この病院相変わらずお忙しいようで、前半など何が何やらよく分からん!大体ストーリの方向性が後半近くまで見えてこなかった。
藤川メガネ君(浅利陽介)何でぶっ倒れたのか見てなかったよぉーー。

なに?
電気ショックしてる患者の体に触って通電した?
それで

奇跡のミス!

などと云われてたのか。
でもって、ドクターヘリ落第宣言されちゃうのね。そこに我が子が心配でたまらないママがやって来て、子供を陰からそっと慰める・・・。
って、

おお!今日はメガネ君浅利陽介のターンなのだ!!
本日の主役はメガネ君だって、最後になってやっと分かった。
しかも偶然
ミュンヒハウゼン症候群の患者に心開かせる

しぃ。
ドクターヘリよりカウンセラーに向いてるかも。
ところでこの「ミュンヒハウゼン症候群」ってなに?
滑舌悪いので言葉もよく聞き取れないしぃ。


ミュンヒハウゼン症候群(ミュンヒハウゼンしょうこうぐんMunchausen syndrome)自分に周囲の関心を引き寄せるために虚偽の話をしたり、自らの体を傷付けたり、病気を装ったりする症例の事。


なるほどなるほど、家族を亡くして寂しくて構ってほしかった「構ってクン」だったのか。まあ視聴者は始めから嘘くさいと分かってたけど。
始めは会社クビになったと云ってたのに、後で倒産と言ったり、栄光時代の写真見せびらかせたりと、何となく怪しすぎ。

それで
今日のテーマは何だったの?
もしかして
宣言?

ドクターヘリ落第宣言に
一生半身不随宣言?
宣言の難しさ非常さがテーマかと思ってたら何だか違うような気も・・・。

それとも
青春群像の主人公5人は複雑な家庭環境みたいで、それに構ってクンが絡む展開、つまりさびしーぃのぉ!だから

抜くよ血!

呼ぶよヘリ!

って云う話?
まあ最後の、万年筆で縦書きで達筆で草々と書いてある女子高生のお手紙には、ベタだけどホロッとさせられた。
ところで 藍沢(山下智久)は小さい頃から天涯孤独だったのか。
だから暗いし冷たいんだって、でも祖父母に育てられ医大まで行かせて貰ったんでしょ、学費も高かったのにぃね。チョットは感謝しろよな。
でも

ハレルヤチャーンス!

して両親亡くす前に戻ればよかったのにぃぃぃ。
やはり山Pはハレルヤチャーンスやってる方がカッコよかったと思うのはオイラだけ?