幕末ですねぇー。
歴史を語るに懸命な展開になってきたらホームドラマの出る幕ないわと言うことでしょうか、本日の篤姫

タダの傍観者?!

でした!
その傍観してるだけの篤姫を、いかに絡ませるかが脚本家の腕の見せ所なんだけど、いかんせん
今日の篤姫ただただ遠くでやいやい言ってるだけ。


世の歴史書を見れば和宮が日本を救ったと書いてあるのが多いけど、本日のストーリを見れば、天皇家という圧倒的に強力なコネクションを持ってる和宮の方に分があるのは間違いないでしょう。

まあ歴史などと言うのは見る人の主観によって変わるものなので、一概には云えないけど、それでもこの頃の篤姫こと天璋院は歴史的にはもうほとんど影響力を持っていなかったのではと思ってしまう。

帰ってこれない公方さまを見てるだけー
薩英戦争も見てるだけー
って結局

篤姫見てるだけー!

それに歴史と言えば
将軍の上洛なのに、わずか三千人しか連れて行けない公方様。
京都からお許しがなければ江戸に戻れない征夷大将軍様。
徳川幕府の衰退ぶりばかり描かれてたけど、幕府の人材不足もさることながらひとつの時代の終わりを象徴してるのでしょうか。

象徴と言えば15代の慶喜が出てくると照明が暗くなり、陰険で如何にもヒールっぽい黒慶喜に見せるのは何で?もしかしてこれから天璋院をいじめ抜くとか?
まあアノ水と油のような性格では合わないでしょうけど。

でもって本日のメィンは薩英戦争!
しかし何となくしょぼいイクサだったこと。
まあ、長州のバヤイは倒れた旗だけで終わっても仕方ないけど、もうちょっと見せてほしかった。CGだけは頑張ってたけど・・・。

それにしてもどことなく頼りない尚チャン!
イクサだというのに煮え切らない尚チャン!

司令官がやる気見せて鼓舞しないと士気が上がらないでしょう!
あんなやる気なさそうなボスじゃ負けもするわなあ。
そのくせ負けたら負けたで
わたしはイクサを防ぐことが出来なかった!

って
あのな!
誰も好きこのんでイクサしてないのじゃ!
防ぐことが出来なかったって、戦うのイヤだったのかぃ!
それならそれでイクサ止める努力したかぃ?

しかもだ、お近さんが慰めてるのに
イクサに負けたのだ!
負けは負けなのだ!!


逆ギレかぃ!

そのうえ
薩摩を守ることが出来ませんでした
あのお方に約束したのにぃ!!

って
お近さんの前で泣き叫ぶのおかしくね?
女房の前で他の女との約束バラしてどーすんねん!!
これではお近さんの立つ瀬がないでしょが!
尚チャン

女々し過ぎぃ!!

本当の小松帯刀ってこんなのだったの?
こんな軟弱で女々しい小松帯刀見たら子孫が憤慨してない?
でも実際の薩英戦争での戦死者は
えげれす死傷者63人
薩摩死亡者3人
らしいけど・・・・。

それにえげれす軍艦は食糧弾薬が底をついて撤退したのだったら、なんで補給路を断ち切る作戦に出なかったの?これは常識でしょうイクサの。
この脚本家氏は尚五郎チャンを活躍させる気がまったくないのでは?
と疑ってしまいましたよ。

しかし江戸大奥ではこの経験を糧として
よい国作ろうとか希望を持ちましょうとか
いたって

ポジティブ!!

何かとてもハッピィーな終わり方してましたけど。
最後の最後で
ホームドラマでした。
んでもって、予告で側室って誰の?
家茂?
小松帯刀?