2022年02月03日

牛肉弁当

このお弁当1パックで580円します。商品名は「牛肉弁当」

IMG_6479食べてみました。赤身部位ですが

とにかく牛肉が柔らかい!

なぜ?こんなに牛肉が口の中で吸い付くように

かみしめることができるのか?

この違いは何なのか?です。

まず第1点は牛肉が焼きすぎていないことです。

一般的に加熱する温度と、やはりよく火を通しておくといった

加熱処理とは異なります。

さらに違いを感じることは肉質そのものの違いです。

交雑牛ですがこの牛肉は雌牛です。

この2点から牛肉の味わいの違いがかなり差別化された商品として

うかがい知れます。その点で580円という売価の価値観が

価格以上の味わいとして十分な価値を持っていることに

なります。さらに副材の1品1品もかなり味わいよく

丁寧に作り込んであります。冷めていてもご飯がおいしい。

かぼちゃの甘さは程よく甘めに

マリネはしっかりと酸味が出ています。

このメリハリがバランスよく添えられた牛肉弁当です。

jimotosuper at 18:13コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[フードサポート研究所] スーパーマーケット・精肉店のコンサルティング・マーケティング
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。フードサポート研究所ホームページはこちらhttps://jimoto-super.com

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ