とらうま1
あまいぞ!男吾 (トラウママンガブックス )


 
警視庁継続捜査班って言うしぃ
プロファイリングの天才とか云うので
アメドラ「コールドケース」のパクリかと思ってたら
どちらかと云うと
「クリミナルマインド」に近かった。

ジョーカーもそうだったけど
近頃の刑事ドラマって

異様に残酷?

初めっから首つりシーンの連続って
ちょっとキツイわぁ。

それに
ゴンゾウもそうだったけど



最近の刑事モノ
主人公や登場人物に

トラウマ多すぎ!



よろしかったら応援などを

トラウマ持ってないと
主人公になれないの?
トラウマないと
一人前の刑事と云えないの?
それとも
トラウマは
最近の

お約束?

一話はどちらかと云うと
詰め込みすぎて
ストーリ自体よく分からなかったしぃ。

ってゆーか
プロファイリングがあいまいすぎて
何だかよく理解できないまま進行してました。
あえて云うと
分析してないしぃ。

だいたい
始めは
カメラ関係者とか云ってたのにぃ
いつの間にか
美容室関係者になってたしぃ。
なんで
女房と死別した美容師
で検索したら犯人に繋がったのか
わからないと云うよりも
これは

詐欺に近い?

まあでも
ニコニコ動画ならぬ
ギラギラ動画がすごいんです。
何しろ
ペンダントに映った人間の顔まで
解析できるんだから。
すごい解像度なんです。

しかも
被害者放っておいて
木村を先に助ける刑事ってのもなあ。
それに
この筒井道隆刑事
拳銃撃てないというのも
ゴンゾウのパクリ?
と言うよりも
こんなヘタレ
現場に連れてくるなよ!
みんな

大迷惑!


なんだか
ハラハラもドキドキもしない
中途半端なまま第一話終了。
ただ
継続捜査班の部屋が
以前あったBOSSの部屋に似てたけど
同じじゃないよね。