2022年08月31日

未経産牛肉の存在

円安による飼料価格上昇はもちろんのこと、エネルギーコストの

上昇がすべての物価上昇の根本原因となる。こうなれば鶏肉価格の

2倍となる豚肉、さらにその豚肉の2倍の平均単価である牛肉となれば

牛肉の買われ方に厳しさが出ることは当然のことだ。牛肉どころか

豚肉、鶏肉へとスライドしてしまうことが想定される。

そこでの精肉部門、牛肉売場からの品揃えとしては「国産交雑牛肉」

でのしかも「雌牛」さらには「未経産牛肉」での売場となる。

IMG_6658やはり小サシとしてのきめの細かなサシの入り方と

鮮やかなピンク色の

肉色、味わいとしての柔らかさを取れば

黒毛和牛での去勢牛との比較によれば

十分なコストパフォーマンスが期待できることとなる。

22年の年末商戦を見据えた牛肉における、商品確保という点からも

この交雑牛肉、雌牛での希少部位からの品揃えであり、部位ごとの

あじわいとしての価値がどこまで出し切れるかこの1点に年末商戦の

狙いどころがかかっていると言える。

jimotosuper at 11:16コメント(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
[フードサポート研究所] スーパーマーケット・精肉店のコンサルティング・マーケティング
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

「稼げる肉の売り方、食べ方伝道師」として地元に息づく地元スーパーならでは事例を通じて情報発信しています。フードサポート研究所ホームページはこちらhttps://jimoto-super.com

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ