地味遍路

ひねくれ者が作るひねくれ日記

競艇場前の寿司屋にてお昼です。
知らない寿司屋にふらっと入ってビール飲みながら過ごす昼下がり。
なんて贅沢。
ここは立食いと書いてありますが、全席椅子があります。 店主も槇原敬之似の感じの良い方でゆっくりと寿司を楽しめます。
image
image

梅雨も上がって湿度が高い辛い日がはじまりました。
しかしそんなだからこそ雲がきれいな空模様を楽しめます。
仕事終わりに雨がちょうど上がったのでジョギングに出かけました@常滑image

おはようございます。
梅雨って開けたんでしたっけ?

アップはしてませんでしたが、黙々と朝ジョギングは続けております。
今朝アップの時、ニイニイゼミが落ちてきました。
このセミを見ると夏の始まり!って感じがします。image

吉呑みに続き今回は餃子の王将。
まだ若かりし頃、餃子の王将で餃子2人前でひたすらビールを呑む紳士を見かけてからいつしか私もあの境地に立ちたいと思っていました。
ただし、ここは油淋鶏半人前とか呑む人に優しいメニューがあるのでそれにしました。 まだ紳士としての高みには立てないようです。
でもまぁこれで半人前?というくらい大きい油淋鶏、すでにお腹いっぱいです!image

育てるのが簡単なとうもろこしを今年も植えております。
とうもろこしはかなりの栄養を必要とするので、プランターでの栽培はおすすめしません。
image

熱帯魚は結構長い間飼っているのですが、初めてアヌビアスナナの花が咲きました。
水中花って珍しい!
ネットで検索すると
ヾ超が良いので花が咲く
環境が悪くて子孫を残すため花を咲かせる

だって。みんないいかげん。
image

今年育てている特大瓢箪の花が咲きました。 真っ白でなかなか可愛いのう。
朝方しか咲かないような感じなので、朝方人間には得した気分です。
image

ハイニッカの印象が悪すぎてほとんどニッカウヰスキーは飲まないのですが、今回は例外的に評判の良いディープブレンドを買ってみました。 1200円ちょい。

サントリー響を数年飲んでないのですが、これを響と言われてもわからないくらい深い味わいです。 ま、私自身良い舌を持ち合わせていないんですが。

しかし、ウイスキーのマスターブレンダーって大変な作業ですね。 何が良いのかわからなくなりそう。image

最近流行りらしい吉呑みとやらをやってみてなかなか良かったのでご報告します。

丼ものはネギ塩豚丼。 紅生姜で最初の数杯やり、あとは肉だったりタレまみれのごはんで飲みます。

何かをミニマムにできた、なんだかひとつの達成感を感じるひとときでした。image

最近は加齢と共に?嗜好も変わってきて蕎麦をたしなむようになりました。

ホテル近くのこの店、今まで全然知りませんでした。
大もりを頼みましたが、色々ついてきて楽しいですね。
蕎麦の味は香りがとてもあって甘くて最高レベルのものではないでしょうか。 何もつけずにどんどん食べられちゃいます。
つけ汁はかなり濃いので全部つけると辛いですよ。 そばの先っちょ少しだけつけましょうね。 ってかなり粋だねぇ。
image

身体検査の帰り道、スパゲティか牛カツかで悩んでいたところ雨が降ってきて急遽最寄りの店に入りました。

夜は居酒屋、昼は武蔵うどんの店のようであります。

今日のランチは850円でロースカツとごはん付き。 しかも雨の日には大盛り無料ときたもんだ。 なんぞ食べざらんや。

味は極ふつう。 肉を入れるならつけダレにもうちょいパンチがあっても良いかもね。image

こんなメニュー、アラビアータとカレー好きは見逃せないでしょう! 前を通りかかるつもりが、店内に吸い込まれてしまいました。

これはファストフードの領域を超えてるな。 甘さはカレー、辛さはアラビアータに依存していてなんともおいしいです。 紅生姜も意外に合います。
image

仁川の野球場横のモニュメント。
卑猥な感じだと言ってはいけません。

韓国の焼酎は前割してあってフルーティでとてもおいしいですよ。 日本でも売ればいいのに。image
image

仁川と言っても西宮市とは違いまっせ!
韓国の仁川にやって来ました。
晩御飯は時間が無いのでコンビニごはん。

いろいろおかずが入っていて楽しいですよ。 これはおつまみに最適。
image
image

ミニストップで買ったんだけど、日本のコンビニ弁当にもこのくらいの品目があっても良いと思うんだけど。

韓国は近代にできた国のせいなのか、バスのシートが大きかったり、電源が220Vだったり、全体的に余裕のある規格です。 コンビニのおにぎりも大きいよ。
image

味奈登庵で常々大盛り(550g)を食べてみたいなぁと思っていたところにチャンスあり、昼に行ってきました。 開店同時でもう満席、相席になりました。

どうです、この迫力。 食べても食べてもまだまだある安心感は心地よいですね。
ただ、どんどん食べて行くので胃の調子が良い時に行きましょうね。
image

無性にとんかつが食べたくなって、寄り道ついでにやってきました。
ここのソースが好きで普段は普通のカツなんですが、ここは基本に帰って味噌カツ。
なんと半分だけ味噌がかかっている親切設計。
味噌部分はしっとりじんわり旨みが広がりごはんが止まりません。
image

どうしてもこってりのつけ麺が食べたくなり、やって来ました赤備。

いわゆる玉系ラーメンと言うやつですね。

今回は鶏豚つけ麺ですが、こってりしていて麺は力強くおいしいですね、やっぱり。
川崎にはおいしいラーメン屋が集まっていて困ります。
image

出雲に来たからにはここでしょう、島根県No. 1ラーメン屋、龍王。
いつもは開店同時に並んで入るのですが、今日は時間を外して昼過ぎに行くと、並ばずに入れました。

ここは何と言ってもトマトラーメンでしょうね。 とんこつとトマトはわかるのですがら他の味が何なのかさっぱりわからない、そしてそれが見事に調和しておいしい出来上がりになっております。
image

日曜の夜遅く、出雲で開いてる店はごくわずかです。
その中で見つけて入ったお店、こないだまでツバメヤが入っていました。

肉の店なんですが、焼いて出てくるので焼き加減に悩む必要なし。
とてもおいしかったですよ。

初めて赤ホッピーなるものを飲みましたが、こんなのあったんですね。
image
image
image
image

早くから呑むところと言えばここ、気晴れ屋ですな。
16時オープンな上に最初は生ビール半額。
マグロのほほ肉のカツとチーズカツは最高でした。image
image
image

業界では知る人ぞ知る、大通り沿いの出雲蕎麦の店に行きました。 ほんとはラーメンを締めに食べようとしたのですが、脂っこいものはもはや身体が受け付けぬと言っております。
年取ったなぁ。

そこで、巨大店舗のこの店にやってきました。 あまりお客さんは入ってない様子。

さっぱりといきたいので割子蕎麦ですな、ここは。

あら〜この蕎麦、すごくおいしい! 9割蕎麦らしいのですが、香りもあって味も甘くて何もつけずにするすると食べられます。
薬味もほとんどつけずに全部食べちゃった。

image

16時から開いている優良店、ここにあり。
鉄鍋餃子もおいしいが、魚介類も新鮮でとてもおいしいです。
image

ちょっと前に行った店ですが、アップ忘れてました。
台湾風まぜそばファンの私としては、一度行ってみたかった店です。
注文すると、「ニンニク入れますか?」と聞かれます。
ようく混ぜて食べるのですが、山椒、ニンニク、ニラ、肉味噌と香りのオンパレード。 かなりおいしいが、かなり濃い。
年寄りにはちときつい。image

横横家が東京に出て行った後に居抜きで入ってきたラーメン屋、なかなかの人気ぶりでかねてから気になっておりました。
今回初めての挑戦。

あ、ビール小瓶が400円。 ラーメンも高い。 うーむ。

さて、出てきたラーメンはす〜ごくおいしいです。 味は濃いが、これ以上濃くなってはいけないラインギリギリ。 香りも良くてハイレベルな一杯でした。
image

ラーメンを食べるのが歳のせいでちょっとしんどくなってきたので、最近は蕎麦屋めぐりに変わってます。

今回は京急富岡駅下車0分のところにある蕎麦屋。 昔ながらのお店でお客さんは全員昔ながらの人々。

鴨つけそばが大好きなので大盛りを頼みます。 image

蕎麦の香りはしっかりとしていて、柔らかく滑らかな食感。 とてもおいしいです。 鴨のほうは、まぁその、あれでした。

近所のホームセンターでたぶん欅だったと思うのですが、良い木目の板が格安で売っていたので買い置きしてたものがあります。 にねんちかく放置してたのでカビが生えてたりしましたが、そろそろ気候も良いし、作るべ。
image

オイルフィニッシュはワトコオイルのダークウォルナットです。
image

まずはサンダーで240番から400番のペーパーがけを行います。image

次に1000番でオイル研ぎ。 もうすでに良い色づきです。image

三回1000番でオイル研ぎしたら、次は1500番で三回オイル研ぎです。
ほうら、これが勝利の輝き。
image
image
image
image

あとは脚か・・・

中華圏で一番飲まれているビールです。
ここも酒税がないので8元くらいだったかな。 100円ちょいの値段でビール飲めるなんて最高ですね。
味はバドワイザーを2倍に薄めたような感じでひたすら薄いですな。 でもその薄さが良いのですよ。image

おはようございます。
今朝の天津の空気はひどいものです。
これじゃ散歩にも出られません。

今回で学んだ事は、食事の追加注文はしないほうが向こうの文化に合っているという事です。
食事に華を持たせる中国人は、最初にワッと一気に注文して全部の食事を眺めつつ楽しむのですね。 日本の中華料理屋でも回るテーブルはそれを助長してるような気がします。

なんでこんな事を思いついたかと言うと、朝食のビュッフェ会場でみんな食後のコーヒーまで持ってきているのです。 昨晩の店も他の人たちはそうしてたなぁ。
冷めるのが遅い中華だからできる技ですね。
image

天津の夜は不味いが安いのと美味いが高いのとどっちにします? と聞かれて美味いほうにしました。

かなりの人気店らしいです。
味はすごく濃いですが、ビールは薄い。
牛肉とエリンギ炒めは今まで食べたことない食感でした。 いつもの牛肉の味なんですが、柔らかさがすごい。 ふわふわの牛肉で魚肉並みの柔らかさ。

老酒は42°のつわもので、青島ビールをチェイサーに飲みました。

あ〜満足満足。

2人で484元だから8000円しないくらいか。 日本と同じくらいですね。image
image
image
image
image
image

初めて天津来ました!
めちゃ空気悪い・・・
散歩も1時間が限界でホテルに逃げ帰ってきました。
さ、これから中華料理食べに行きます。
image

朝からずっと働き詰で翌朝早くても、1時間くらいは身体を動かしたいものです。

今日は大鳥居に泊まるので、多摩川河川敷を走ってます。 ストレスも飛ぶよ。
image

帯広市民のソウルフード、インディアンカレーです。

ハンバーグインディアンカレー大盛りチーズトッピングです。 チーズはとろけるチーズが二枚も乗っておりまして、全体的にたっぷりとルーがかかってます。

おなかいっぱいになりましたとさ。image

先ほど投稿した写真、よく見るとビルの屋上にセスナが駐機してあります。
ふと外を見てびっくりしました。image

手持ちの携帯の機種が古くなってブログのアプリがなかなか立ち上がらず、最近は更新をサボってばかりです。
ちゃんと元気にしておりますのでご安心ください。
今日は帯広に出張ですが、なんと外は雪。
四月の雪なんてなかなか風情がありますね。
image

青森のゆうぎりで初めて白魚の踊り食いをしました。
観念したのか、口の中で暴れずおいしくいただきました。
醤油をかけた時にしょっぱい!と暴れるのがかわいそうでしたが。image


この店はコースしかありませんが、3500円でウニやら蟹やら高級なものがたくさん出ます。 最高よ。

初めて日航アリビラに来ました。
家族の目を盗んで数分だけのリラックスタイム。image

泉大津にある数少ないラーメン屋です。
なぜならここらへんはうどんの世界だから。 でもかすうどんはどこにもなかったけどね。

さ、油まぜそばを食べましたが、かなり濃い! とても濃い! どうやら温野菜で中和しながら食べるようです。
ランチでは卵かけごはんも無料で、それも中和剤として有効です。

せっかく運動したのに。image

初めてやよい軒に行ってきました。
泉大津のホテルの周りにはここしかないので仕方なしの選択でしたが、なかなか良かった!

店内は天井も高く、座席もゆったり。
しかもBGMは落ち着いたジャズが流れています。 ビールとポテトフライと焼き鯖定食を注文したのですが、きちんとビールとポテトフライから出てきました。

鯖もガスで焼いたべちゃっとした感じではなく、炭火は使わないだろうしどう焼いてんのかな〜って焼き具合でした。

ご飯は10穀米に帰るとおかわり自由がなくなりますが、ビール飲んでるからいいでしょう。

しかも24時間営業なんですね。 image

今日は天気も良いので鎌倉まで歩いてみました。 とは言っても3時間近くかかりましたが。

途中横浜最高地点の山(150mくらい)通過しました。

鎌倉のカレー屋、キャラウェイを目指しましたが、長蛇の列。 諦めました。
image
image
image


しかし、全部山道。 おそるべし。

このページのトップヘ