8/22(土)は、多良山系の小河内谷右俣に沢登りに行きました。
最後に15m程の大滝があるのですが、ここは通常滝の左壁を登ります。
この日もいつものように左壁を登った後、
トップロープ状態で大滝の登攀にチャンレンジしてみました。
水量が多ければとても登れる滝ではありませんが、
この日の水量は平均的なものでしたので登ることができました。
途中リスも見受けられましたが、核心部にはリスはないようでしたし、
この水の中ではハーケンやフレンズを使う余裕はとてもありません。
この滝をリードしたいとは思いませんでした。