3173d34f949aedad3e01a8bd2124b26c

山行日・・・・2016.05.04

登った山・・・前障子岩、大障子岩(祖母傾山系)
コース・・・・上畑→前障子岩→大障子岩→八丁越→荒れた林道→車道→上畑

天 気・・・・晴れ
メンバー・・・jimny、mimimama


祖母方面へ出かけました。

これまでなかなか機会がなかった上畑から前障子〜大障子を歩くコースです。

5/3・雨と強風の中、明日は好天になると言う天気予報を信じて長崎を出発しました。地震の影響でその先が通行止めの湯布院インターで高速を降り下道で登山口まで走りました。車中泊した九十九(傾山登山口)の駐車場は、我々の他には男性2人の1パーティーのテントのみ。

5/4・青空です!
簡単な朝食を済ませ、登山口の上畑へ移動。駐車スペースには、すでに2台の車が停まっていました。
多分完全縦走組なのでしょう。


さあ、ここから標高差1.000m以上を登らなければなりません。祖母山系に上畑から登るのは初めてですが、考えてみると尾平側から祖母山の方に登った記憶はあまりありません。これまで黒金尾根にしても宮原コースにしても、沢登りの下山ルートとして使ったり縦走の下山コースとして使うことがほとんどでした。はたして1.000mの祖母山系の登りはどんなものか?今回は自分の今の体力を計る上でも良い機会となりました。

上畑神社の横の急坂の舗装道路がスタートです。

庭先におられた地元の住民の方に挨拶をしながら登っていきました。登山届けのボックスが道の左側にありますが、うっかりするとそのままボックスのある方向に進むそうになりますので注意が必要です。
今は住んでる人のいない最後の民家を過ぎると山道に変わります。振り返ると傾山が朝日に照らされていました。 

その先も、ちょっと間違えそうなところが何箇所かあります。鹿除けネットをくぐったり、跨いだりするところも2箇所ほどあります。踏み跡がネットの向こうにあったりするので、「オヤッ?」と思ってしまいます。雨の後だったので土の上が滑りやすく足に力が入ります。小さな渡渉が2箇所ほどあります。


さらに登ると、木々が立つ稜線に出ますが主稜線はまだまだ上です。この先結構気を使うところもあります。慎重に登らないと傾斜がきついのでスリップでもして落ちればアウトです。

やっと主稜線に出ました。

目指す「大障子岩」、その右後方には「祖母山」

アケボノツツジ

シャクゲ

前障子岩への岩場を登る

前障子岩山頂

下りが怖い

次のピーク「大障子岩」が見える

気が抜けないところが続きます

大障子岩の先端で、後方は祖母山

登山道から大障子岩を振り返る

八丁越から尾平に向けて下山

このコースはあまり一般的ではないようです

荒れた林道に出ました

バスの時間には早かったので、上畑まで歩きました
1時間30分・・・・(疲れた)