TVer というサービスが、2015年10月26日から始まった。
民放のキー局5局が放送後の番組をインターネット上で無料配信する、という今まで夢物語で実現しなかったサービスだ。
参照:民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」

TVer イイじゃん!
「あ、録画し忘れた!」 って番組を見られる。
「え、そんな面白い番組やってたの!」 って放送後に話題になった番組を見られる。
スマホでも。 パソコンのブラウザでも。
スバラシイ!
VOD が、未来が、ついに来たな、って感じだ。

テレビで見たいじゃん!
そんな魅力的なサービス、これをパソコンの画面ではなく、テレビの画面でも見たくなるよね。
最近のテレビはネットワーク機能を色々と持っていて、例えばテレビ内蔵のブラウザで TVer を見ようとする…
が、残念ながら見られない。
TVer の動画再生は Flash Player を使っているからだろう。 テレビ内蔵ブラウザではどうしても限界がある。

でもこれはいつか解決するかもしれない。
例えば、YouTube や Hulu などはテレビ単体で見られるよね。 これは今でも可能なのだから、TVer でそれが実現するのも時間の問題かも。

とは言え、今スグ見たいんじゃい! という私みたいな人のために、ウチでやったことを書いておこうと思う。

Chromecast で見られるじゃん!
はい、Google Chromecast という機器を使って実現できてます。
持っている人は仕組みを想像できると思うけど、まだ持っていない人のために、こんな感じでイケましたよ、という情報です。
(2015年10月時点での情報)

  1. Chromecast を設定する
    Chromecast をテレビの HDMI 端子につないで、無線LAN 環境に接続します。
    コレはもう山ほど情報があるから省略。
  2. パソコン上のブラウザ:Google Chrome に「Google Cast」機能拡張を導入
    ↑の設定の流れで自然とやるかも。 コレも手順は省略。
    Chrome で「Google Cast」機能拡張を導入
  3. Chrome で TVer のページを開く
    後で、でもいいです。
    わかりやすくするために、このタイミングで。
  4. 「Google Cast」機能拡張で、使っている Chromecast を指定
    Chrome の機能拡張のアイコンが右上にあると思うので、そこからネットワーク上につながっているお使いの Chromecast を指定する。
    「Google Cast」機能拡張を使っている Chromecast を指定
  5. テレビ画面 (Chromecast) に、パソコンの画面が表示される
    パソコンの Chrome と、Chromecast が繋がります。
    すると、パソコンで見ている画面(Chrome のタブ)が、テレビに表示されます。
    (キャストされる、と呼ぶらしい)
    パソコンの Chrome と、Chromecast が繋がる
    テレビにパソコンの Chrome のタブの画面が表示される
  6. パソコンを操作して、TVer の動画を全画面表示に
    テレビのリモコンを触りたくなるだろうけど我慢して…
    パソコンを操作します。
    TVer で見たい番組を再生し始めて、「全画面表示モード」に。
    すると、テレビでも画面全体に広がり、テレビの広い画面で番組を見られるワケです。
    ヤッタネ!
    TVer の番組を再生して、、「全画面表示モード」に
    テレビでも画面全体で映像・動画が表示される
  7. 操作は基本パソコンで
    早送りとか、一時停止とか、基本の操作はパソコンの Chrome 上で行います。
    音量は、パソコンで TVer の UI からもできるし、テレビ自体の音量調整でもOK。

    ちなみに、パソコンの Chrome 上で表示している TVer のタブを消さずに残しておけば、テレビで再生しながら、パソコンでは他のページをブラウズしても大丈夫。
    ただ環境によってはテレビでの映像がカクついちゃうのでほどほどに。
    Chrome で他のサイトをブラウズもできる

TVer への期待・課題もあるじゃん
画質
実際にテレビで見てみると、TVer の配信動画はフルハイビジョン画質(1080p)では無いですね。
720p にも満たない。 480p くらい?
テレビ画面では引き伸ばされ、テレビのアップコンバート機能にも限界があって、どうしてもにじむ/ぼやける。
でもコレ、無料だし、これだけ見られれば充分でしょう。
テレビ画面に出るテロップの文字はちゃんと読めますよ。 人の顔の皺とかも見える。

CM
VoD ストリーミングであっても、そこは放送家業、ちゃんと番組内に CM が入ります。
これも贅沢は言えないですよね。
でも通常の放送視聴だと15秒 CM が4つ入るようなタイミングでも、15秒 CM 1本だけとか、割りと良心的じゃないかな。
とは言え、CMの量は今後いくらでも変わっていくかと。
YouTube Red みたいに、有料プランで CM 無しに!とかね。

番組・タイトルの拡充と、掲載期間の延長に期待
見られるタイトルが多いほうが良いに決まっている。
まだタイトル・コンテンツのバリエーションには偏りがある。
そして、掲載タイトルは永久に載っているわけではなく、古いものから足切される。 この期間が長くなると TVer への依存度や安心度が高まるのだけども。
これらは技術的な問題ではなくて版権・放映権とかコストのお話だから、うん、まあ、いち消費者としては夢見るだけですね。

これからも使い続けていくね
Chromecast の使い道、買ったは良いけどあまり効果的な使い道を見つけられずにいたのだけれど、この 「TVer + Chromecast」 は素晴らしいコンビネーションだと思う。

皆さんもお試しあれ〜。


ブログネタ
パソコン・周辺機器 に参加中!