2021年05月23日

鹿児島産黒毛和牛肩ロース部位を原料として

「黒毛和牛 肩ロース小間切れ 100g 398円」

大手量販店チェーンのチラシでも打ち出して売場展開した

商品。まさに単品量販商品である。

IMG_6104500gの量目で1パック当たりでは

1980円の価格帯で販売。

小間切れと商品名がしてあることでの

商品化では確かに小間切れなのだがこの商品化に対して

「小間切れ」という品名で片づけてしまうのはもったいない。

1枚当たりの肉片も適切にあらかじめのカットがしてあることや

スライサーでの切り方においても1mm以下で薄くスライスできている。

この切り方なれば、冷しゃぶでも焼きしゃぶでも、もちろん

すき焼きでも牛めしでも、肉じゃがでも、ハヤシライスでも、ミルフィュな

ビフカツでも要するになんでもいけるということになる。

だから商品名としては小間切れよりも切り落としのほうが適切ではなかったか?

用途としてわかりやすく的を絞るとなればそのようにすれば

良い。とにかくこの商品の商品作りにおいて私の商品化における着眼点の

近さを感じた単品の売場展開としてご紹介したい!




jimotosuper at 16:33コメント(0) 

2021年05月05日

おうちごはんでハレの日の特別な時にはおすすめの商品。

見た目にも何より豪華で華やかな盛り付け。

さらに家族全員でお祝いしてもらっていただくとなれば何より最高!

見てよし、味わってよし、家族全員が盛り上がって良しの

焼肉デコレーションはコロナ禍のなかでぜひ食べていただきたい

1品です。

お肉を宝石店の商品のように楽しんでいただくことは

何よりもおいしい記念日となります。

20210318_153023


jimotosuper at 17:50コメント(0) 

2021年03月28日

地元スーパーの精肉売場のメイン商品となれば、やはり

地元産の牛肉であり豚肉が当然の品揃えとなる。

この売場からは「焼肉セット」での客単価への貢献度は明らかに

高いコーナーとなる。間違ってもオーストラリアやアメリカやカナダからの輸入

ものが品添えされることはない。どこまでも国産であり地元産での

安心、安全がプレミアムな価値を生む。

もちろん宮崎和牛の品揃えもコーナーとしても品揃えはしているが

やはり価格帯としての違いは選択肢として出てくる。

さらに地元産調達の牛ホルモン、トントロなどでの違いも

地元産焼肉商材としての差別化として明らかな価値観を

生み出している。

それによって20㎞もかかる遠方からでもわざわざ求めて

ご来店いただける。しかも客単価への貢献も大きい。

このコロナ禍にあって、おうちごはんでのお客様の指向は

プレミアムな価値観に裏付けられている。

焼肉をうちで食べるのなら、牛肉を買い求めるのであれば

どのお店のどの精肉売場が求める売場であるかが

明白な違いとなってきた。

明確な自社、自店としてのポリシーをもってお客様の求める

価値観に共鳴できる売場となってもらいたい。
                
IMG_6012

jimotosuper at 15:23コメント(0) 
[フードサポート研究所] スーパーマーケット・精肉店のコンサルティング・マーケティング
記事検索
プロフィール

「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。フードサポート研究所ホームページはこちらhttps://jimoto-super.com

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ