Real Orgasm Maniac☆R30/Jimi Hentaix

「オナニー」を中心に女性のリアル・オーガズムを探求。AV・サイト・書籍等のドキュメントと統計に関する研究と評論。厳選した「マジイキ」コンテンツのみを記載。違いの解る30歳以上向けブログ。

抽出完了

このblogの移転に際して過去記事のエクスポートは簡単に出来たが、画像の抽出が難しかった。振り返ってみるともう使えないネタもあるんで書き換えが必要だなぁ。

ということで。


ここはたぶん数日中に解約します。一旦無くなるので興味のある人はまた「jimihentaix」で検索してくださいね。


それではまた。

jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)  

また釣りに行くのだ!

途中、鹿の群れなんかに遭遇しながら先週、東京から3時間かけて丸沼に行った。

連れたのは1匹。 レインボートラウト。43cmかな。 けっこうな雨だしボートにiPhoneを持ってくのは水没しそうなので止めた。なので写真はない。 即、リリース。 思うに釣り人の写真って、赤ちゃんの写真と同じで当人以外が見ても、あまり面白くはないんだよな。特に大物でも無く、美しくもない魚を手にして笑みを浮かべる人の写真はちょっと親ばかのそれと同じで痛々しく感じてしまうのだ。

実はこの日キャスティングでは一匹も釣ることも無かった。ルアーを追ってくる鱒さえ一度も見ることの無かった。そんな厳しい日だったが、ポイント移動の時に思いつきでやった手漕ぎトローリングでゲットすることができた。

手漕ぎトローリング。 それは文字通りで手漕ぎボートでトローリングするんだけど、これがけっこう釣れるのだ。疲れるけど。

これを知ったのは中学生位のときか、釣り雑誌の読者投稿で、これもどこぞの中学生が芦ノ湖でこれで大きい鱒が釣れると書いてあった。まず、キャスティングし、そのままさらにラインを20メートル位だしてあとは漕ぐだけ。流すのは岸から3、40mのところ。

いやぁ、やって良かった。これしなきゃ0匹だもん。よかった。久々だけどやっぱりニジマスの引きは強くていいよな。釣りキチ三平を読んだ世代としてはどうしてもバスより鱒に憧れるのよね。

帰り道に食べた十割そばと山菜てんぷらセットは逸品だった。写真をよく見るとわかるが、ここでは足湯に浸りながらそばを食べられるのだ。美味かったな。

ということで今週はmixiで知り合った某漫画家さんと再び丸沼に行くことにした。 

写真
jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

魚釣りに行くのだ!

6/11までにblogの引越しをせねばならんので、記事のエクスポート&インポートの方法を調べてんだが、記事の文字情報は簡単に吸上げできたものの、画像の抽出がうまくいかない。ということで今日はここまで。

今週はほぼ10年ぶり位に魚釣りに出かけることにした。ルアーでニジマスを釣るのだ。ブラックバスではない。この辺がやっぱり自分はマイノリティーだなと思う。

湖や河や釣り道具のことを調べていたら、久しぶりに思い出した。どこかの古い諺だ。

1時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
3日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
8日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。
永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。


jimihentaixjimihentaixコメント(2)トラックバック(0)  

ブログも引越し計画

今年はここに関係ないことばかりで忙しいくて更新できないが

なんかここ値上がりするらしいので全コンテンツを移動することにした。








jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

引越し計画

大泉学園は住みぬくいので1年半で早くも移転先を探し中。

ここでいいのは映画館が歩いて5分というだけ。SEIYUもなんだか好きになれないので楽しくない。

事務所が池袋なんで一本で通えるところが理想なんだが。

そもそもそのほとんどがPCでできる仕事なんで北海道でも沖縄でもいいわけなんだけど、鮮度のいいモデルさんを撮影するために、取引先業者が来やすいように、山手線内に事務所を借りてる感じ。

どこにしようかなぁ。
jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)  
カテゴリ: その他 

面白い映画はあった。

「生きている画像」

今どきの映画かなと思ったら1948年のモノクロ映画だった。

いやぁ素晴らしい。 ひさしぶりに感動して泣いてしまった。



jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)  

面白い映画がない

最近はブログに書けないことで忙しくてどうにも更新に困る。

とはいえ映画は見る。週1以上は絶対見る。見ないと死ぬ。

ということで「戦火の馬」を見に行った。

これはあくまで私的な見解なのである。

馬好きなんで 「シービスケット」みたいな感動を期待したが、

どこが馬目線やねん!

つまらんくて寝てしまった。

イーストウッド監督様に頼めばまだよかったかと。

金はあるからこれでやっときましょー的にしか見えん。

美しく撮って醜いところを見せるつもりなんだろうが。

金ありすぎて焼きがまわったかスピルバーグ様。

ドラゴンタトゥーの女。見ればよかったか。

あれもきっと原作よりよくねいよな。

二キータ⇒アサシン

インファナル・アフェア⇒/ディパーテッド くらい外してくれるんだよなきっと。

そいえば韓国のデリヘル嬢連続殺人事件を描いた映画「追跡者」をディカプリオがリメイクする話ってどこへ行ったんだ?

そーいえば「寄生獣」のハリウッドリメイクはいつになったら見れんだ!?
jimihentaixjimihentaixコメント(0)トラックバック(0)