今日は安政の大獄ひこにゃん編と言った趣バリバリなんだけど、どちらかと云うと井伊直弼(中村梅雀)をもっと見たかったなぁ。あの悪の笑いなどは、奥の深い腹黒さを垣間見たようでとてもよかった!

それに
橋本左内と吉田松陰の処刑など見処語り処は満載

なのに、
歴史的ドラマは全部スルーで、
結局篤姫目線での安政の大獄になってしまいちょっとザンネン。

でもなあぁ篤姫目線もいいけど、その視点があまりに小さすぎるのでは?
ホームドラマ的視点で、視聴者には分かりやすいと云えば分かりやすいが、歴史を見る眼が何か重箱の隅をつついているような底の浅さを感じてしまいました。

でもそんな批判を意識してか、重箱の隅をつつく、そのつつき方は流石NHK!!と言わざるを得ません。如何にも人の琴線に触れる術を知った、海千山千の脚本演出で見る者を圧倒するとは

侮りがたしNHK!!

もう今日は完全に 村岡(星由里子)のひとり舞台です。
幾島もそうだけど、この村岡の凛とした態度は実に爽やかでもあり、潔くもあります。何か最近は女性の方が凛々しくかっこええドラマが多いけどこれも時代でしょうか。

でもって、打衣(うちぎぬ)を着て詮議をうける村岡のその凛々しさがサイコー。脚本的にはもちろん主役の天璋院が救いの手をさしのべるために贈った打衣なんだけど、それを着て

今日は我が一代の晴れの日!
婚礼の時に着た打ち掛けは葵のご紋と同じ!!

取り調べの侍を前にしての圧倒的な演技はなかなか見ものです。
加山雄三の若大将のマドンナ星由里子とはエライ違い!
あ、でもワタシはどちらかと云うと酒井和歌子派だったけど・・・。

などと云う話はともかく
星由里子の意気込みはまるで一回きりの伝説残してやるぜ!
と言ってるようでもあります。

一年を通して活躍する主役やレギュラーの見せ所は多々あるけど、わずかしか登場しない脇役もキチンと見せ場を用意できるのが大河ドラマの特徴。今年の大河も様々な伝説が生まれつつあるけど
1クールの

レギュラーよりも1回の伝説!

と言う誰かのキャッチフレーズのような心意気!!
まあエガちゃんはむちゃくちゃなだけなんだけど、重みのある演技が出来る人はやはり主役を食うだけの伝説を残せるのです。

そう言う意味では、今年のひこにゃん井伊直弼もある意味伝説になるだろうし、幾島の退場も良かった。でも残念なのは幾島の退場が村岡に食われてしまい影が印象が薄れてしまったことではないでしょうか。

で、来週は桜田門外の変!
まさかこの名場面ちらっとしか見せないってことないでしょうね。