネンス。

ビールだけはメクチュのハングルを写メして見せましたとさ。image

韃靼蕎麦の実って普通の蕎麦の実と全然違うんですね。 お店で見せてもらいましたが。 粒は小さく、丸みを帯びております。
それでルチンたっぷり。

蕎麦の色は黄緑がかっております。味は変わらないかな。 しかし、コシがあるというか固めに仕上がっております。

この店では普通の蕎麦湯と韃靼蕎麦の蕎麦湯、飲み比べで2種類出してくれます。
蕎麦湯好きにはたまりません。
image

金沢文庫駅の立ち食い蕎麦屋ですが、こないだから蕎麦のしゃっきり感が気に入ってまたきました。

本当は豆腐一丁蕎麦が良かったんだけど、夏季メニューらしく、今回はとり天そば。
揚げたてで天ぷらも蕎麦もアツアツ。
寒い日にはもってこいです。
image

刺し盛り一人前って言ったのに!
image

豆腐の味噌汁もどんぶりで出てきました。
image

港南台でいっつも渋滞している蕎麦屋知っていますか? 倉庫の中にあるような店舗の味奈登庵です。 (字あってるかな?)
ここは二階が製麺所なのね。 意外にも居酒屋メニューが多いですが、麺はしっかり美味しいです。

じっくりここで飲んでみたいな。
image
image
image

グラス付きのウイスキーにとっても弱い私。 こんなのが売っていたら即買いなのです。
ちょっと甘めだけどスモーキーな味は結構好みだな。image

本日の昼はここ!
騒ぐ子供入店禁止の大人の蕎麦屋、晩鐘庵越後です。

気品のある店に気品のある蕎麦、大人の世界てすたい。

秋晴れの気持ち良い昼にはぴったり。
image

さいさき屋と言えばファミレスのイメージが強かったのですが、ここ最近は蕎麦を店内で打ち始めたりして高級路線化しております。 嬉しい事にお値段据え置きで。

今回は鴨なんせいろランチ。
鴨肉は自分で焼いて脂を出し、ツユに浸して食べるというなんともぜいたくなやり方です。 焼くときにネギに脂を染み込ませるのを忘れないようにしなきゃ。
image

このページのトップヘ