のだめ覚醒!
いよいよこれから主役の本領発揮かと思いきや、またストーリがよく分からなくなってしまった。いや千秋さまの新しいオケ構想は分かるが、のだめの立ち位置が未だ定まらないというか・・・。とにかく原作も読まないでここまで観てるんだから、頼りになるのは想像力だけっす!


それでものだめ、頭の周囲に蠅連れて回るほど、クサーイほど、一心不乱にピアノ練習に打ち込む。それもこれもすべて「このままでは千秋と一緒にいられない」と言うシュトレーゼマンの言葉のせい。


その間千秋様はと言うとシュトレーゼマンと一緒に
銀座→京都→温泉→六本木
と飲み歩くというか、温泉ではお約束のピンポンまで!

Sオケメンバーはみんな就職活動に必死です。
そーなんだみんな大学生だったんですよね。
もちろん千秋さまも進路を決めないと行けません。
何故外国へ留学しないのかみんな気にしてます。もちろん飛行機恐怖症で船恐怖症だなんて誰にも云えませんが。


のだめと千秋さまのラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」
ピアノシモをフォルテシモでひいてる!
音が多い、勝手に作曲してる!
衝動で弾いている!

などと云う千秋さまのダメだし!
もちろん音楽センスゼロ!のおいらにゃ全然わかりましぇ〜ん!!

分かったのは!
千秋さまが買い物に行くスーパの名前が

スーパーひとしくん!!

それと、Sオケ解散コンパ飲み会での陰謀を巡らす連中の後ろにあるメニュー
腹中の思惑!
甘美な閃き!

くらいです〜!!
それにしても千秋さまの「地上の星」聞きたかったです。
地上の星での太鼓の達人も!!


そんなこんなで千秋様
ついに新しいオーケストラを作ること決意!
Sオケの連中も何だかんだと言いながら誘われるのを待ってるみたい。
でも、

なあーーんにも考えてないのがのだめです。
さあ、のだめは新しいオーケストラで自分を見いだせるのか!!



ドラマや映画レビューがぱくられてるかも知れません、お気を付けください。詳しくはまた後で。!