4/8 阿蘇「烏帽子岳」「杵島岳」

【登った山】阿蘇・烏帽子岳、杵島岳
【登った日】2012.4.8(日)
【天  気】晴れ
【メンバー】Jimny
【コース】湯之谷〜草千里〜烏帽子岳〜車道〜杵島岳〜草千里〜湯之谷

初めての山でした。
いつか来よう・・・、いつでも来れるし・・・、そのうちに・・・、
なんて思っている山へはなかなか登る機会がないものです。
今日はなかなかないそんな機会の日でした。

徒然記にも書いたように、この日は地図を用意していませんでした。
草千里の火口壁に出るまでは、展望もなく少々不安でした。
おまけに登山口の湯之谷温泉と言うところは荒れているし・・・・
道はそれなりに踏み込まれている感じだったので、登山者はそこそこいるのでしょう。

大きな音を出して湯気が噴き出している源泉みたいなところが登山口です。
CIMG0001

最初は舗装された道ですが、すぐにコンクリートで作られた丸木の階段と
緩やかな登山道となります。
おそらく昨夜あたりに降ったと思われる大粒の雹が残っていました。
CIMG0007

樹林の中を歩くこと、40分くらいで頭上が明るくなりました。
最後の階段を登りあがると・・・・・
CIMG0009

初めて見る「草千里」。
確かに雄大な光景です。
観光客が大勢草千里の中を歩いています。
CIMG0012

私は草千里の中には入らずに、火口壁沿いの道を辿って「烏帽子岳」方面へ。
ここから見るとかなりの距離がありそうに見えるのですが、
実際にはそれほどでもありませんでした。
烏帽子岳までの道は、霜柱が溶けかけていて、足元の黒土がどろどろ状態。
滑ったりするとヤバイ感じです。
CIMG0013

烏帽子岳に到着すると、先客の男性登山者グループがいました。
下方に尖ったピークが見えます。
尋ねてみると、「おかまど山」とか言うそうで、面白い山だそうです。
メモメモ・・・・
CIMG0014

山頂を後にして、杵島岳を目指します。
結構遠くに感じます。
グングン下っていくと、一度車道に出ます。
よくわからなくて車道の手前をウロウロしたりしてロスタイム。
CIMG0016

この車道の横断は、決められたところはないようです。
誰かご存知でしたら教えてください。
車道を横切って「杵島岳」へ、牧道を歩いていきます。
途中から野焼きされたばかりのような踏み跡を辿ります。
CIMG0019

まるで、すがもり越から三俣山への登りにも似た急な登りをがんばると
ほどなく杵島岳山頂に到着。
登って来た方向とは反対側にある杵島岳のお鉢(?)周りも面白そうです。
いつか来よう・・・メモメモ。
CIMG0027

杵島岳から草千里方面へは、舗装された道です。
段差が小さすぎてちょっと歩きにくい階段ですが、自然保護のためです。
土の上は歩かずにできるだけ階段を歩きましょうね。

観光客の人たちに混じって歩いて草千里へ。
CIMG0029

お客さん待ちのお馬さんが並んでいる横を歩いて、草千里を横切りました。
そして、今朝登り上がってきた火口の淵へ戻ってきました。
CIMG0034

ここからは観光客の人たちはいない静かな山道です。
登るときに残っていた雹も溶けてしまっていて、すっかり春の山道です。
CIMG0036

烏帽子岳と杵島岳の周回は、草千里をベースにした方が短時間で歩けて楽ですが、
それじゃちょっと味気ないかな?
と思われる向きには、今日私が登った「湯之谷」からのコースが良いかもですね。
CIMG0037

良いお天気に、ひとりの山旅にはぴったりのコースでした。

3/10・黒木〜中山越〜舞岳〜黒木

【山行日】 3月10日(土)晴れ
【コース】 黒木〜中山越〜舞岳のコル〜舞岳〜黒木
【メンバー】 さとし、あんじゅ、mimimama、Jimny

山人の例会山行で多良山系へ行きました。
今日は初参加の「あんじゅさん」も一緒です。
どの程度歩けるのかがわからなかったので、コースの設定には悩みましたが
バリバリ歩きたい「さとし」もいることだし、ちょっと考えた末、
中山越から金泉寺を経由して黒木へ戻るコースの予定で黒木を出発。
「さとし」は、ボッカ訓練だそうです。

林道終点からウナギレ沢沿いに登っていくと、大滝に出ます。
今日はそこそこ水量があり、いい感じです。
CIMG0001

中山越に到着。
「さとし」のザックは、荷物で膨れています。
今日は20kg弱か?
CIMG0004

「あんじゅさん」は、初めての登山でちょっときつそう・・・・
金泉寺方面には行かずに、ここから舞岳経由で黒木に向かうことにしました。 
CIMG0007

中山越から舞岳のコルへへと向かいます。
この道は静かで好きです。

すぐにコルに到着。
舞岳へもひと登りでした。
舞岳の山頂にあるシャクナゲには花芽がたくさん付いていましたが、
そのほかの木にはあまり付いていませんでした。
CIMG0009

このあたりから見る多良山系は、なかなか山らしくてかっこいいです。
中央が西岳。
CIMG0010

ここから少し下った展望の良い岩場でちょっと遅めの昼食としました。
そして、2ケ所ある岩場を慎重に下って、無事に黒木に下山しました。
CIMG0012

3/3・経ケ岳から五家原岳へ

本日のメンバー Jimny単独

本日のコース 黒木→しゃくなげ尾根→経ケ岳→中山越→西岳→
金泉寺→西野越→中岳→五家原岳→黒木
今日は久しぶりに気合入れて歩きましたよ〜〜〜

予定していた鳥取大山は天候が悪そうなので中止になりました。
天気予報では今日は晴れですが、明日は雨っぽい・・・・
せっかくトレーニングしてたので、経ケ岳に登ることにしました。

現在、黒木の一番奥の駐車場は使えません。
多分このままここは使えないのだろうと思います。
P3030001

今日はしゃくなげ尾根を登りました。
Jimny的には大払コースよりはこちらが好きです。
P3030009

と言ってもいきなりの急登で息が上がります。
やっと展望の良い場所に到着。
P3030013

舞岳
P3030014

舞岳のコルでは、中山越へのショートカットルートへの誘惑を断ち切り
経ケ岳を目指します。
ところどころに雪が残っていました。

そして、経ケ岳山頂
P3030022

今日は風が強かったので、休憩もしないで中山越へ。
P3030023

中山越
ここで今日は結構調子が良さげ・・・・
金泉寺まで行きましょう。
P3030024

途中で会った知り合いの女性が「西岳経由で行きませんか?」
と言うのでお付き合いしてずいぶん久しぶりの西岳へ。
P3030028

そして、金泉寺到着が12時頃。
小屋の中でオニギリを一個食べて、
この際だから「五家原岳」まで足を伸ばすことにしました。

気合を入れ直して西野越へ。
そして中岳へ。
P3030032

五家原岳への最後の登りをがんばると、テレビ局のアンテナが建つ山頂。
P3030034

黒木を目指して下山です。
もう、オオキツネノカミソリの新芽が出ていました。
P3030042

林道工事で無残な姿になってしまった岩場の横を過ぎて、
P3030045

黒木へと下山しました。
P3030046

2/29・貸切の雲仙

雲仙へ行きました。
最後のボッカ訓練です。
明日からは自宅近くのボッカもやめてレストにあてます。
それにしても今日は体が重かった・・・・ 

池之原園地から仁田峠へ、さらに妙見岳へ。
空は抜けるような青空
120229-1

妙見神社
120229-2

国見岳
120229-3

平成新山がかっこいい!
120229-4

遠く九重や由布岳、阿蘇が見えました。
どの山も雪で真っ白
120229-5

妙見岳方面は、なかなかアルペン的です。
120229-6

紅葉茶屋辺りは結構な雪でした。
120229-7


普賢岳へ。。。
貸切の山頂でした。
120229-8

2/12・金山へ

今日のメンバーはフレッシュです。もちろん自分も含めて・・・(ウソ!)

dai、aki、さとし、桜子ちゃん(一般)にmimimama、Jimnyの6人。
脊振山系の金山へ登りました。
三瀬峠からのピストンを予定していたのですが、
道路が凍結していたので大事をとって山中地蔵からに変更しました。

初めての雪山、初めてのアイゼン、初めて尽くしの若い子たちと
のんびりゆったり楽しんできました。
1

思いのほか雪は多く、綺麗な雪景色を楽しみました。
5

体力を持て余し気味の「dai」と「さとし」には先に行ってもらうことにして
mimimamaをお守りに付けましたが、お守り役は置いていかれたとのこと。
若いっていいなあ〜〜〜

後ろから登ったのは、akiちゃん、桜子ちゃん、Jimny。
前方に番所跡が見えてきました。
頭上には消防のヘリが旋回していました。事故でもあったかな?
9

金山山頂はお日様があったかくポカポカ陽気。
10

記念写真を1枚撮って、、、、
15

来た道を戻りました。
18

下山後はずいぶん久しぶりの「熊の川温泉」でお風呂に浸かり体を癒しました。
メンバーの希望もあり、佐賀市内の登山用品店「ベースキャンプ」に寄って長崎へ。
お疲れさまでした。

2/4・阿蘇赤谷へ

阿蘇の赤谷へ久しぶりに入りました。
冷え込みはあったものの、阿蘇の氷ができる環境ではないかもな?と
思いながら、若手ふたりと行ってきました。

阿蘇の谷は普段は水が流れていないので、
一度降り積もった雪が融けかかって水が流れ出した頃に
もう一度冷え込みが来ると、氷瀑ができます。

この日は冷え込んだものの、凍りつく水はなかったのだと思います。
先行していた北九州のパーティーの方たちからも情報をいただき
大滝の手前から下山しました。

仙酔峡の駐車場から見る阿蘇の山
P2040002

橋の下の滝はいい感じに凍っていました。
観光客がおひとり。。。
P2040004

鷲見平から見る鷲ヶ峰
P2040005

登攀準備をするふたり
P2040006

「のっしー」が登ります。
P2040010

続く滝も、「しんたろ」がリード。
阿蘇の谷は初めてながら、八ヶ岳では経験豊富な「しんたろ」です。
結婚を控え、この先の山ライフに不安を抱えながらの登攀です。(´;ω;`)
P2040013

大滝でのアイスを諦め、下山しました。
P2040015

雪はたっぷりあったので楽しめました。
P2040017

P2040025

P2040026

P2040027

お疲れさまでした。

1/29・洗谷から井原山

アイゼントレーニングで、脊振山系の洗谷へ出かけた。
当初、金山あたりを予定していたのだが、三瀬峠には雪は全くなし。
縦走路を歩いても仕方がないので、洗谷でトレーニングをすることに変更し、
瑞梅寺へと向かった。
途中まで登って、登山道を下山するつもりだったので
車は新しい林道の広場に置いた。

洗谷には沢登りでは良く来ているが、冬に来るのは会としては初めて。
個人的にも何度かしかない。
一度はバリバリに凍結していて、結構面白かったのでまた来たいと思っていた。

最初のゴルジュの上にかかる橋には、
誰が付けてくれたのか手すりが付いていた。
P1290003

谷を詰めていき、15m大滝の横のフィックスロープがある地点に出た。
ここでアイゼンを履く。
P1290004

P1290005

アイゼンとピッケルを使って無事通過する。
それなりにいい訓練になった。 
P1290011

この先、谷は荒れていた。
P1290019

6m滝に出る。
ここも岩が混じる登山道を登っていく。
P1290027

滝は少し凍結していた。
P1290029

P1290031

最後の詰め上がりだ。
この手前でアイゼンを外してしまったのが残念だった。
そこそこ凍結していて、いい訓練になったのに・・・・
P1290037

なんとか稜線に出ました。
せっかくだから井原山まで歩くことにした。
沢登りの時に井原山に詰めるのと比べたら、ずいぶん楽に感じた。
沢の時には、水に濡れた装備がザックに入るからかな?
P1290042

縦走路には、残雪が残っていた。
P1290044

井原山の山頂で、お昼ご飯を食べて「アンの滝」経由で下山した。
P1290046

P1290047

*動画

オワリ

1/21・九重三俣山へ

大山に向けての雪訓をすべく、九重へ行きました。
天気予報から判断すると、この数日気温が高過ぎるので
雪が残っているかどうか心配でしたが、メンバーの都合が合うのは
他の日程では無理そうなので、行ってみることにしました。

朝、私とmimimama、のっしー、たまちゃんの4人で長崎を出て、
金立でクニさんを拾い、長者原へ。。。。

ガスに包まれた山を見上げると、谷筋には雪が残っているものの
雪訓ができるほどの雪はないようです。
P1210002

とりあえず、予定していたポイントを目指してみましたが、
やはり雪はありませんでした。
予定を変更し、三俣山へ登ることにしました。  

P1210005

すがもり越へ到着。
後ろには、黒岩〜泉水や涌蓋山が雲海の上に顔を出しています。
P1210010

すがもり越から三俣山を目指します。
今日は天候もイマイチで登山者はあまりいませんでした。
P1210011

振り返ると、北千里ケ浜から久住方面がきれいです。
P1210012

久しぶりに登った三俣山には、指山方面と雨ケ池方面へは
進入禁止との立札が立っていました。
今日は、昼食後、来た道を引き返すことにしました。   
P1210023

今日は積雪がなく、雪訓にはなりませんでしたが、
下山後、立ち寄った九重観光ホテルのお風呂で、
みんな残念な気分も洗い流して帰路につきました。

1/14・尾根コースから岩屋山〜下鉢巻コースで下山

今日も岩屋山へ登りました。
この山は自宅から登山口まで15分ほどで行けるので、
遅い出発でも大丈夫です。

岩屋神社の駐車場に車を停めて、岩屋山に向かって右手の階段を登り、
尾根コースに取り付きました。
P1140002

思いのほか最初は緩やかな広い道でした。
P1140004

道はだんだん傾斜を増し、急な道を登りきると主稜線に出ました。
P1140007

ここから方向が変わり、ひと登りで岩屋山の山頂です。
P1140009

山頂でノンビリお昼を食べていると、先週も会った「み〜ま〜ちゃん」が
やってきました。
お連れの方と一緒にお昼にしました。
P1140011

しばらくすると、先週岩屋山のルートマップをお借りした「H野さん」もやってきました。
地図をお返しし、岩屋山の事をいろいろ聞いていると、
「一緒に行きましょう」と声をかけていただき、知らないコースに案内していただきました。

「下鉢巻?」と言われるコースだそうです。
岩屋山の中腹をグルッと周回できるそうです。
下の画像は、そのコースの途中にある「展望岩」から見た西側の斜面です。
「H野さん」おすすめの「屏風岩」「連続岩」はこの方面です。
P1140013

鉢巻コースを辿ると、林道に出ます。
ここから登り返して、「和子岩」というところを経由して、再びトラバースコースへ。
P1140015

油木からの道を横切って、丸太で組んだベンチのところで「H野さん」と
お別れして、車を置いてあった岩屋神社下へ到着しました。
P1140018

岩屋山の楽しみ方が、またひとつわかった気がしました。

*下山後、アリーナに寄りました。
 3本登ってみましたが、肩の調子はまあまあでした。
 簡単なルートなら登れるようになりそうです。


1/9・岩屋山(懐かしい顔に会いました)

今日は雲仙へ出かける予定だったのが、車のトラブルで紆余曲折があり
結局近くの岩屋山へ登ることになった。

岩屋山には一年に一度か二度しか登らないのに今年は早くも二回目だ。
いつも岩屋神社からのメインルートしか登らないので、今日は違うコースに入ってみた。
登山口からすぐに左へとトラバースする広くて歩き安い道だ。
P1090001

しばらく進むと丸木で組まれたベンチのようなものがあるところに出た。
ここから道は少し右に方向を変える。
P1090002

この山に登る予定ではなかったので、地図は持ってきていない。
感覚的に、油木から登るコースに合流するのだろうと思いながら歩いていく。
それにしても歩きやすくて良いハイキングコースだ。
近くに住んでいながら岩屋山の事を何も知らないことを改めて感じた。
P1090005

この標識のあるところからしばらく歩くと、何度か歩いたことのある油木からの道と合流した。
ここを右折し急な石段を登れば岩屋山は近いはずだ。
しかし、今歩いてきた道はそのまま石段のコースを横切って先へと続いている。

ちょうど常連さんらしき数人の男性が立ち話をしていたので、
「このまっすぐ続いている道はどこへ行くのですか?」と尋ねてみた。
するとそのなかの一人の男性が、
「岩屋山への迂回ルートです。急な登りもなくて楽なコースですよ。
 よかったらご一緒にどうですか?」と、声をかけていただいた。

私は遠慮もせずにお言葉に甘えて同行させていただいた。
そこから山頂までの30〜40分位だったろうか。
岩屋山のことをいろいろ教えていただきながら、
I田さんとおっしゃる私より少し先輩と思われるその男性と
楽しく山頂までご一緒させていただいた。
山頂でお礼を述べてお別れした。
P1090006

この日の岩屋山にはたくさんの登山者が次から次へと登ってきて
新年の挨拶を交わすのに忙しい。
みなさん、この山が好きでいつも登ってきている人たちなんだろうなあと、あったかい気持ちになった。
111209-1


山頂の隅っこでお昼を食べていると、見たような二人連れが・・・・
私がかれこれ20年ほど前にお世話になった山岳会の友人だった。
現在79歳というH野さんは、この山に週に6日登るというこの山の主みたいな存在だそうだ。
もうひとりの女性T中さんとは本当に20年振りの再会だろうと思う。
近くに住んでいながら会うこともなかった。
昔話に花が咲いた。

もうひとり久しぶりに会った女性「Yちゃん」は、このホームページにも登場していますが、古い記録のものですので、誰も見ていないかもね。。。。美人ですよ。探してみてください。

楽しい時間を過ごして、下山しました。
H野さんから頂いた岩屋山の登山ルートマップを見ながら・・・・
途中にはダンギクのドライフラワーが残っていました。
P1090008

下りの道も、急な下りがあったりなだらかな尾根道だったり、最後まで飽きさせません。標高500m程度の低山なのに、なぜこんなに登山者に人気があるのかが今日は少しだけわかったような気がしました。

しばらく岩屋山にハマるかもです・・・
P1090011

Profile
最新コメント
  • ライブドアブログ