山に登るにはいろいろな目的があるかと思います。

未踏の山に登りたい。
自然の空気を満喫したい。
自分自身にチャレンジしたい。
山で美味しい弁当を食べたい。
仲間と楽しい時間を共有したい。
・・・・・・などなど。

私もそのような気持ちで山に登ります。
一人で山に登るときは、もうひとつテーマがあります。
「ナンパ」です。

私は一応女性に分類される生き物と結婚していますので、
「結婚してください」とは言いません。
「付き合ってください」なんてことも恥ずかしくて言えません。

「山の上のテントから、僕と素敵な星空を見ないか・・・」
そんな言葉でナンパします。(ウソで〜〜す)

実は私たちの山の会は、どうもむさくるしい男ばかりが集まってきます。
はっきり言って楽しくないです!
こんな現状をなんとか打破しなければ日本の財政赤字も良くはなりません。
(関係ないけど・・・)

山を歩きながら、「この人は山が好きみたいだな」と感じたら、
「こんにちは」と声をかけて、それとなく探りを入れます。

そして「当たり!」と感じたら山の会の名刺を渡して
「お暇なときに山行に出てきてください」と
白馬に乗ってカッコよく去っていきます。
(現実には、ヨタヨタとカッコ悪く歩いてるんですけどね)

今日のコースは黒木から五家原岳に登り、
金泉寺に到着するまでは誰ひとり会いませんでした。
このコースはナンパには不向きです。
私と同じ目的で山に登る人は、このコ−スはやめましょう。

と言うか、多良山系は結構自立した登山者の方が多いので、
ほとんどの方が単独でしっかり登れる方とか、
すでにどこかの会に所属している人が多いようです。

ナンパなら雲仙がおすすめです。
私の唯一のナンパ成功事例は雲仙です。
その可哀想な女の子は○○ちゃんと言います。(小声で・・)

そうそう、下山途中に出会った若いカップルに強引に
山の名刺を渡しました。
後ろから塩を巻く音がしましたけど・・・・ごめんなさい。

いつも黒木の里にいる可愛いワンちゃん

120107-1

五家原岳方面は林道工事中です

P1070005

朽ちて落ちてしまった橋、先に新しい橋がある
P1070007

登山道のすぐそばで工事中です
P1070012

横峰越に到着、今日は結構余裕だったぜ!
P1070015

五家原岳山頂、いい天気
P1070017

中岳です
P1070020


オワリです。