【裁判】騒音おばさん、法廷で理由語り涙「亡くなった娘の悪口を広められたり近所の人からいじめに遭っていた」
【裁判】 騒音おばさん事件の真実は!? 2ちゃんねるの反応・続報
【2ch】ニュース速報ブログ より

。・゚・(ノД`)・゚・。
本当に自分が情けないと思った。
マスコミの偏った報道に踊らされていた。

大雑把にまとめると
  • 娘さん二人を「脊髄小脳変性症」で亡くしている。
    息子さんが一人残されているが、障害があるらしい。
    旦那さんも入院している。
  • 病気の娘さんを「キチガイ」呼ばわりされた。
    その他、諸々の嫌がらせを受けていた。
  • 嫌がらせをしていたのは、自称「被害者」の「原告」老夫婦らしい。
    原告の老夫婦は創○で、学会員による集団的な嫌がらせに及んだ。
「脊髄小脳変性症」は、発症すると脳の機能が徐々に衰えて、やがて死に至る。
脳の疾病なので運動や発声など、大きな障害が出てくる。
その病気の人を「キチガイ」呼ばわりするなんて、人間のクズだ。
しかもカルトとあっては、反吐以下だ。
「両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!」 by ハートマン軍曹

病気ってのはな!
誰もなりたくてなってんじゃねーんだよ!


自分の娘が徐々に弱って、死んでいく。
しかも二人。
それを独りで介護し、死を見届ける悲しさ。
また、それをネタに嫌がらせ受けながらも、耐え忍ぶ気持ち。
引っ越しおばさん (愛称として) が精神的に病んでしまうのも無理は無いだろう。
正直、泣けてきた。

引っ越しおばさん、ガンバレ!

「脊髄小脳変性症」で亡くなった女の子 亜也ちゃんの日記と、その映画
1リットルの涙―難病と闘い続ける少女亜也の日記1リットルの涙

2006/12/26(火) 追記
「騒音おばさん」に懲役1年8カ月の判決 大阪高裁 asahi.com
今回は2審め? 控訴はしないみたい?