毎回思うけどタイトルが意味深です。今回は「騒霊ぐ」と書いて「さわぐ」。これだけで大体の話が見えてくる。つまり漢字の持つ意味を最大限に引き出してる。これはもう言霊の世界ですね。

これだけタイトルにこだわるのだからストーリも凝りに凝ったものだろうと思ってたがそれは大きな間違いかも。どちらかというと福山雅治の格好良さばかり目立ってます。

今日はいきなりフリークライミングですか?
いつもそうだけどカッコイイことばかりやってるこの変人ガリレオは。
変人物理学者なんだから、もう少し変人らしさを追求してほしいのにぃ。福山ファンにはたまらないだろうけど、今時のドラマで完璧な二枚目なんてウザがられます。それに妙にインテリぶって、だんだんナル男になってるしぃ。
・・・などとテレビ観ながらぐだぐだ云うので、家の奥さんにウザがられてますワタシ・・。
しかもいきなりカンザキナオなんてゆーものだから

神崎直はライアーゲームや!

とツッコミ入れてしまいましたぁ。
そのうえ広末さんも老けたねぇぇぇ!ビーチボーイズの頃はかわゆかったのにぃ。
でもね広末さん、
彼と暮らせるのならお金なんかいらないぃ♪
そんなこと云ってられるのは今だけですよ。
もう子供もいるんでしょ、よくそんな歯の浮いたこと云えるなあ。

ホントこのドラマつっこみ処多いのです。
家が思いきり揺れるポルターガイストも、どんなトリックか興味津々だったのに、マンホールがあって工場からの共振現象??
そんなことが分かる公式計算式ってどんな計算なんだ!!
人生の諸問題すべて計算式で解決できるの?
ほんともう

無意味な計算!!

それにしてもあのおばあちゃん殺しはシャレにもならないです。何も殺さなくてもいいのに。こんな後味悪い脚本何の抵抗もなかったの脚本家は?
それに最後で柴咲コウが泣いてるのは感情移入できなかった。と言うより何で泣いてるのかしばらく分からなかった。トリックばかりに気合い入れてて、事件の背景説明は二の次なんでしょうか。
毎回ガリレオだけが別次元にいるように思うのは自分だけ?