桑田佳祐 - 銀河の星屑




何かまとまりのない
終わり方だなあ。
だいたい別々の
二つの話を
やっつけ仕事の如く


2話分ムリヤリ
1話にまとめたような違和感

アリでした。


それに
親の愛を感じられないしぃ
教授にも無視されっぱなしの
千尋君の




狂言誘拐?




よろしかったら応援などを



しかしまあ
単純な脚本だこと。
教授への当てつけで
千尋君の
自作自演


と想像したけど
まさかそんな簡単な
ストーリはないわと
思ったのが間違い。


だけど千尋君の
ストーカ的行動見てたら
あれじゃ
どこに行っても



仲間はずれ



されると思うしぃ。
だけど
狂言誘拐も
立派な犯罪じゃないの?

千尋君
なんで



逮捕されない?



罪に問われるでしょ
フツーは。
それに
心理学やっぱり
あまり関係なかったしぃ。


無いと思ったところにあるからビックリする
とか
ミエミエの伏線貼りすぎるしぃ

不意を突かれると身体の機能が停止する
と言う心理学も
役に立ってないしぃ

むしろ
犯人特定したのは



ピアス?


結局防犯カメラに映った
高解像度のピアスが
心理学より役だった
と言うおそ松くん?
どちらかと云うと



大切なことはすべて

ピアスが教えてくれた?




防犯カメラって
あんなに解像度良くないしぃ。

それに
同じピアス付けてる犯人
あそこまで都合良く
偶然刑事の目の前に
現れたら逆に



萎えるw



まあ
蓮のお池があ〜ってさ♪
がじっくり聴けたからいいかぁ。