ターミネータ
ターミネーター4 T-600 ターミネーター 声変換スカル


ターミネータ4、土曜の夜に観てきました。夜遅かったのにかなり混んでました。
混むのも分かる!確かに面白かったです。
上映中は引き込まれてたので、ジョンコナーとマーカスライトどっちが主人公かと言うことも気にならなかったほど。
まあ二人主人公と言うことでOK?

それくらいあっという間の2時間でした。
完全版から約50分ほどカットしてるので、よけいにテンポ良く感じたのかも。アクションも含めて面白かっただけに、
割愛された50分にどんなエピソードが隠されてるのか

それが気になって仕方ない・・・。
そしてついにあの

審判の日以降の世界

が始まった。
♪ダダン、ダン、ダダン!
ゾクゾクするようなこのリズムが懐かしい。

この音楽は寒々とした未来の世界によく似合うのだ。
もう審判以前のお話は見飽きたしぃ。
特にT3はガッカリだったしぃ。

原因はアレです。
ジョンコナーの中の人、顔があまりにもヘタレで似合ってなかった。
初めの話題ではT3はなかったことになってると聞いたが、しっかり続編のようだったしぃ。
妊娠7ヶ月嫁のケイトも医者として心臓移植する・・・って?!


よろしかったら応援などを

おいおい、ケイトは獣医師じゃなかったのか?
いつから人間診るようになったんだ?
核戦争後だから医者も足りない、ってか?
と言うことで納得しておきましょう。

舞台は2018年、核戦争後の世界はスカイネットが支配してる。T1やT2で見た未来は2029年なので、荒廃しきった人類抵抗軍の武器や服装もお寒いものだったが、まだこの時期は戦闘機や潜水艦、ホークヘリなど武器も豊富なようです。

だけどスカイネット軍団はもっとスゴイ。
荒野の荒くれ男を思わせる初期のT-600にT-700、それにお馴染みのT-800も。
人間を収穫する巨大ロボットハーヴェスター。その両脚から発進されるのがモトターミネータ!。バイク型ターミネータなんだが、車体をムチャ傾けて走行する姿は
めっちゃ

カッコイイ!!

それにトランスポートや水中で人間を襲うハンターキラーにハイドロボットなどなど。
ネーミングも良いけど、創造性にあふれたロボットです。
こう見るとスカイネットってものすごく想像力ある武器を作ってくるねぇ。

こりゃ人間負けるはずだわなぁ。
とつくづく納得してしまうのでした。

ところでスカイネットがミサイル攻撃を開始する「審判の日」って一体何時なんだ?
T1・T2では1997年で、T3では2004年、今回のT4では21世紀初めになっているらしい。
と言うことは母親のサラやシュワちゃんのおかげで時期がずれてきたってことか。

だよなぁ、サラはよく頑張ったもんなあ。
やっぱり母ちゃん偉い!

そしてシュワちゃんも!
今回もシュワちゃん登場したときは盛り上がったなあ、CGでしかも若かったけど。

I"ll be back!

とは言わなかったけど、
そのかわりジョンが言ってくれたしぃ。
でも気になったのはジョンがT-800のシュワちゃんと遭遇したとき、懐かしくなかったのだろうか。あれだけお世話になったんだから何とか言えよとも思ったけど・・・。

それと
マーカスライトはジョンに心臓プレゼントしてどーなったの?
ね、どーなったの?
やっぱり死んでしまったの?
何かもったいないキャラだなあ。
次作は人類軍ターミネータとして活躍してくれないかな。

なにしろ、今回のT4は三部作の第一作になるらしい。
ジョンの子供も生まれそうだしぃ、若き日のカイルリースともめぐり会ったしぃ。
自分より年下のトーチャン見てどう思ったか言ってほしかったしぃ。
それに、謎の少女スターは今後どう絡んでくるのかも楽しみです。
シュワちゃんも出てほしいけど。

だけど、これまで多くの三部作を見たけど、大概二作目は完結編の予告編ぽくなってる事が多い。これだけは何とかしてほしいと期待しておりますので。