100217-1
私たちの山の会「山人」も時々メンバーの入れ替わりがあります。
昨年は会を去る人が何人かいました。

その人たちと入れ替わるように入会者が2名ありました。
そして、先月になって1名、次の週にまた1名、と
入会希望のメールが来ました。

初心者の方が2名、初級者の方が2名でした。
まだ満足に山の装備も揃っていなくて、1からスタートです。

でも、そんな人がいいですね。
こちらが言ったことを素直に聞いてくれます。
初めて触れる山の会が「山人」ですから、
「山人」流の山のスタイルを素直に受け入れてくれます。

自分流の山のスタイルを持っている人は、
会に入ってもあまり長続きしない傾向があるようです。

いつもここで私が書いているように、それは良い悪いの問題ではなく、
スタイルの違い・価値観の違いですから仕方がありません。

自分のスタイルに合ったところで山を楽しんでもらえれば良いと思います。

先日、また新たな参加申込のメールが届きました。
まだお会いした事はありませんが、
何度かメールのやり取りがあり、電話でもお話しました。

私のご近所の40歳代の主婦の方です。

山の経験は2年弱、もう少しきちんと勉強してみたいと思われたとの事。
そんな気持ちで「山人」に参加を考えてくれる人が多いみたいです。
こちらもきちんと襟を正して向かい合いたいと思います。

こんな風に立て続けに参加申込があるのは初めてのことですが、
新会人さんが参加した山行のレポートを見て、
「私も思い切ってメールしてみました」と書いてある人が目に付きます。

きっかけってあるもんなんですね。。。。

*画像は、先日の山行の様子です。登山口で地図を確認しているところです。