沢道具







前回の鳴子川沢登りから新兵器が登場している。
足回りはラバソールの沢靴、ザックは完全防水のもの。
ザックの防水性はまったく問題ない。
パッキングがとても楽になった。
それに、ヒップベルトにハンマーホルスターが両サイドに付いている。
これはありがたい。
ハーネスにホルスターを付ければ腰周りが重くなって
なんだか好きじゃない。
このザックは氷壁などにも使えると思う。
ひとつ、私が?と思ったのは、シュルダーベルトだ。
肩が痛くなった。
下山後、風呂に入ったら肩に赤い線が入っていた。
このベルトだけ交換するか、布でも巻くかしないと
長い遡行では苦しいと思う。


靴の方はといえば、これまた好感触でした。
フリクションは水の中でも岩でもフェルトよりもいい感じだった。
下山の登山道歩きもこの靴だったが、土の上も良好だ。
オークションで買ったので、少しサイズが小さかったのと、
スニーカータイプでローカットなので
靴の中に小ジャリが入るのと、
下山時はつま先が少し痛くなる感じがあった。

自分にあったサイズでハイカットのものなら、
私は次の一足は間違いなく、フェルトではなくラバーソールを買う。

久しぶりに山の道具に感動した!○泉風、、、