声優と制作メーンスタッフ総入れ替えしての
新ドラえもんみました、ききましたの感想。

長年聞き慣れた声は、恐ろしいほど完全なイメージとして
心の中に定着してます。それがいきなり替わると困惑します。
目をつむって聞いていても、誰が誰だか分からないのです。

しかも、ドラえもんのアニメであることすら、声だけでは
分からないのです。ある意味、慣れかもしれないが、
スゴイ恐ろしいことであるかも知れません。

のび太−−−無理して声作ってるみたいで落ち着かない。
ジャイアン−−迫力ないしで強そうでない
スネ夫−−−イメージが似ていて安心。

一番期待していたしずかちゃん。
しずかちゃんの入浴中に、ドラちゃんとのび太が
お湯の中から現れるシーンでは

いままでは→ 「きゃーーぁ!!」
今回は→→  「どこぉみてんのよォー!!

とは云わないけど、云いそうな感じです。

しずかちゃんのイメージは、おしとやかで上品なおじょうさん
から、すっかり今ふうなしゃべり方になってしまってる。
おきまりの入浴シーンで「どこみてんのよぉ」と叫んでも
全然違和感ありません。


ドラちゃんは少しとんまだけど、イザという時すごく頼りがいのある
イメージをやや太めのしゃがれ声で表現していたのが似合っていた。

今度のドラちゃん、わるいけど頼りなさそうです。
のび太とドラえもんの声質がかぶっています。
声からは、どちらがどちらか分からないし、イメージできない。

否定的な批評ばかりだけど、これも慣れでしょう、きっと。
あと、みんなの顔の雰囲気も変わりましたね。
それと、タイムマシンが異様に敏速になった。

これからの新ドラえもん、新しいイメージができることを
期待しています。