2021年03月28日

地元産牛肉、豚肉の焼肉セット

地元スーパーの精肉売場のメイン商品となれば、やはり

地元産の牛肉であり豚肉が当然の品揃えとなる。

この売場からは「焼肉セット」での客単価への貢献度は明らかに

高いコーナーとなる。間違ってもオーストラリアやアメリカやカナダからの輸入

ものが品添えされることはない。どこまでも国産であり地元産での

安心、安全がプレミアムな価値を生む。

もちろん宮崎和牛の品揃えもコーナーとしても品揃えはしているが

やはり価格帯としての違いは選択肢として出てくる。

さらに地元産調達の牛ホルモン、トントロなどでの違いも

地元産焼肉商材としての差別化として明らかな価値観を

生み出している。

それによって20㎞もかかる遠方からでもわざわざ求めて

ご来店いただける。しかも客単価への貢献も大きい。

このコロナ禍にあって、おうちごはんでのお客様の指向は

プレミアムな価値観に裏付けられている。

焼肉をうちで食べるのなら、牛肉を買い求めるのであれば

どのお店のどの精肉売場が求める売場であるかが

明白な違いとなってきた。

明確な自社、自店としてのポリシーをもってお客様の求める

価値観に共鳴できる売場となってもらいたい。
                
IMG_6012

jimotosuper at 15:23コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[フードサポート研究所] スーパーマーケット・精肉店のコンサルティング・マーケティング
記事検索
プロフィール

「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。フードサポート研究所ホームページはこちらhttps://jimoto-super.com

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ