【日程】2016年7月14日〜7月18日

【山域】北アルプス北部

【行程】
(7/14)長崎→博多→京都→直江津へ
(7/15・小雨)直江津→糸魚川→平岩→白馬→栂池  栂池〜白馬大池山荘(泊)
(7/16・晴れ)白馬大池山荘〜三国境〜雪倉岳〜朝日小屋(泊)
(7/17・雨風)朝日小屋〜朝日岳〜蓮華温泉(泊)
(7/18・曇り)蓮華温泉→平岩→糸魚川→金沢→京都→博多→長崎 

【メンバー】jimny+mimimama    

最近のヤマケイで、登山者に人気の山小屋ベスト10に選ばれたという「朝日小屋」に15年ぶりに出かけてみることにしました。蓮華温泉からの周回を考えていたのですが、1日違いで夏山バスが運行していなく、栂池から入ることにしました。長崎からは登山口に着くまでが大変です。

栂池高原を散策する人たちと一緒に歩き出し、栂池ヒュッテのあるところから登山道は別れます。
小雨の中を雨具を着てのスタートとなりましたが、たくさんの花たちに迎えられて気分は晴れ晴れです。

木道が整備されている天狗原で一休みして先に進みます。
この頃には雨も止んで来ました。 

ゴロゴロと大きな岩が転がる斜面を登ると、雪渓の中に1本のロープが設置されています。

このロープを手がかりにスリップしないように登り、シャクナゲが咲く平坦な道を進んで行くと「乗鞍岳」の山頂に到着。
横浜から来たと言う2人の若い女性と替わりばんこに記念写真を取り合いました。

乗鞍岳からは、またまた岩ゴロゴロの道を下り気味に歩いていくとガスの中に白馬大池が姿を現しました。
とても幻想的な池です。

池の畔に立つ「白馬大池山荘」にチェックインして、荷物の整理や着替えをした後、最初の1本でまずは乾杯!
今日はあいにくの天気が幸いしてか、部屋は貸切でした。
乗鞍岳で写真を取り合った彼女たちとは、白馬大池山荘でも一緒に食事をしたりして、仲良しになりました。
私も最初は「オジサマ」だったのが、「お兄様」に格上げしてもらいました。(笑い)

・・・・・・・・・・・・・

二日目の朝もガスがかかり、うっとうしい感じの中でのスタートとなりましたが、高度を上げていくにつれてガスが切れ、青空が見えて来ました。

白馬岳、唐松、五竜、鹿島槍の後立山連峰の後方には、剣や遠く槍の勇姿も見ることができました。
右手には、今日これから足を踏み入れる雪倉岳とその先の朝日岳へと続く稜線が目に飛び込んで来ます。
小蓮華岳を越え、素晴らしい縦走路の1歩1歩を味わいながら歩を進めます。 

三国境で休憩を取り、この先の長い縦走に気持ちを入れ直します。
朝日岳への縦走は急な下りから始まります。
左手下に見える「長池」の雪渓はかなり小さくなっているようです。
ザレ場を下り、鉢ケ岳山腹のトラバース道あたりになると、たくさんの高山植物が咲き誇っています。
花たちが先を急ぎたい私たちの足を引き止めます。

雪倉岳避難小屋に到着。
きれいに手入れをされていました。
ここで一休みして、雪倉岳への登りにかかります。

ここの登りはキツイと覚悟していたのですが、思ったよりもあっけなく登り切ることができました。
雪倉岳から振り返る後立山の山並みは「美しい」の一言でした。

途中、「ツバメ岩」と書かれた岩場の下の岩屑が堆積した斜面 を通過します。
ここからしばらく進むと、やっと朝日岳への直登コースと朝日小屋への水平道の分岐に出ます。
今年は雪が少なく、水平道も歩けることを事前に確認していたので、迷わず水平道へ。
ところがどっこい、この水平道がなかなかのものでした。

途中いくつもの小さな湿原があり、ミズバショウやエンレイソウなどを見ることができました。

ですが、、、行けども行けども小屋は見えず・・・・
思った以上に水平道はきつかったです。

なんとか朝日小屋にたどり着き受付へ。
この日は地元の登山者たちの「朝日岳山開き登山会」なる催しがあっていて、小屋の女主人の「ゆかりさん」もてんてこ舞いの忙しさのようです。
「15年ぶりに来ました」と私が言うと、「私が小屋をするようになって1年目の時ですね」とゆかりさん。
「そうです。あの頃はまだ乙女のようでしたよ」と言うと、「もう孫が5人もいます」とケラケラと笑うゆかりさんでした。 

この山小屋の人気の秘密は、料理が美味しい事、小屋の隅々まで清潔に保たれている事、若くて明るいスタッフさんたちの対応の良さなど、いろいろあると思います。
その根っ子にあるのは「ゆかりさん」の人柄から来ているのだろうと思いました。
mimimamaが言ってました。
「この小屋の素晴らしさはトップが女性だからこそ」・・・・



夕食時と朝食時には、天候についてやこの山域のコースごとの注意点や行動予定のことなどを「ゆかりさん」がアドバイスをしてくれます。
15年前と同じように清潔で明るい山小屋でしたが、彼女は15年間で素晴らしく成長していました。
当時はまだどこか自信なさげな感じでしたが、今は堂々としてカッコイイ女将さんです。
どこからアプローチしても結構な体力と時間が必要な山小屋ですが、数ある日本の山小屋の中でベスト10に入るのも納得です。

体力が残っているうちにもう一度訪ねてみたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・

下山日の朝は雨、そして風。。。

上下の雨具を着て、完全装備での出発です。
朝日岳への登りは思ったほどきつくはなかったものの、頂上に出るとすごい風です。
栂海新道分岐までは時々耐風姿勢を取るほどの風でした。

 

登山道は川のように水が流れ、何度か膝までの渡渉や滝状の岩場の下りも強いられました。

風が一息つく頃には登山道は木道となり、ニッコウキスゲたちが私たちを励ましてくれます。
蓮華温泉までの道は下山でも7時間を要します。

五輪高原の標識を過ぎ、水量が増した川に架かった橋を渡ること2回。

「兵馬ノ平」と呼ばれる湿原に出る頃には、空は明るくなって来ました。

ここもゆっくり時間を楽しみたいような気分にさせるところです。

さあ、蓮華温泉への核心部はここから標高差300mの登り返しです。
気合を入れ直してがんばると、蓮華温泉の建物が見えて来ました。
こうして長い山旅がやっと終わりました。

15年前に北又谷から黒岩谷を詰めて稜線に上がり込んだのですが、その時は栂海新道の途中に出ていたようで今回のコース上ではありませんでした。今、改めて地図を眺めててみると結構長い距離を朝日小屋まで歩いていたんだなあと我ながら感心してしまいます。今の自分の体力ではとても無理です。若かった自分を褒めてあげたい気持ちになりました。

蓮華温泉は評判どおりの良いお湯でした。
山の疲れをのんびり癒してもらいました。

翌日は長崎までの長い移動でしたが、北陸新幹線にちょっとだけ乗ることができてよかったです。

今回はメインの縦走二日目が晴天に恵まれてとてもラッキーでした。
山の神様、ありがとうございました・・・・・