今週末は、宮崎にいる次男坊のところに遊びに行きます。
息子が赴任している新田原基地の航空祭があるのでその見物です。
昨年も長男家族ともどもファミリー全員が宮崎に集まり
楽しい時間を過ごしました。

今年も出かけることにしたのですが、
今回はもうひとつの楽しみができました。
宮崎県に住んでいる私の昔からの山の友人である
お二人と会うことになったのです。
年末の忙しい時期だから迷惑かもな・・・と悩みながら、
せっかくの機会だからと思い誘ってみたら
二人とも出て来てくれるとの返事をもらいました。

水流渓人さん遊也さんです。

水流さんは九州で山登りをしている人なら
誰でも知っているサイトのオーナーです。
その軽妙で家族愛に溢れる文章には、いつも心があったかくなります。
最近は宮崎県の山を大事に登り続けておられます。

私との付き合いは長く、私と彼との心情は以前遡行したときの
上の小屋谷」のレポートの最後に書いたことがあります。
そのとき同行したのがもうひとりの「遊也さん」でした。

遊也さんは、多くの方が山登りの時に参考にしている
分県登山ガイド宮崎県の執筆者のひとりでもあります。
本名の緒方優と記載されています。

お二人とは、次男坊が航空学生を卒業して最初の赴任地となった
新田原基地にいたときに、宮崎市内でお酒を飲んで以来ですから、
もうずいぶん会っていません。

いつも私たちの繋がりの真ん中にいてくれた「山旅人さん」が亡くなられて
もう2年が過ぎようとしています。
改めて彼の存在の大きさを感じるこの頃です。
私たちのお酒の席できっと彼の話に花が咲くことだろうと思います。

そうだ、そうだ、私とツルちゃんと遊さんともうひとつ、
山旅人さんの席も用意しときますからね、待ってますよ、兄さん。