祖母山へ行きました。

今年の1月に亡くなられた「山旅人さん」を偲ぶ会が、
彼にゆかりの深い祖母山九合目小屋で開かれることになったのです。
彼の提唱で始まった祖母山の清掃登山は、
毎年この時期に行われていました。

そんな彼の思いを忘れないようにしようと言う
山の仲間が集まりました。

彼が中心になって立ち上げた「九州さんらく会」の
呼びかけで今回の追悼登山が行われました。

あいにくの入梅となりましたが、それほどの雨に会うこともなく
無事終了することが出来ました。

100613
北谷の登山口に置かれていた、山小屋の修繕に使用する建築資材を
それぞれ持てる分だけ持ち、九合目の小屋まで登りました。

100613-1
ひさし振りの九合目小屋です。
小屋番さんとお会いするのも2年ぶりくらいでしょうか。

100613-2
九州各地と山口県から彼に縁のある方たちが集まってくれました。
傾山の山頂で撮られた彼の遺影が喜んでくれているように見えました。

彼との想い出などをそれぞれが語りあい酒を交わしながら
彼の遺影の前での時間は静かに賑やかに過ぎていきました。

その日の夜はかなりの雨が降り、翌朝も雨だったので
清掃は中止とし、小屋の室内の清掃をみんなで行って
めいめい下山していきました。

100613-3
少し遅れて私たちも下山しました。
国見峠に着く頃には雨も上がり、峠のお地蔵さんにお別れをして
北谷へと下りました。

100613-4
雨上がりの新緑が眩しいほどでした。
mimimamaとふたり、山旅人さんとの想い出を話しながら北谷へ。

100613-5
先に下山したメンバーの車はすでになく、
私たちは、のんびりと東屋でお昼を食べて長崎へと向かいました。