jQuery のバージョン2.0 正式版がリリースされましたね。
jQuery 2.0 Released 2013/4/18
(via. The jQuery Foundation.)

レガシーブラウザ:Internet Explorer(IE) 6、7、8 のサポートを廃止することで高速化・軽量化したという、なかなかアグレッシブなバージョン。
手元で導入した感じでは…
うむ、確かに高速化している気がする!(ベンチマークは取っていない\(^o^)/)

jQuery のバージョン…いくつだっけ?
jQuery は、JavaScript を扱う上ではほぼ必須。
”デファクト・スタンダード”と呼べるくらい世界中で広く使われているライブラリだと思う。
さて、ではどのサイトでどのバージョンの jQuery が使われているか?
Webサイトのオーナーであればモチロン把握してますよね!
…ねっ!!!

ぐーぐるほすてっどらいぶらり?

急に話が変わりまして…
Google Hosted Libraries” って御存知ですか?
jQuery など、ポピュラーな JS ライブラリを Google のサーバーから読み込んでもらう、という Google 提供のサービス。
転送量の軽減や、ページの読み込み時間 (JS ロード時間) の短縮、などのために活用できる。
このサービス経由で jQuery を読み込ませていると、細かいバージョンアップを気にしなくても常に最新の jQuery をロードさせることができるのだ! (させないこともできるのだ!)

では、このサービスを使っているサイトでの jQuery のバージョンは?
最新だけどレガシーブラウザを切り捨てた jQuery Ver.2.0 が使われてはいませんか?
閲覧者がレガシーブラウザだったため表示できない! なんてことに…
不安になってきたあなたのために、簡単に jQuery のバージョンを確認する方法をお教えしよう。

「ソースを見る」とかダサいよねー
Webページのソースを見て JS ファイルまで辿っていけば、jQuery のバージョンはしっかり書かれています。
でもそこはスマートにこなしたい! というハッカー系イケメンな貴方にお伝えするマジックワードはこちら!
$.fn.jquery

試してみて!
↓ のリンクをクリックしてみて下さい。
jQuery のバージョンを見る
jQuery のバージョンが書かれたダイアログが表示されるはずです。

何をしているのかというと、jQuery を使っているページであれば、$.fn.jquery を呼び出すことで、その jQuery のバージョンが返ってきます。
それを↓のように書いて、表示させています。
javascript:alert('jQuery Ver.' + $.fn.jquery);

なので、↓をブックマークに登録しておけば、見ているページの jQuery バージョンを調べたくなった時、ブックマークから呼び出すだけで簡単に確認できるわけです。(ブックマークレットだね)
jQuery のバージョンを見る

と、何でもないことを長々と書くのが好きなんです。
はい。
お付き合いいただき、ありがとうございましたー。( ´∀`)


ブログネタ
JavaScript に参加中!