2006年11月22日

視察受入れの報告

a14ccbbe.JPG日時:2006年11月22日(水)10:30-16:00
場所:曽我みのり館
訪問団体:韓国生協23名

お隣の国『韓国』より視察に来られました。私達の交流事業を紹介したり、実際の圃場をご案内したりしました。そして、ちょうど旬を迎えている『みかん』の収穫も体験されました。

jimukyoku_news at 12:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年11月07日

梅ジャム新発売のお知らせ。

4eb6349b.JPGついに『梅ジャム』発売開始!
品名:梅ジャム
原材料:梅、砂糖
内容量:200g
賞味期限:製造日より1年間
製造者:有限会社ジョイファーム小田原
価格:438円(税込み)

ブルーベリージャムに続く「オリジナル商品第2弾」として仲間に加わりました。このジャムシリーズは、消費者と生産者の交流から生まれたジャムで、様々な交流を通じて知り合ったメンバーが商品開発会議を開き、議論をしてきました。他社商品の試食やパッケージの検討、糖度や色・香りの比較などなど・・・。ようやく商品が出来上がりました。ぜひみんなの思いが詰まったジャムをご賞味下さい!

<ジャムへのこだわり>
・原料の梅はできる限り農薬と化学肥料を抑えて栽培したものを使用。
・原料は冷凍保存せず、生のまま自社加工。
・原材料は生の果実と砂糖のみ。固めるためのペクチンなどは一切使用していません。

お問合せ、お申込み先
NPO法人 小田原食とみどり事務局
住所:〒250-0203 神奈川県小田原市曽我岸531
電話&FAX:0465−42−5598
E-Mail:syoku-midori@dolphin.ocn.ne.jp

jimukyoku_news at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月26日

玉ねぎのオーナー制 参加者募集中!

昨年スタートし好評だった「玉ねぎのオーナー制」を今年も次の日程で行うことになりました。この制度は、皆さまに植付けと収穫をしてもらい、途中の管理は生産者お願いするというものです。玉ねぎの植付けは意外と簡単! 田植えのような感覚で、穴に苗をさしていきます。また、小田原で育つ玉ねぎは甘みたっぷりですので、生でもおいしくお召し上がりいただけます。

日程:植付け 2006年12月2日(土)
    収穫  2007年5月13日(オニオン祭と同日を予定)

場所:小田原市曽我地区

参加条件:植付けに参加できる方
      収穫に参加できない方には、最低保障の数量を宅配便で送りいたします。
      (手数料と送料が別途かかります)

最低補償:一般15キロ
      会員20キロ

料金:1区画(面積は約1畳)3,000円

キャンセル料:1週間前〜3日前:30%、 2日前〜前日:70%、 当日:100%
※植付けに参加しないとオーナー資格がキャンセル扱いになります。

申込み締切り:2006年11月15日(水)

お申し込み先:事務局へE-Mail、FAX、電話にてお申込み下さい。
その際、次の項目をお知らせ下さい。
 ・ご希望の区画数
 ・代表者のお名前、年齢、住所、電話・FAX番号、E-Mailアドレス
 ・植付けに参加される方全員のお名前、年齢

NPO法人 小田原食とみどり事務局
住所:〒250-0203 神奈川県小田原市曽我岸531
電話&FAX:0465−42−5598
E-Mail:syoku-midori@dolphin.ocn.ne.jp


jimukyoku_news at 17:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月04日

クラインガルテンの視察をしました。

a6028bb8.JPG日時:2005年12月4日(日)
視察先:四賀むらづくり株式会社が運営する
    『坊主山クラインガルテン』長野県松本市(旧四賀村)
参加者:会員、スタッフ11名

小田原食とみどりでは、みんなが集える拠点づくりを行なっております。この「拠点プロジェクト」の参考にする為、クラインガルテンの視察に行ってきました。視察先は長野県松本市にある坊主山クラインガルテンで、第3セクターの四賀むらづくり株式会社が運営しています。クラインガルテンとは、ドイツ語で「休憩小屋つきの農園」の意味。分かりやすく言うと「滞在できる市民農園」のような感じでしょうか。週末に都会から田舎に来て泊まりで農業をする人のための畑なのです。ここで、建設にかかる費用や運営のノウハウ、また地元の方との交流活動について教えていただきました。

私たちの夢「拠点づくり」の第一歩は、道具小屋作りから。
ひとつひとつ夢を実現させていきます。

jimukyoku_news at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月23日

「たべる、たいせつフェスティバル」に出展

cad9ade6.JPG主催:日本生活協同組合連合会
開催日時:2005年11月22日(火) 13:00〜19:00
               23日(祝)  9:00〜16:00 
開催場所:東京国際フォーラム 展示ホール



食育をテーマにした生協まつり「たべる、たいせつフェスティバル」が、東京の有楽町にて開催されました。神奈川ゆめコープのブースでは、小田原食とみどりが運営する「たんぼの学校」と「はたけの学校」の様子が紹介されました。

jimukyoku_news at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年08月07日

みんなの夢「拠点プロジェクト」第1回会議 開催!

dd0c1f1b.JPG日時:2005年8月7日(日) 14:00〜15:30
場所:ジョイファーム小田原 会議室
参加者:小田原をこよなく愛する人々16名

昨年11月に「小田原の夢を語る会」が開催されました。
実現できるかどうかは別として、とにかく、こんな事をしてみたい!
こんな楽しみ方をしてみたい! という夢を思いつくままに発表しました。
3つのグループに分かれて発表しましたが、各グループから共通して挙げられたのが、「拠点が欲しい、集える所が欲しい」という夢でした。
ぜひこれを実現させようと「第1回会議」が開催されたわけです。

前回の「夢を語る会」よりはもう少し現実的に考え、
場所は・・・?
資金は・・・?
どんな工法で・・・?
労働力(人材)の確保は・・・?
これらの項目について、参加メンバーそれぞれの意見を発表しました。
次回の会議では、更に案を絞り、具体的に方針を決めていく予定です。






jimukyoku_news at 18:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年07月27日

小田原市構造改革特区協定書調印式の報告

29ace31e.JPG日時:2005年7月27日(水) 11:00〜11:30
場所:小田原市役所





出席者:小田原市経済部長、経済部次長、農政課長、農政課職員2名    
     小田原食とみどり理事長、理事2名、監事1名、事務局1名    


農地法の規制緩和により、「農業生産法人」以外でも農業地を借りる事が可能になりました。小田原食とみどりでは、「たんぼの学校」や「はたけの学校」で使用している土地が規定の5反を超えた為、構造改革特区への参入が認められ、小田原市との協定書締結の調印式が7月27日小田原市役所にて行われました。

これによって、田んぼ5,280屐身1,469屐合計6,749屬、小田原市から正式に5年間貸与されました。

jimukyoku_news at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!