時代は激動の幕末なのにぃ
蛤御門の変もダイジェスト版だしぃ、
ワタシの敬愛する
久坂玄瑞はチラッとだけの登場

で自刃シーンもなし!、
高杉晋作は出てたかどうかも不明、新撰組は完全スルーなどなど幕末の最もオイシイところ
全部すっ飛ばしてぇ!!

和宮さま
妊娠捏造詐欺!


側室などは女の敵!
篤姫激怒!


アノ清廉潔白な尚五郎さまこと
小松帯刀愛人発覚!!


おーおー、どれもこれもまったくのホームドラマには必須のテーマだこと。
スイーツファンにはたまらないストーリですなぁ。
しかも、天璋院は
イクサはもういやですね!
等とお決まりの反戦合い言葉

って、いままで徳川は太平の世の中やったんやないかぁ〜!(髭男爵風に)
まあ薩英戦争はあったけど、どこか遠い国の話くらいの実感しかないでしょうしぃ。それに方法は乱暴だけど、世のため人のために戦ってることもチョットだけ思い出してね。まあ平和な大奥でイクサいやーねときれい事云ってるホームドラマとしてはいいのだろうけど
幕末ドラマとしては

これでいいのか!!


と言う複雑な想いがしておりますワタクシ。
それにしても篤姫恐ろしや!
覚えてますか?これまで篤姫と不仲だった人が、和解した途端死亡フラグが立つという怪奇現象を!今回も公方様の側室問題で意気投合し、和解した観行院に突然の死亡フラグが!

これってもしかして呪詛!?
それとも篤姫イキガミ?
あ、それは松田翔太か。
ってゆーか、登場人物全て主人公篤姫を好きにならねば!!
と言う脚本家氏の意図なんでしょうか。

脚本家氏の意図と言えば
尚チャンこと小松帯刀の愛人問題!
困ったでしょうね。事実をどんな切り口で見せるかは脚本家氏の腕次第!


無理矢理結婚させられたお近さんを好きではない
金にもの言わせて愛人囲う!
実は元々女性にユルい!

といろんな切り口がある中で
芸者琴花が積極的にアプローチした!!
なるほどなぁー
もともと尚チャンは優柔不断だしぃ、
頼まれたら断れない性格だしぃ

琴花が猛烈にアタックしたら、ついうっかりその気になって・・・。
まあ尚チャンだったら仕方ないねぇ・・・
と視聴者も納得する
って

納得するかぃ!!

少なくともワタクシは許さん!
何で尚チャン一人そんなに持てるんだ!この時代のシトがうらやましい・・・!
とそんな不謹慎なことは決して考えません!

でもこの芸者は京の情報収集係でもあったらしい。
それに墓は尚チャンの隣に立てた云うしぃ
芸者の子供が小松家を継いだというしぃ
まあ、尚チャンから愛されたいたのでしょうねきっと、少なくともお近さんよりは。

と言うことはともかく
本日のメインは坂本竜馬と小松帯刀の出会いでしょう。
しかし薩摩藩の家老の家と面会するのに、ご家老様直々のお出迎え!はないと思うけど。
でも龍馬素足にブーツって

石田純一かぃ!!

亭主が白いシャツ着たら石田純一みたい!って奥さんが云うと、ブサイク亭主素足で靴履いたら石田純一になっていて、奥さん思わず
じゅんいちぃぃぃ!!
と叫ぶCM思い出したワタクシはテレビの見すぎでしょうか・・・。

というのは関係なく
龍馬帯刀の面談もあっけなく終わってしまった。
せっかくの

のだめコンビ再会!

だったのにぃ。
その原因は突如現れた芸者琴花!
家老屋敷で面談中の所に通すかフツーは!
琴花は徹底的におじゃま虫キャラで通すようです脚本家氏は。

来週は「薩長同盟」、その次くらいにイキガミ配達人徳川家茂も死に、龍馬も死ぬ。
時代は激動に次ぐ激動だけど、ホームドラマティストを如何に貫くか
脚本家氏も苦しいところでしょうねぇ。