先週は60分間ぼーっと観ていたので分からなかったけど、今回その気になって観ていたら今年の大河ツッコミ処満載じゃないっすか!

姫様が家老の家まで文句云いに云ったり
家老が子供の姫に抜け荷や偽金作りの話しをしたり
と、あんみつ姫もビックリのテイストになってます。

まあなんですねぇ
今年は大河を歴史再現英雄伝説ドラマとは見ないで
水戸黄門・柳生十兵衛・月影兵庫などのホームドラマ時代劇として観れば楽しめるかも。

でもなんだか軽いなあ、
原作はしっかりしてるのに功名が辻より軽いタッチ

です。

それに大久保利通がなんと!原田泰造とは・・・!!!
せっかく西郷隆盛役の小澤征悦さんイイ味出してるのにぃ。
でも芸人だと考えず見てたら大久保に似てるかも知れないゾ
と言うことを発見しました。

調所が死んで「殿よかったですね」と云う由羅に、
「島津をココまで立て直せたのは誰のおかげじゃ」と怒る斉興を
まあこわい〜
と軽くいなすお由羅サイコーー(^o^)
思わず萌えーーー!!てしまいましたー。

それに
青火がぽ〜っ!!
赤火がぽ〜っ!!

でたー火の玉!!

やってくれました早くも超常現象!!
まさかこんな早くにお得意の超常現象登場とは!!
さすが義経と同じ原作者、好きなんでしょうかこんなのが?
しかもちゃんと床下に呪いの人型あるし、これに五寸釘まで打ちつけてあったら完璧です。斉彬さんのお子様が呪い殺されてるしぃ。
しかし、ひとりじゃなく次々死んでいくとはーー!いったいぜんたい
島津斉彬の子供って

何人おるねん?!!

と、鬼女お由羅より子供の数が気になって気になって・・・!
それはともかく平幹二朗さん重厚ですね。
軽いドラマになくてはならない重石として重宝します。
もちろん高橋英樹さんも上手いんだけど、屋根裏から階段下りてくるときなんぞ、般若の面をかぶって小鼓ぽんぽんぽんぽん鳴って登場かとドキドキしてしまうしぃ。

その平幹二朗たった二回で退場とは!
さすがNHK湯水の如く俳優使いますなあ。
個人的には玉木宏の坂本龍馬早く見たい・・・。
玉木宏と瑛太が絡めばもうそれって
「のだめ」再現じゃないっすかぁ!o(^o^)oワオ!


ところで
私の心は私のもの、他の誰にも縛られはせぬ!!
って分かった風なこと云ってる篤姫さん
心は自由でも、心を話す口はいつでも自由という訳にはいかない!!
と言うオトナ帝国の掟もお勉強した方がイイと、オジサンは思いますのじゃ。